水族館魚図鑑-フエヤッコダイ(Forcipiger flavissimus)

今回紹介するチョウチョウウオは観賞魚としても人気の高いフエヤッコダイです。

黄色の身体と長く伸びた口が特徴的な魚です!

 

 

フエヤッコダイについて!

フエヤッコダイは20cmくらいになる中型のチョウチョウウオの仲間です!

チョウチョウウオ科フエヤッコダイ属の魚で、尖った口が特徴的な綺麗な魚です!

f:id:itsuwalove777:20200119051411j:plain

黄色の体色を持つ種類が多いチョウチョウウオの中でも、綺麗な黄色をしている種類です!

体が黄色で、顔の部分はグレーになっています。このコントラストが黄色をより綺麗に見せていますよね!

顔も良く見ると可愛くて良いですよね!

 

和名 フエヤッコダイ
学名 Forcipiger flavissimus
英名 Forceps fish , Yellow longnose butterflyfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
フエヤッコダイ属(Forcipiger)
分布

インド洋~太平洋の広い範囲。

チョウチョウウオの仲間の中でも分布が広い。

生息環境 サンゴ礁

英名の「Yellow longnose butterflyfish」は黄色の鼻が長いバタフライフィッシュと分かりやすいです!

和名の方は長い吻が由来になっています!

ユニークな形と綺麗な黄色で観賞魚としても人気の高い種類です!

分布域は広いですが、日本に観賞魚として輸入されるのは東南アジア産が多いようです。(コストが安いためだそうです) 

フエヤッコダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

フエヤッコダイを展示しているJAZA加入の施設は24ヵ所と飼育施設の多いチョウチョウウオです!

登別ニクス 福島海洋科学館 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 しながわ水族館 アクアパーク品川
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 寺泊水族博物館
東海大海洋博物館 碧南水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
大阪海遊館 城崎マリンワールド しまね海洋館
足摺海洋館 宮島水族館 海の中身水族館
かごしま水族館 美ら海水族館  

やっぱり見た目がユニークで綺麗な魚で入手が容易となれば多くの水族館で展示されていますよね!

フエヤッコダイとサンシャイン水族館

フエヤッコダイはサンシャイン水族館のサンシャインラグーン水槽、チョウチョウウオの舞エリアで展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200119051425j:plain

15種類以上のチョウチョウウオを展示している水槽内でも、フエヤッコダイの独特なシルエットと綺麗な黄色は目立っています!

他のチョウチョウウオよりも黄色が強いので、写真も撮りやすいです!

www.gogo-zoo-aquarium.com

フエヤッコダイ以外にも多くのチョウチョウウオが展示されているので、興味がある方は是非読んでみてください!]

 

多くの水族館で見る事ができる種類なので、水族館を訪れた際には是非観察してみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-セグロチョウチョウウオ(Chaetodon ephippium) 背中の模様以外も綺麗なチョウチョウウオ!

今回紹介する魚はセグロチョウチョウウオというチョウチョウウオの仲間です!

名前の通り、背中の黒い模様が特徴的なチョウチョウウオです!

 

 

セグロチョウチョウウオについて!

セグロチョウチョウウオは25cmまで成長する大型のチョウチョウウオの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200119050540j:plain

名前の通り、背中の部分が真っ黒になっているのが特徴になります!

似ている見た目の種類がいないので見分けやすいチョウチョウウオです!

この写真では見ずらいですが、黒色の尾鰭側と尾鰭の付け根が明るいオレンジ色になっているのがとても綺麗です!

近くで見ると色々な色が入っていることにびっくりさせられる種類です!

 

f:id:itsuwalove777:20200119050705j:plain

色んなチョウチョウウオが写っていますが目立つので簡単に見つけることができます!

やっぱりとても綺麗ですね!!

個人的にはとても好きなチョウチョウウオの1種です!

 

和名 セグロチョウチョウウオ
学名 Chaetodon ephippium
英名 Saddle butterflyfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
チョウチョウウオ属(Chaetodon)
分布

東インド洋~太平洋。

千葉県以南、小笠原諸島等

生息環境 サンゴ礁

英名のsaddleは「サドル、鞍部」という意味になります。

つまり、背中の黒い部分を馬につける鞍みたいなことが英名の由来になっているようです!

