水族館甲殻類図鑑-オオコシオリエビ(Cervimunida princeps)

オオコシオリエビは名前の通り、コシオリエビの中では大賀に成長する種類です。(大型とはいっても5cm程度です)

 

 

オオコシオリエビについて!

オオコシオリエビは5cm程度にまで成長する十脚目コシオリエビ科オオコシオリエビ属のエビです。

f:id:itsuwalove777:20200806223259j:plain

オオコシオリエビは体色は赤系で、目はグソクムシのような変わった目をしています。

エビのような見た目をしていますが、エビよりもヤドカリに近い仲間です。

鋏脚が非常に長くなるのも特徴です。

 

f:id:itsuwalove777:20200806222936j:plain

長い脚を持つことから静岡ではクモエビと呼んでいます。

食性は肉食でプランクトンなどを捕食しています。

コシオリエビの名前の由来は、上のように腰を折り曲げているように見えることからです。

 

和名 オオコシオリエビ
学名 Cervimunida princeps
英名  
十脚目(Perciformes)
コシオリエビ科(Munididae)
オオコシオリエビ属(Cervimunida)
分布

西部太平洋

生息環境 深海

オオコシオリエビは中国沿岸部や東南アジアの一部、日本などの西部太平洋で見られます。

国内では東北以南の100m以上深で見られますが、200m以深でより多く見られます。

市場に流通することがはほとんどありませんが、みそ汁などにして食べられることがあるようです。

オオコシオリエビを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オオコシオリエビを展示しているJAZA加入の施設は14ヵ所となっています。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

オオコシオリエビと大洗水族館

大洗水族館ではアクアミュージアム近くの深海展示エリアにてオオコシオリエビを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200806223428j:plain

オオコシオリエビを展示している水槽では他にコツノガニやヤスリヤドカリを展示しています。

アクアミュージアム近くの深海エリアでは上のように複数の水槽が並んでおり、深海の甲殻類を中心に展示されています。

ここの他にも大きな水槽が設置された深海エリアもあり、深海の生物の展示が充実している水族館となっています。

オオコシオリエビを展示している水族館の一覧

オオコシオリエビを展示しているJAZA加入の施設は14ヵ所となっています。

福島海洋科学館 足立区生物園 サンシャイン水族館
葛西臨海水族園 八景島シーパラダイス 寺泊水族博物館
三津シーパラダイス 名古屋港水族館 鳥羽水族館
志摩マリンランド 須磨水族園 海の中道水族館
大分マリーンパレス かごしま水族館  

特徴的な見た目からか展示している施設が多い種類になります。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館甲殻類図鑑-サガミモガニ(Pugettia sagamiensis)

サガミモガニは学名が「Pugettia sagamiensis」と相模が由来になっているカニの仲間です。 

 

 

サガミモガニについて!

サガミモガニは5cm程度に成長する十脚目クモガニ科モガニ属のカニです。

f:id:itsuwalove777:20200806215836j:plain

体色は赤っぽく、甲羅は凸凹とした突起があります。

脚は長く足には細かく毛か生えています。 

コツノガニに似ていますが、本種の方が甲羅の凸凹が大きいです。

 

和名 サガミモガニ
学名 Pugettia sagamiensis
英名  
十脚目(Decapoda)
モガニ科(Epialtidae)
モガニ属(Pugettia)
分布

西

生息環境 深海

甲羅の凸凹は藻類や障害物をひっかけて身を隠すためでしょうか?

