多摩動物公園とオラウータン!!スカイウォークとオラウータンについて!

多摩動物公園の名物イベントと言えば??

1日に一度行われるオラウータンのスカイウォークですよね!!

そんな多摩動物公園オラウータンについて紹介していきたいと思います。

 

 

オラウータンの展示場所は?

オラウータンの展示場所は入口から入って直進で、坂をひたすら登った上にあります!

多摩動物公園は坂が多く、オラウータンの展示場所に行くのはとても疲れます…

園内にはシャトルバスも運行しており、オラウータンの展示場所の目の前までバスで移動することもできます!

f:id:itsuwalove777:20191006103236j:plain

上の地図で

赤枠枠:オラウータンの展示場

黄色枠:スカイウォークで使用する場所

となっています。

基本的に右側の赤枠部分の展示場にいますが、スカイウォークの線を渡って左端の赤枠部分にあるオラウータンの森まで行くことができるようになっています。

オラウータンのスカイウォーク!

多摩動物公園の名物イベントであるオラウータンによるスカイウォークは、毎日11:30に行われています。(気温が低下する冬の間や天候によって中止される場合もあります。)

オラウータンが、地上から約15m上の塔から塔を繋ぐ線の上を渡っていくイベントで、多摩動物公園のイベントで最も多くの人が集まります。

f:id:itsuwalove777:20191006024315j:plain

時間になるとオラウータンが塔の上に上り始めます。

ここで登ったり降りたりと時間を使うこともありますが、生き物なので気長に待ちましょう!

親と子供が出てきましたが、今日は親が先に渡り始めました!

f:id:itsuwalove777:20191006024245j:plain

手と足を使って線をがっちりと掴んで安定感のある綱渡り?を見せてくれます!

一方で子どもはというと…

f:id:itsuwalove777:20191006024251j:plain

こんな感じでアクロバティックな動きをしながら線を渡っていきます…

見てる方がヒヤヒヤしてしましますが…

f:id:itsuwalove777:20191006024353j:plain

怖い怖い!!!!

見てる方が怖かったですが、なんとか塔から塔まで渡ることができました!

このまま森の方まで線を渡っていく日もあるようです!

高所恐怖症の私は見てられなかったので撤退!

真下よりも、少し離れている方が写真を撮りやすいので、早めに現地に着いて場所を確保しておきましょう!

多摩動物公園オラウータンについて!

2019年10月現在、多摩動物公園では9匹のオラウータンが飼育・展示されています。

日本国内の動物園でオラウータンを飼育している動物園は17カ所ありますが、その中で5匹以上のオラウータンを飼育しているのは多摩動物公園のみです。

多摩動物公園では繁殖の実績も豊富で日本で一番オラウータンの飼育に力を入れている動物園と言っても良いでしょう!

オラウータンは現在3種類に分かれており、多摩動物公園で展示されているのは数が最も多いボルネオオラウータンとなります。

他の種類に比べると地上で生活する割合いが高いなど、見た目以外にも種類によって違いがあるようです。(スマトラオラウータンスマトラトラなどの肉食獣から身を守るため樹上で生活する必要があるようです。)

f:id:itsuwalove777:20191006024207j:plain

 

顔の頬の部分にコブのようなものがあるのが、オスになります!

このコブはフランジと呼ばれており、群れの中でも立場の強いオスにのみ見られるようです!

立場の弱いオスは体格もメスと同様で小柄でフランジは見られないようです。

この両頬のフランジは強いオスである証拠みたいです!!

 

多摩動物公園ほどの規模でオラウータンを飼育している動物園は国内では見られないので、多摩動物公園を訪れた際には是非見ておきたいポイントになります。

また、スカイウォークを見る場合は午前中に行われるので、早めに来園しておく必要があるので注意してください!(入園してから坂道を結構歩きます。シャトルバスを利用するのも良いです!)

 

ここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。