日本でも暖かい地域で見る事ができる種類で、観賞魚としても流通しています!

セグロチョウチョウウオを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

セグロチョウチョウウオを展示しているJAZA加入施設は14ヶ所と多くの水族館で展示されているようです!

なかがわ水遊園 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
新潟市水族館 東海大海洋博物館 名古屋港水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 宮島水族館
海の中道水族館 美ら海水族館  

JAZAのHPでは記載されていませんでしたが、サンシャイン水族館でも展示されていました!

セグロチョウチョウウオとサンシャイン水族館!

セグロチョウチョウウオはサンシャイン水族館のサンシャインラグーン水槽 チョウチョウウオの舞エリアで展示されています!

f:id:itsuwalove777:20200119050633j:plain

はっきりした模様で他のチョウチョウウオと居ても目立つ種類です!

セグロチョウチョウウオの右下の方にいるアケボノチョウチョウウオと色の配置は少し似ていますね!

ここでは15種類以上のチョウチョウウオを見ることができ、多くの種類のチョウチョウウオが泳ぎ回る姿を観察することができます!

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

名前の由来になっている背中の黒い部分に注目しがちですが、それ以外にも細かな模様が多くとても綺麗なチョウチョウウオです!

展示している水族館も多いので、観察する機会があれば細部まで見てみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

サンシャイン水族館のマングローブの森エリアについて! オニボラ・ルリスズメダイなど可愛い魚も!

今回紹介するサンシャイン水族館の水槽はマングローブの森水槽です!

マングローブとは、熱帯の汽水域の湿地帯で森林を形成している植物達のことを指しています。

このマングローブの木が魚や生き物の住処になっています!

そんなマングローブを再現した水槽を紹介していきます!

 

 

サンシャイン水族館のマングローブの森について!

サンシャイン水族館のマングローブの森はその名の通り、マングローブの森の水中を再現した水槽になります!

南国感あふれる魚達を見る事ができるオススメの水槽です!

f:id:itsuwalove777:20200122013308j:plain

サンシャイン水族館のマングローブの森は上の赤枠で囲んだ部分になります!

サンシャイン水族館の2Fに位置しており、館内の展示物としては後半戦となってくる所に展示されています!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182851j:plain

マングローブと言えば沖縄等を想像される方も多いと思いますが、温暖な地域ではオセアニアからアフリカ、南アメリカ等でも見る事ができます!

マングローブに住む綺麗な魚達は見ているだけで癒されます!

 

f:id:itsuwalove777:20200119183046j:plain

マングローブを再現した入り組んだ障害物が多い水槽の中を障害物を避けながら泳ぐ魚達の姿や、障害物に隠れながら漂う姿はとても可愛いです!!

展示物の掲示に書いていない小さな魚を展示されているので、木の裏などを観察してみてください!

サンシャイン水族館のマングローブの森オススメの種類!

サンシャイン水族館のマングローブの森に展示されている多くの魚達から個人的なオススメの種類を紹介していきます!

・テッポウウオ(アーチャーフィッシュ)

1番初めに紹介する魚は水槽内では一番知名度が高いであろうテッポウウオです!

f:id:itsuwalove777:20200119182836j:plain

アーチャーフィッシュと呼ばれることもある、水面近くの葉っぱに付いている虫を水鉄砲を撃ちだして落として食べる事で有名です!(実際にエサを食べるシーンを実演している水族館等も多くあります!)

都内では「しながわ水族館」、「足立区生物園」等でエサやりのシーンを観察することができるようです。

開催時間や開催日は各公式HPを参照してください!

・ヒメツバメウオ・ナンヨウツバメウオ

続いて紹介するのは、水槽内に展示されているツバメウオの仲間2種類です!

f:id:itsuwalove777:20200119182904j:plain
f:id:itsuwalove777:20200119182922j:plain

左側がヒメツバメウオ、右側がナンヨウツバメウオです!

ナンヨウツバメウオは成長と共に形や色が大きく変わる魚として知られており、幼魚の頃はブーメランのような形をしていますが、大きくなるにつれて丸っこい普通の魚の形に変化していきます。

最大50cmにもなるので、右側の個体はまたまだ成長途中のサイズです!