サガミモガニを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

サガミモガニを展示しているJAZA加入の施設は8ヵ所となっています。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

サガミモガニと大洗水族館

大洗水族館ではアクアミュージアム近くの深海エリアにてサガミモガニを展示しています。 

f:id:itsuwalove777:20200806215654j:plain

上の画像のような水槽でヨコヤホンヤドカリ、アカモンオキヤドカリ、瀬戸物イソギンチャクの仲間と一緒に展示されています。

大洗水族館は深海の甲殻類の展示も多く、見た目も変わった生き物が多いので深海の生き物が好きな方にもオススメの水槽です。

サガミモガニを展示している水族館の一覧

サガミモガニを展示しているJAZA加入の施設は8カ所となっています。

鴨川シーワールド 葛西臨海水族園 八景島シーパラダイス
三津シーパラダイス 名古屋港水族館 鳥羽水族館
志摩マリンランド 大分マリーンパレス  

同じモガニ属ではヒメモガニやヨツハモガニを展示している施設があります。

その中でも本種が最も多くの施設で展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館甲殻類図鑑-ヨコヤホンヤドカリ(Propagurus obtusifrons)

ヨコヤホンヤドカリは毛むくじゃらの見た目とブルーの目が特徴の深海に生息するヤドカリの仲間です。

 

 

ヨコヤホンヤドカリについて!

ヨコヤホンヤドカリは5cm程度の十脚目ホンヤドカリ科ヨコヤホンヤドカリ科のヤドカリです。

f:id:itsuwalove777:20200806214023j:plain

ヨコヤホンヤドカリは赤系の体色をしており、体中にフサフサな毛が生えています。

目が青っぽくなっており赤色の体色の中で目立ちます。

 

和名 ヨコヤホンヤドカリ
学名 Propagurus obtusifrons
英名  
十脚目(Decapoda)
ホンヤドカリ科(Paguridae)
ヨコヤホンヤドカリ属(Propagurus)
分布

 

生息環境  深海

水深は300m付近で見ることができるようです。

極稀に観賞用として流通することがありますが、水深が深い場所に生息しているため飼育水温は低くする必要があります。

ヨコヤホンヤドカリを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヨコヤホンヤドカリを展示しているJAZA加入の施設は三津シーパラダイスのみとなっています。

大洗水族館でも展示されているのを確認しました。(2020年3月時点)

ヨコヤホンヤドカリと大洗水族館

大洗水族館ではアクアミュージアム近くのエリアにてヨコヤホンヤドカリを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200806214201j:plain

大洗水族館では上の画像のような水槽でヨコヤホンヤドカリを展示しています。

ヨコヤホンヤドカリの他にはアカモンオキヤドカリ、サガミモガニ、瀬戸物イソギンチャクが展示されています。

展示されている水槽の水温は7℃とかなり低温に設定されていました。

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館甲殻類図鑑-コツノキンセンモドキ(Mursia danigoi)

コツノキンセンモドキは1993年に登録された比較的最近登録された種類のカニです。

 

 

コツノキンセンモドキについて!

コツノキンセンモドキは甲羅幅が5cm程度になるカニ目カラッパ科キンセンモドキ属のカニです。

f:id:itsuwalove777:20200806214521j:plain

コツノキンセンモドキの体色は赤系で、全体にゴツゴツとしたトゲがあります。

鋏脚、歩脚に毛が見られ、甲羅の横側には特に長い棘があります。

ハサミを使って巻貝を割って捕食するようです。

f:id:itsuwalove777:20200922155049j:plain

他のカラッパと同じように砂を被って身を隠します。

 

和名 コツノキンセンモドキ
学名 Mursia danigoi
英名  
十脚目(Decapoda)
カラッパ科(Calappidae)
キンセンモドキ属(Mursia)
分布

西部太平洋~中部太平洋

生息環境 深海

コツノキンセンモドキは西部太平洋~中部太平洋に生息しています。

深場に生息しており底引き網で漁獲されることがあります。

コツノキンセンモドキは一般的には流通しませんが、食用にはなるようです。

コツノキンセンモドキを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コツノキンセンモドキを展示しているJAZA加入の施設は6カ所となっています。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

コツノキンセンモドキと大洗水族館

大洗水族館ではアクアミュージアム近くの深海の生物を展示しているエリアでコツノキンセンモドキを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200806215022j:plain