・オニボラ

f:id:itsuwalove777:20200119182936j:plain

名前は鬼というイカツイ名前が付けられていますが、白い魚体に黒色の胸鰭がとても可愛い魚です!

ボラの仲間なので基本的には水面を泳いでいるので簡単に見つけることができると思います!

ちなみに、オニボラの名前の由来は上の画像のように2本の黒い胸鰭が立っている時に鬼の角のように見える事からつけられているようです!

・リボンスズメダイ

最後に紹介する魚はリボンスズメダイという小型の魚です!

f:id:itsuwalove777:20200119183039j:plain

最大でも10cmに満たない小型のスズメダイの仲間ですが、上の写真のように二股に分かれた尾鰭がカッコイイ魚です!

ちょっとだけ入っている黄色が良いですよね!

そして、良く見ると怖い顔つきをしているのがまた渋くて良いです!

小さくて見つけるのが大変かもしれませんが、是非探してみてください!

 

今回はサンシャイン水族館のマングローブの森水槽に展示されている魚達を紹介していきました!

展示されている魚はもちろんですが、マングローブ水槽独特の水槽レイアウトにも注目してみてると面白いと思います!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

サンシャイン水族館のアクアプランツ・大河アマゾン川エリアについて! まったり楽しめるオススメのエリア!

今回紹介するのは、サンシャイン水族館のアクアプランツ・大河アマゾン川エリアについて紹介していきます!

アクアプランツエリアは小型熱帯魚が中心で、大河アマゾン川エリアはアマゾン川に生息している大型の淡水魚を中心に展示されています。

 

 

サンシャイン水族館のアクアプランツ・大河アマゾン川エリアについて

アクアプランツ・大河アマゾン川エリアは2階の階段を上った場所に展示されているエリアになります。

f:id:itsuwalove777:20200119204047j:plain

上の画像の赤枠で囲んだ部分に展示されているエリアになります。

アクアプランツエリアは水槽が2つ、大河アマゾン川エリアは水槽が1つ展示されています。

 

このエリアに展示されている水槽を簡単に紹介していきます!

f:id:itsuwalove777:20200119181624j:plain

アクアプランツエリアに1つ目の水槽は植物が多く植えてある水槽になります!

 

f:id:itsuwalove777:20200119181717j:plain
f:id:itsuwalove777:20200119180724j:plain

アクアプランツという名前通り、水中も陸上にも多くの植物が植えてあります!

中に展示されているのはネオンテトラなど小型の熱帯魚が中心です! 

ワイドな水槽で様々な水草が植えられており、同じ水槽とは思えないくらい雰囲気が変わるので長時間見ていられる良い水槽です!

 

f:id:itsuwalove777:20200119180818j:plain

アクアプランツの隣には水草がほとんど植えていない殺風景な水槽が展示されています!

エンゼルフィッシュやペンギンテトラが展示されています!

 

f:id:itsuwalove777:20200119181004j:plain

こんなヒゲが立派なナマズの仲間の展示されていました!

恐らく、スポッテッドピメロディアで合っていると思います!

この水槽では小型の個体が展示されていますが、30cmほどまで成長するようです!

 

f:id:itsuwalove777:20200119181858j:plain

これまでの2つの水槽が小型の熱帯魚を展示している水槽でしたが、この大河アマゾン川水槽はアマゾン川が名前に入っているだけあってスケールの大きな水槽になります!

意外とカラフルな魚や変わった魚が展示されているので見ていて飽きない水槽になります!

奥の木の裏にシルバーアロワナが居たりして面白いですよね!

 

大河アマゾン川エリアで展示されているおすすめ種類!

大河アマゾン川水槽には大きな魚が多く展示されています!

私が訪れたときには見つけられませんでしたが、水面の上の木の上にはグリーンイグアナが展示されていたりするので水中以外にも視点を向けてみてください!

・サウスアメリカンフレッシュウォータースティングレイ

ヒラヒラと泳ぐこの種類は水槽内のアイドルのような存在です!

f:id:itsuwalove777:20200119181432j:plain

潰れたあんぱんみたいな丸い形をしているのが、可愛いです!

アマゾン川に住んでいるので分かる通り、淡水に生息するエイは海で生活しているエイに比べて丸い形をしたエイが多いです!

とても可愛いエイなので是非見つけて観察してみてください!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182032j:plain

物陰に隠れていたりします!

時間を置いて再度来るとガラス面の前まで移動してくれるかもしれません!

地面の方にいることがほとんどなので見つけたい際は地面の方を重点的に探してみてください!

 

・スポッテッドピニランプス

f:id:itsuwalove777:20200119181213j:plain

たぶん、スポッテッドピニランプスという種類の中型のナマズになります!

大きな個体の画像があまりないので、比較しにくかったですが恐らくあっています!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182048j:plain

正面から見るとおとぼけ顔をしています…!

立派なオヒゲも可愛いです!

 

・ヒラリーカエルガメ

f:id:itsuwalove777:20200119181347j:plain

この首が長いカメはヒラリーカエルガメという種類のカメになります。

甲羅の大きさが最大40cmにもなるカエルガメの仲間で最も大きくなる種類です。

顔だけ見てみてるとカエルに見えてくる不思議なカメでした!

カエルガメの仲間は日本にペットとして輸入されることもあるようですが、現地の生息数が減っているため数は多くないようです。

また、この水槽ではマタマタというゴツゴツしたカメも展示されているので探してみてください!

・カラープロキロダス

カラープロキロダスは尻尾の赤と黒の縞々模様をした魚です!

最大で40cm近くなる大型のカラシン(コイの仲間)です!

f:id:itsuwalove777:20200119181752j:plain
f:id:itsuwalove777:20200119181811j:plain

私が見に行った時に水面をパクパクしていたので、横からと上から撮影してみました!

個人的にこの尻尾の縞模様が気に入ったので紹介してみてました!

 

f:id:itsuwalove777:20200119181547j:plain
f:id:itsuwalove777:20200119181511j:plain

左はピラニアのような見た目ですが、レッドフックメチニスという草食の魚で、囚人のような縞模様の魚がレポリヌスファシアータスという長い名前の魚、右側がドラドです!

紹介していない魚も展示されているワイドで見ごたえのある水槽なので、長時間楽しむことができるオススメの水槽です!

下の階のサンシャインラグーン水槽と比べると華やかさでは負けているかもしれませんが、ゆったりと楽しむことができる水槽なのでサンシャイン水族館を訪れた際は是非ゆっくり観察してみてください! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ミゾレチョウチョウウオ(Chaetodon kleinii Bloch)

今回紹介するチョウチョウウオはチョウチョウウオにしては地味な見た目をしたミゾレチョウチョウウオです!

他のチョウチョウウオのような派手な体色ではありませんが、良く見るとカフェラテみたいな色で可愛いです!

 

 

ミゾレチョウチョウウオについて!

18cmくらいに成長する中型のチョウチョウウオです!

f:id:itsuwalove777:20200119051631j:plain

薄いオレンジ色に白の2本の縞模様と目元と胸鰭は黒色になっています!

見た目は地味ですが、じっくり見ると可愛いチョウチョウウオです!!

 

和名 ミゾレチョウチョウウオ
学名 Chaetodon kleinii Bloch
英名 Sunburst butterflyfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
チョウチョウウオ属(Chaetodon)
分布

インド洋~中部太平洋

生息環境 サンゴ礁

英名のsunburstは強い日差しという意味ですが、あまり日差しには見えませんでした… 色が薄いので目に優しい見た目をしています!

和名の由来は霙…? 良く分かりませんでした…

ミゾレチョウチョウウオを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ミゾレチョウチョウウオを展示しているJAZA加入の施設は17箇所になります!

意外と多くの施設で展示されている種類になります!

サンピアザ水族館 登別ニクス 福島海洋科学館
鴨川シーワールド サンシャイン水族館 新潟市水族館
東海大海洋博物館 碧南水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
大阪海遊館 玉野海洋博物館 足摺海洋館
かごしま水族館 美ら海水族館  

北から南まで各地の水族館で展示している水族館があるので見に行きやすいですね!

 

ミゾレチョウチョウウオとサンシャイン水族館

ミゾレチョウチョウウオはサンシャイン水族館のサンシャインラグーン水槽、チョウチョウウオの舞で展示されています!