同じ水槽ではオオホモラ、テナガオオホモラ、オキナマコが展示されています。

この水槽では駿河湾の深海に生息している生物を集めて展示していたようです。

大洗水族館と言えばサメが有名ですが、施設の規模が大きいため深海の甲殻類の展示も充実していました。

コツノキンセンモドキを展示している水族館の一覧

コツノキンセンモドキを展示しているJAZA加入の施設は6ヵ所となります。

しながわ水族館 八景島シーパラダイス 三津シーパラダイス
鳥羽水族館 志摩マリンランド 海の中道水族館

国内ではやや幅広く見られるからか展示施設は意外と多いです。 

キンセンモドキ属では他にミツバキンセンモドキ、キンセンモドキ、オオキンセンモドキを展示している施設がありますが、コツノキンセンモドキが一番展示施設が多いです。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

東京都内の水族館のペンギン展示の比較! 目的別のオススメ施設も!

東京都内には5つの大きな水族館があり、その全てでペンギンを展示していますが水族館によって展示されているペンギンや展示方法が大きく異なります。

今回は都内の水族館のペンギン展示について比較していくので都内の水族館選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

※情報は記載当時(2020年9月時点)の情報です。 最新の情報は各水族館のHP等を参照ください。

 

  

都内の水族館とペンギン

今回は東京都内にある5つの水族館が比較対象で、しながわ水族館を除く4つの施設が入園者数が年間100万人を超えています。

f:id:itsuwalove777:20200910211728j:plain

最近では各水族館ともにクラゲに力を入れており、すみだ水族館とサンシャイン水族館が2020年にクラゲ展示の拡張を行っています。

しかし、ペンギンも昔から人気の高い展示で各水族館で差別化されているので色々な水族館を訪れて比較してみてください!

今回は2018年の入園者数が多い順に紹介していきます。

サンシャイン水族館のペンギン展示

サンシャイン水族館は2017年にリニューアルして以降、都内でもトップクラスに入園者数が多い水族館です。

立地も池袋のサンシャインシティと抜群です!

そんな都市型の水族館であるサンシャイン水族館で展示されているペンギンはケープペンギンです。

f:id:itsuwalove777:20200914233605j:plain

ペンギンは野外で展示されており上のように天気が良い日は特に綺麗に写真を撮ることができます。

スマホでも簡単にインスタ映えする写真が撮れる今どきの水族館です。

 

f:id:itsuwalove777:20200914233547j:plain

野外に設置されており、室内の照明等が反射する心配がないので綺麗に写真が撮れます。

この水槽の前は混雑しがちなサンシャイン水族館の中でも最も混雑する場所の一つですが、野外の他のスペースでパフォーマンスが行われている時間帯は比較的空いているので、その時間を狙うと良いかもしれません。

時間によってはペンギンが出ていない時間帯がある場合もあるので、事前に調べてから訪れると良いかもしれません。

 

f:id:itsuwalove777:20200914233647j:plain

陸地で展示されている個体もおり、えさやりを見ることができるパフォーマンスが定期的に開催されています。

開催の有無や時間は公式HPを参照してください。

アクアパーク品川のペンギン展示

アクアパーク品川もサンシャイン水族館と同じように都心部の駅チカにある水族館で、規模としては大きくありませんが非常に人気のある水族館です。

アクアパーク品川と言えば光と音を使ったイルミネーションのような展示や迫力あるイルカショーが有名ですが、4種類ものペンギンを展示している水族館です。

f:id:itsuwalove777:20200914231713j:plain

アクアパーク品川で展示されているペンギンは オウサマペンギン、ケープペンギン、ケープペンギン、ジェンツーペンギン、キタイワトビペンギンの4種類です。

アクアパーク品川では室内で展示しているため1年中オウサマペンギンやジェンツーペンギン、キタイワトビペンギンといった寒い地域に生息しているペンギンを見ることができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232010j:plain

先ほどの写真には写っていなかったジェンツーペンギンです。

オレンジ色の嘴をしている非常に可愛らしいペンギンで、都内ではここでしか見ることができません。

室内でガラス越しの展示になるため、どうしても上のように水滴や反射が映り込みやすくなっています。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232034j:plain

オウサマペンギンが泳ぐ姿も見ることができます。

フンボルトペンギンなどの中型種とは違い大きな体で泳ぐ姿は風格があります。

1年中4種類のペンギンを同じ展示スペースで見ることができる非常に贅沢な水族館となっています。

葛西臨海水族園のペンギン展示

葛西臨海水族園は上記の2つの水族館と異なり、都市部から少し離れた場所に位置している水族館です。

(ディスニーの最寄り駅である舞浜の隣駅です。)

f:id:itsuwalove777:20200914233137j:plain

葛西臨海水族園の特徴はなんと言っても飼育羽数です!