 

あまり表に顔を出すことがなく見かける頻度は少なめでした。

f:id:itsuwalove777:20200119051646j:plain

ダイバーさんが掃除中でも魚は気にせず泳ぎ回っています!

上の写真の中だけだけでも、シチセンチョウチョウウオ、チョウハン、スダレチョウチョウウオ、トノサマダイ、ミゾレチョウチョウウオなど多くのチョウチョウウオが映っています!

www.gogo-zoo-aquarium.com

様々な種類のチョウチョウウオが展示されている水槽なので、チョウチョウウオが好きな方は是非訪れてみてください!!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ムレハタタテダイ(Heniochus diphreutes) 群れているハタタテダイ!?

今回紹介する魚はハタタテダイに酷似しているムレハタタテダイという魚です!

そのままの意味で群れているハタタテダイという意味ですが、ハタタテダイも群れることがありますし、ムレハタタテダイが必ず群れでいるとは限りません…!

 

 

ムレハタタテダイについて!

ムレハタタテダイは最大25cmほどになるチョウチョウウオとしては大型の種類です。

f:id:itsuwalove777:20200119051701j:plain

一時期はハタタテダイと同種の扱いをされていたほど見た目が似ており、見分けるのも大変です。

見分け方は下の記事で紹介しているので、興味があればご覧ください!

www.gogo-zoo-aquarium.com

特にハタタテダイと似ているので、群れているハタタテダイという事でムレハタタテダイと名付けられています! 

展示されている水族館はハタタテダイと比べると少ないですが観察する機会があればハタタテダイと比較してみてください!

 

和名 ムレハタタテダイ
学名 Heniochus diphreutes
英名 False moorish idol, Schooling bannerfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
ハタタテダイ属(Heniochus)
分布

インド洋~中部太平洋

生息環境 サンゴ礁

ムレハタタテダイはインド洋から中部太平洋まで広く分布しているチョウチョウウオです。

自然界では、名前の通り群れを作って行動することが多いようです!

この魚は英名が面白く、「False moorish Idol」となっており、「moorish Idol」とはツノダシ科という意味で、ツノダシの偽物という意味になります!

f:id:itsuwalove777:20200118122335j:plain

上の写真がツノダシです!

尻尾が黒いのですぐに分かりますね!

ムレハタタテダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ムレハタタテダイを展示しているJAZA加入の施設は11ヵ所になります。

アクアパーク品川 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
東海大海洋博物館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 姫路水族館
しまね海洋館 海の中道水族館  

この中にはありませんが、サンシャイン水族館でも展示されているのを確認しました!

ムレハタタテダイとサンシャイン水族館

ムレハタタテダイはサンシャイン水族館の沖縄の海~白保~エリアに展示されています!

f:id:itsuwalove777:20200119051734j:plain

ハタタテダイと比べると口元が丸っこいです!

大きな個体が2匹展示されているので、ガラス面の近くにいると観察のチャンスです!

ただ、奥の岩場に隠れていることもあるので、タイミングを見計らって観察しましょう!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

サンシャイン水族館 東南アジアの水辺・タンガニーカ湖・アフリカの川! アジアアロワナは必見!

今回紹介するのは、サンシャイン水族館の東南アジアの水辺、タンガニーカ湖、アフリカの川の3つの水槽です!

アフリカに生息している魚はユニークな魚が多いので是非観察してみてください!

 

 

今回紹介するエリアの場所について!

今回紹介するのは、下の画像の赤枠で囲んだ部分に展示されている水槽達になります。

f:id:itsuwalove777:20200119213354j:plain

サンシャイン水族館の2階の大河アマゾン川水槽よりも先に展示されている水槽達で、ユニークな魚が多く展示されています!

 

サンシャイン水族館の東南アジアの水辺について

サンシャイン水族館の東南アジアの水辺水槽では数種類の魚が展示されていますが、一番目立つのは大きなアジアアロワナです!

f:id:itsuwalove777:20200119182147j:plain

言わずと知れた大型の古代魚で、観賞魚としても人気が高い魚です!

間近で見ると迫力にびっくりすると思うので、是非見て頂きたいです!!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182251j:plain

爬虫類のような、硬そうな鱗がカッコイイですよね!

口の形から分かるように、基本的に水面に浮いている虫等を食べるようです!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182104j:plain

上の画像の魚はシルバーシャークという魚ですが、もちろんサメの仲間ではありません。

見た目がサメことが由来になっているのですが、個人的には全くサメのシルエットに見えません…

シルエットだけ見るとサメに見えるという意見が多いですが、モツゴと同じ形にしか見えず… 想像力が足りないのかもしれません…

同じ水槽に展示されているので、是非実物を確認してみてください!

サンシャイン水族館のタンガニーカ湖について

アクアリストにとっては、タンガニーカ湖=シクリッド と連想されるくらいシクリッドの有名産地になります。

f:id:itsuwalove777:20200119182647j:plain

水槽全体はこのようになっています。

 

岩場の簡素なレイアウトの水槽の中に魚が展示されています!

ただ、タンガニーカ湖のシクリッドを展示する水槽としては色合いが地味な感じが否めないです…

 

f:id:itsuwalove777:20200119182828j:plain

ネオランプロローグス・ブリチャージというシクリッドです!

白色で美しい種類なので、是非観察してみてください!

サンシャイン水族館のアフリカの川について

最後に紹介する水槽はアフリカの川水槽です!

今回紹介する水槽達の中で最も大きい水槽で、多くの種類の魚が展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200119182750j:plain

上からエサが振ってきている場面を撮影したものです。

展示されている魚の多くが、コンゴテトラという魚になります!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182328j:plain

上の写真がコンゴテトラです。

ヒレがヒラヒラしている方がオスで、地味な方がメスになります!

 

その他にもアフリカに生息する変わった魚達を紹介していきます!

f:id:itsuwalove777:20200119182501j:plain
f:id:itsuwalove777:20200119182446j:plain

 左側がエレファントノーズで、右側がバタフライフィッシュという魚です。

エレファントノーズは見た目そのままで、ゾウのような鼻が特徴な魚です!

バタフライフィッシュは15cmほどの小さな魚ですが、先ほど紹介したアロワナに近い仲間で昔から姿を変えていない魚として有名です!

 

f:id:itsuwalove777:20200119182308j:plain

こちらは1階に展示されているコブダイのミニチュアのような魚で、ライオンヘッドシクリッドという魚になります。

水槽内に何匹か見る事が出来たので、底付近を捜してみてください! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-シマハタタテダイ(Heniochus singularius) ハタタテダイ属の中でも展示施設が少ない種類!

シマハタタテダイはハタタテダイによく似た種類で、ぱっと見ても違いに気が付かないことが多いです!

見分け方さえ知っていれば簡単に見分けられるので一緒に紹介していきます!

 

 

シマハタタテダイについて!

シマハタタテダイは20cmにもなる中型のチョウチョウウオの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200114230642j:plain

見た目はハタタテダイにそっくりですが、見分け方は簡単です!!

目元に入っている黒のラインが下まで描かれているのがシマハタタテダイで、目の位置で止まっているのがハタタテダイです!

 

f:id:itsuwalove777:20200118121911j:plain

上の画像がハタタテダイです、目元の部分で黒いラインが止まっているのが確認できると思います。

 

www.gogo-zoo-aquarium.com

ハタタテダイ属の見た目が似た魚を見分ける記事を書いているので興味があれば読んで見てください!

 

和名 シマハタタテダイ
学名 Heniochus singularius
英名 Singular bannerfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
ハタタテダイ属(Heniochus)
分布

西~中部太平洋。

生息環境 サンゴ礁

オニハタタテダイに似ている種類ですが、自然界ではオニハタタテダイよりも見られる機会が少なくレアな種類のようです。

子どもの頃は綺麗な白黒ですが、大きくなると黒色の部分がくすんだり白の部分が茶色っぽくなる個体が多いような気がします!

シマハタタテダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

シマハタタテダイを展示しているJAZA加入の施設は3ヶ所となっています。

登別ニクス 鴨川シーワールド サンシャイン水族館

どの水族館でもハタタテダイも展示しているので是非比較してみてください!