フンボルトペンギンだけで100羽近い個体を展示しており、群れになってプールの中を泳ぐ姿は数が多すぎてビックリするくらいです。

感染症対策中でえさやりのパフォーマンスがないためか、水が非常に綺麗で観察しやすかったです。(えさやりは水中にエサをばら撒くため、直後は非常に濁っています。)

 

f:id:itsuwalove777:20200914233516j:plain
f:id:itsuwalove777:20200914233456j:plain

葛西臨海水族園では野外にペンギン展示場がある関係上、寒い地域に生息しているペンギンは暑い時期は室内で飼育されており見ることができません。

左側の写真がミナミイワトビペンギン、右側の写真がオウサマペンギンです。

寒い時期になると上記の2種類も同じプールの中で見ることができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200914233400j:plain

上のペンギンはフェアリーペンギンという種類で、別名コガタペンギンと呼ばれる事もある小型のペンギンです。

フェアリーペンギンはペンギンの仲間で最小であり、その体高は500mlペットボトル2本分しかありません。

プール内ではなく、エリアの端の方の固まっていることも多いので姿が見えない場合はエリア端の陸地の方も見てみてください。

すみだ水族館のペンギン展示

すみだ水族館はスカイツリータウン内にある水族館で観光地の近くという都内の他の水族館とは少し立地条件の異なる水族館です。(以前は東京タワー内にも東京タワー水族館というのがありましたが、既に閉館してしまいました…)

水族館としての規模では都内で最も小さい水族館ですが、クラゲやチンアナゴなど人気の生き物を多く展示しています。

近くに海がありませんが、飼育に使用している海水が全て人工海水です。

f:id:itsuwalove777:20200914232346j:plain

18:00を過ぎると照明が青っぽくなり、上のように多くのペンギン達は岩の上に上がってしまいますが、ペアで寄り添っている姿を見ることができます。

夜になると水中を泳ぐ姿はあまり見られなくなりますが、これはこれで良いものです!

すみだ水族館では毎年ペンギンのユニークな相関図が掲載され、ペンギン同士の恋愛関係を面白おかしく書かれています。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232324j:plain

もちろん、ペンギンが泳いでいる水中の様子を見ることもできます。

ペンギン水槽の前には飲み物を販売している場所もあり、インスタ映えするような変わった飲み物などを販売しており、飲み物を飲みながらペンギン達を観察することができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232701j:plain

上のようにペアでイチャイチャする姿を見ることができます。

私は一人で行くので回りはカップルだらけでペンギンもカップルで…(以下略)

すみだ水族館は夜遅くまで開いており、仕事帰りにも訪れやすい水族館となっています。(ペンギンは昼行性なので活発に活動している姿を見たい場合は日中がオススメです。)

午後6時を過ぎると上のように青っぽいライトで水槽や館内がライトアップされますが、生き物本来の色を見たい場合はそれより前に訪れるのをオススメします。(特に大水槽はブルーライトが当てられると何が展示されているのかもほとんど分からなくなります。)

しながわ水族館のペンギン展示

しながわ水族館はアクアパーク品川と同じ品川にある水族館ですが、

都内で最も入園者数が少ない水族館ですが、個人的には非常に好きな水族館です。

委託運営はサンシャイン水族館と同じです。

f:id:itsuwalove777:20200914232256j:plain

しながわ水族館のペンギンの展示スペースは野外にあり、小さな岩場とプールがあるだけです。

展示スペースが狭いので非常に近くで観察できるメリットがありますが、他の水族館と比べるとやや寂しいです。

展示されている種類はマゼランペンギンです。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232224j:plain

近くで見ることができるので、ガラス越しでこれくらい寄ることもできます!