シマハタタテダイとサンシャイン水族館(2020年1月)

サンシャイン水族館では、サンシャインラグーン水槽というサンシャイン水族館の屋内水槽では最大の水槽で展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200114003727j:plain

大きな水槽で展示されているため、姿を見るのが大変ですし近くに来てくれることは滅多にありませんでした。

小さな個体なので、綺麗な白黒の縞模様で三角形のような形をしているので、同じ水槽内に展示されているハタタテダイとの見分け方も楽だと思います。

サンシャイン水族館のチョウチョウウオが見れるエリアが狭いため、混雑しない平日に行くことをオススメします!

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

ハタタテダイに似ていますが、ハタタテダイと比べると展示している水族館がかなり少ないレアな種類です!

自然界でもレアな事も理由の1つですが、大きくなると色がちょっと変わるのも敬遠される理由かもしれません…(綺麗な白黒ではなくなる個体が多いです)

多く見られる種類ではないので、展示されている水族館を訪れる際は是非見て頂きたいです!!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ハタタテダイ(Heniochus acuminatus) 最も多く水族館で見られるチョウチョウウオ…?

今回紹介するのはチョウチョウウオの仲間でも最も多くの水族館に展示されている?かもしれないハタタテダイです!

ツノダシとハタタテダイという似たような種類ですがハタタテダイの方が多くの水族館で見る事ができます。

ハタタテダイの方が飼いやすいので多く飼育されているのかもしれません!(になみにツノダシはニザダイの仲間です)

 

 

ハタタテダイについて!

ハタタテダイは背鰭の第4棘が長く伸びているのが一番の特徴です!!

大きさは25cmまで成長するチョウチョウウオとしては大型の種類になります。

f:id:itsuwalove777:20200109020821j:plain

水族館でよくみられる、サンゴ礁の魚!!という見た目をしています!

いかにも南の海に生息していそうですが、意外と北の方でも見られる種類です。

見た目が優雅でカッコいいですよね!

 

f:id:itsuwalove777:20200112213335j:plain

ハタタテダイはツノダシや同じハタタテダイ属の種類に見た目が似ている種類が多いです。

上の画像はツノダシです!ツノダシも多くの水族館で見る事ができる種類なので簡単に見分け方を説明していきます!

突き出た口の根本がオレンジ色になっているのがツノダシです!

先程の写真を見ていただくと分かる通り、ハタタテダイは黒色になっています。

他の見分け方として、尾鰭が黄色がハタタテダイで、黒色がツノダシです!

www.gogo-zoo-aquarium.com

上の記事でハタタテダイとツノダシや他のハタタテダイ属との見分け方をまとめているので、興味がある方は是非ご覧ください!

 

和名 ハタタテダイ
学名 Heniochus acuminatus
英名 Pennant coralfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
ハタタテダイ属(Chaetodon)
分布

インド洋~太平洋。

生息環境 サンゴ礁

国内でも普通に見られる種類で、観賞魚としても人気が高いですが、個人の水槽でトレードマークの背鰭のヒラヒラを維持するのは意外と大変みたいです…

英名はpannant=(長旗)、coral=(サンゴ)なので、直訳すると長い旗のサンゴの魚という意味になります!

見た目そのままの英名で分かりやすいですね!

和名のハタタテダイも見た目そのままなので、覚えやすい種類だと思います!

ハタタテダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

ハタタテダイは見た目が派手で目立ち、国内でも普通に見られる種類なためか多くの水族館で展示されています。

サンピアザ水族館 登別ニクス 男鹿水族館
福島海洋科学館 なかがわ水遊園 大洗水族館
大洗水族館 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
しながわ水族館 アクアパーク品川 すみだ水族館
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 上越水族博物館
寺泊水族博物館 東海大海洋博物館 越前松島水族館
南知多ビーチランド 碧南水族館 宮津水族館
鳥羽水族館 志摩マリンランド 串本海中公園
大阪海遊館 須磨水族園 城崎マリンワールド
しまね海洋館 玉野海洋博物館 桂浜水族館
足摺海洋館 おさかな館 宮島水族館
海の中道水族館 ペンギン水族館 大分マリーンパレス
かごしま水族館 美ら海水族館  

こんなに多くの水族館で展示されている種類は珍しく、人気の高さが分かります!