イルカやアシカ、アザラシがいるためか意外と人が少ないので混雑していない時にはゆっくりと観察することができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200914232102j:plain

個人的には好きな水族館ですが、ペンギンだけで見ると都内で最も寂しい展示内容となっています。

 

しかし、イルカもいますし全国的にも珍しいアザラシのトンネル水槽もあります。

f:id:itsuwalove777:20200915013701j:plain

多くのアザラシが泳いでいる水槽を歩くことができ、足元を通過することがある非常にオススメな水槽になっています!

ペンギンに関してはインスタ映えするような水族館ではありませんが、魚もイルカもアザラシも見ることができる非常にオススメな水族館です。

ペンギンの展示種類のまとめ!!

施設ごとに飼育しているペンギンの種類をまとめると…

・サンシャイン水族館

ケープペンギンのみ

・アクアパーク品川

オウサマペンギン ジェンツーペンギン キタイワトビペンギン
ケープペンギン    

・葛西臨海水族園

オウサマペンギン ミナミイワトビペンギン フンボルトペンギン
フェアリーペンギン    

・すみだ水族館

マゼランペンギンのみ

・しながわ水族館

マゼランペンギンのみ

 

アクアパーク品川と葛西臨海水族園の展示種類は4種類ですが、葛西臨海水族園のペンギン展示は野外で行われているため寒い地域に生息しているオウサマペンギン、ミナミイワトビペンギンは暑い時期は室内で飼育されており見ることができません。

飼育羽数が最も多いのは葛西臨海水族園で野外のプールで大量のペンギンがのびのびと泳ぐ姿を見ることができ、展示場が大きくガラス越しではないので観察・撮影は行いやすいです。

 

番組外編(動物園のペンギン達)

東京都には上野動物園、多摩動物公園、井の頭自然文化園、足立区生物園、江戸川区自然動物園という5ヶ所のJAZA加入の施設があります。

このうちペンギンを展示している施設は3箇所で上野動物園、井の頭自然文化園、江戸川区自然動物園です。 

江戸川区自然動物園は訪れたことはありませんが、その他の2施設(上野動物園、井の頭自然文化)園は都内の他の水族館よりも観察しにくいです。(動物園ではゲージでの展示となっているので、水族館のガラス展示と比べるとどうしても見にくいです。)

しかし、上野動物園では他の施設では見られないホッキョクグマを展示しています。

上野動物園

動物園ではサンシャイン水族館、アクアパーク品川と同じケープペンギンを西園で展示しています。

ケージの中で展示されているので遠くから撮影すると金網が写り込んでしまいます。

f:id:itsuwalove777:20200922094643j:plain

動物園なので水族館のように泳いでいる姿が観察しやすいように水中がガラスになっていたりはしません。

 

f:id:itsuwalove777:20200922094751j:plain

2020年9月に訪れた際は若鳥が混ざって展示されていました。

若鳥は胸元の線が薄く、毛の色が薄いので外見で見分けることができます。

以前は上野動物園でもオウサマペンギンを展示していましたが、2010年に葛西臨海水族園へ引っ越ししています。

井の頭自然文化園

井の頭自然文化園ではフンボルトペンギンを展示しており、上野動物園と同じようにケージの中で展示されています。

距離的には上野動物園よりは若干近くで観察することができます。

f:id:itsuwalove777:20200922094326j:plain

こちらは上野動物園とは異なりフンボルトペンギンです。

井の頭自然文化園よりも規模が大きく運営が同じ多摩動物公園ではペンギンが展示されていません。

 

その他に、私は訪れたことはありませんがJAZA加入の施設の江戸川区自然動物園ではフンボルトペンギンを展示しています。

葛西臨海水族園や上野動物園とは距離的に近いので訪れてみても良いかもしれません。(規模的には小さい目のようです。)

結局どこがオススメなの??