飼育が簡単と言われているのも選ばれやすいポイントなのかもしれません。

すみだ水族館(2019年11月)

すみだ水族館のサンゴ礁水槽に展示されています!

一番手前の水槽に2匹のハタタテダイが展示されています!

f:id:itsuwalove777:20200109020929j:plain
f:id:itsuwalove777:20200109020913j:plain

すみだ水族館にはチョウチョウウオ科の魚が殆ど展示されていませんので、館内で展示されているチョウチョウウオは この水槽のユウゼンとハタタテダイのみです!

水槽を周り360℃、どの角度からでも見る事ができる面白い作りの水槽になっているので、魚を観察しやすい水槽になります。

すみだ水族館を訪れる機会があれば是非観察してみてください! 

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

サンシャイン水族館(2020年1月)

サンシャイン水族館では、サンシャインラグーン水槽のチョウチョウウオの舞エリアから見る事ができます! 

f:id:itsuwalove777:20200113230349j:plain

上の画像のように、チョウチョウウオの舞と名前がつけられるだけあって多くのチョウチョウウオが展示されているエリアになります!

私が実際に見つけただけでも15種類以上のチョウチョウウオを見つける事ができたので、チョウチョウウオ好きな方は是非訪れて頂きたい水族館になります!

チョウチョウウオの舞エリアは幅が狭く混雑しやすいのが難点です…

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

今回はチョウチョウウオの仲間の中でもトップクラスに展示している水族館の多いハタタテダイについて紹介していきました!

一般的な種類ですが、綺麗で面白い魚なので是非観察してみてください! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-オニハタタテダイ(Heniochus monoceros) 鬼のような二本の角が特徴!

今回紹介するのはハタタテダイ属の中では背鰭のヒラヒラの長さが短いオニハタタテダイについてです!

名前の由来は頭の部分にある、2本の突起が鬼のように見える事が由来になっています!

 

 

オニハタタテダイについて!

オニハタタテダイは最大で25cmにもなる大型のチョウチョウウオの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200113195304j:plain

ぱっと見はハタタテダイに似ていますが、背鰭の第4棘の伸びが短めです!

また、頭部に名前の由来にもなっている2本の角があるので見分けることができます!

目に入っている黒のラインが少し白くボケている個体が多いような気がします。

 

f:id:itsuwalove777:20200113195254j:plain

画像は1匹だけですが、群れを作ることも多いようです。

体高もあるので、迫力があります!

www.gogo-zoo-aquarium.com

他のハタタテダイとの比較等を行った記事を書いたので、是非読んでみてください!

 

和名 オニハタタテダイ
学名 Heniochus monoceros
英名 Masked bannerfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
ハタタテダイ属(Heniochus)
分布

太平洋、インド洋

生息環境 サンゴ礁

ハタタテダイ属の中でも、背鰭のヒラヒラが短いため、ハタタテダイの背鰭が千切れてしまったのかな?と思われるかしれませんが、元々短めの種類です!

日本国内でも多くみられる種類で、沖縄周りなどの暖かい海域で見る事ができます。(ちなみに美味しいらしいです…)

オニハタタテダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

ほとんどの水族館で展示されているハタタテダイと比べると展示ヶ所は少なめの9ヶ所です!

福島海洋科学館 サンシャイン水族館 アクアパーク品川
新潟市水族館 名古屋港水族館 志摩マリンワールド
大阪海遊館 足摺海洋館 美ら海水族館

国内の各エリアに展示されている水族館があります!

JAZAのホームページには記載されていませんでしたが、サンシャイン水族館でも展示されていました。

オニハタタテダイとサンシャイン水族館

オニハタタテダイはサンシャイン水族館のグレートバリアリーフ水槽に展示されています!

f:id:itsuwalove777:20200113195311j:plain

私が見に行った時には写真が撮りやすい位置に居てくれたので助かりました!

サンシャイン水族館ではオニハタタテダイと似ているツノダシ、ハタタテダイ、シマハタタテダイ、ムレハタタテダイも展示されているので見比べてみてください!

 

今回は鬼のような突起が特徴のオニハタタテダイを紹介していきました!

正面から見ると角がカッコイイので是非観察してみてください! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。