オススメの施設も目的によって変わるので、目的別にオススメの施設を紹介していきます。

※ペンギンだけを見た場合のオススメになっています。

・インスタ映えする写真を撮りたい!

すみだ水族館かサンシャイン水族館がオススメです!

サンシャイン水族館は屋外の展示になるので、天気に左右されるので注意が必要ですが、空を飛んでいるかのようなペンギンの写真を撮ることができる人気のスポットとなっています。

f:id:itsuwalove777:20200922104357j:plain

すみだ水族館は建物の中心部に大きなペンギンプールがあるので混雑せずにペンギンを見ることができます。

屋内にあるため、天候に左右されず観察することができ時間が遅くなるとブルーのライトでライトアップされます。

・色々な種類のペンギンを見たい!!

色々な種類のペンギンを見たい場合はアクアパーク品川か葛西臨海水族園です。

f:id:itsuwalove777:20200922052042j:plain

大きな違いとしては、アクアパーク品川では屋内展示のため1年中4種類を見ることができますが、葛西臨海水族園では野外展示のため暑い季節はフンボルトペンギンとフェアリーペンギンの2種類しか見られません。

飼育種類の大きな違いとしてはアクアパーク品川ではジェンツーペンギン(ペンギン目の中で3番目に大きい)、葛西臨海水族園ではフェアリーペンギン(ペンギン目最小)が展示されている事です。

 

・たくさんのペンギン達を見たい!!

たくさんのペンギンを見たい場合は葛西臨海水族園一択になります!

葛西臨海水族園ではフンボルトペンギンだけで100羽近い羽数を飼育しており、プール内を魚の群れのように泳ぐ姿は圧巻です。

f:id:itsuwalove777:20200922103145j:plain

最初に見た時はビックリするくらいプールをフンボルトペンギンが埋め尽くしています。

フンボルトペンギンだけで上のような群れになり、寒くなるとミナミイワトビペンギンとオウサマペンギンも同じエリアで展示されるようになります。

フンボルトペンギンが大群なためかフンボルトペンギンが泳いでいる間は他の種類のペンギンはあまりプール内に入りませんが、大量のペンギンを楽しみたいなら葛西臨海水族園です!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

アクアパーク品川のペンギンの展示について! 都内で4種類のペンギンを見られる水族館!

今回はアクアパーク品川のペンギン展示について紹介していきます。

アクアパークでは葛西臨海水族園と並び都内で最も多くの種類のペンギンを見ることができる施設となっています。(葛西臨海水族園で4種類見られるのは寒い時期限定の展示になります。)

クラゲや光の演出、イルカショーが有名な水族館ですがペンギンの展示種類も充実している水族館です。

 

 

アクアパーク品川のペンギン

アクアパーク品川では同じガラスケース内に4種類のペンギンが一緒に展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200922052144j:plain

 4種類のペンギンが展示されていますが、展示スペースは意外と狭く都内では隣のしながわ水族館の次くらいに小さいかもしれません。

ガラス越しになるので、陸上部分はタイミングによっては上のように水滴がガラス面について見にくい事が多いです。

しかし、水中面は水滴の影響を受けないので非常に観察しやすくなっています。

f:id:itsuwalove777:20200922052700j:plain

大きなオウサマペンギンが泳ぐ姿も鮮明に見ることができます。

この展示エリアの一番の魅力は同じ水槽内に4種類のペンギンを一度に見ることができることだと思います。

都内の他の水族館・動物園ではほとんどの施設では1種類しか見られず、葛西理解水族園では4種類を展示していますが一緒に見られるのは3種類となっています。(フェアリーペンギンだけ隔離されて展示されているため)

アクアパーク品川ではペンギンのフィーディングタイムという名称でペンギンへ餌を与える姿を見ることができます。(※2020年9月時点では感染症対策で中止)

ペンギンは人気の高い動物で混雑しやすい展示ですが、イルカショーを開催中の時間に訪れると人が少なく観察しやすいと思います。

アクアパーク品川で展示されているペンギンの種類

アクアパーク品川ではオウサマペンギン、キタイワトビペンギン、ジェンツーペンギン、ケープペンギンの4種類が展示しています。

アクアパークでは室内のガラスケース内で展示されたいることもあり野外で展示している葛西臨海水族園と異なり一年中全種類を見ることができます。

・オウサマペンギン

アクアパーク内で最も大型のペンギンがオウサマペンギンです。

体長1m近くまで成長し、ペンギンの仲間の中で2番目に大きくなる種類です。(1番はコウテイペンギン)

コウテイペンギンに比べると暑さへの耐性もあるため、動物園で飼育している施設もあります。

大型に成長するペンギンですが、自然界でも他のペンギンに攻撃的になることはないため、他の種類のペンギンと一緒に展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200922052042j:plain

他のペンギン達と比べて頭一つ抜けて高く、嘴が長いので簡単に見分けることができます。

アクアパーク品川では陸上部でのんびりしている個体が多かったですが、何度か回ってみると泳いでいる姿も見ることができました。

・ジェンツーペンギン

アクアパークに展示されている2番目に大きなペンギンがジェンツーペンギンです。

ジェンツーペンギンは別名オンジュンペンギン(温順ペンギン)と呼ばれる事があるくらい温和な性格をしており、オウサマペンギンとは分布域が重なる部分があります。

f:id:itsuwalove777:20200922052738j:plain

ジェンツーペンギンは目の後ろが白色になるのが特徴で、嘴がオレンジ色になる人気の高いペンギンです。

可愛らしい見た目をしていますがペンギンの中でも3番目に大型になる種類で、泳ぐ速度はペンギンの中でも最速だと言われています。

・キタイワトビペンギン

 

キタイワトビペンギンは飾り羽が特徴的なペンギンで、展示されている他のペンギンとも容易に区別することができます。

f:id:itsuwalove777:20200918024314j:plain

(上の写真は京急油壺マリンパークで撮影したものです。)

イワトビという呼ばれ方から分かる通り、岩の上をピョンピョンと飛び跳ねるように移動します。

この飾り羽は水に入るとしなってしまうので、シャキーンとした綺麗な飾り羽の個体を見たい場合は水に入っていない個体を探すと良いです。

f:id:itsuwalove777:20200922052243j:plain

水に入ると上のようになってしまいます。

若鳥が展示されている場合は飾り羽がありませんが、目が赤いので見分けることができます。

・ケープペンギン

アクアパーク品川で展示されている4種類目はケープペンギンです。

f:id:itsuwalove777:20200922051738j:plain

国内でフンボルトペンギンに次いで2番目に展示施設数が多いペンギンで、日本の気候でも野外でも飼育できることから動物園でも多く展示されている種類です。

 

f:id:itsuwalove777:20200922051609j:plain

私が訪れた際は陸上よりも水上にいる個体が多く、展示されている個体数が多いこともあってか泳ぐ姿も多く見ることができました。

フンボルトペンギンは見る機会が多い全身が黒と白の見慣れた姿をしています。

 

アクアパーク品川は展示スペースは大きくありませんが、多くのペンギンを見ることができる水族館となっています。

都内の各水族館は展示方法。展示種類に特色があるので他の水族館のペンギン飼育も調べてみてください!

f:id:itsuwalove777:20200922071718j:plain

ペンギン水槽の隣ではゴマフアザラシが展示されています。

こちらの方がペンギンよりも空いていました。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ホウキハタ(Epinephelus morrhua)

ホウキハタは名前の由来は不明ですが、ホウキを掃いたような模様が由来だと言われています。

ハタの仲間では特別大型に成長する種類ではありませんが、特徴的な模様をしているので水族館で展示されることもあります。

 

 

ホウキハタについて!

ホウキハタは80cm近くに成長するスズキ目ハタ科Epinephelus属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200917221645j:plain

ホウキハタは体色は個体差がありますが、体側に弧を描く模様があります。

同じ属のイヤゴハタと似ていますが、イヤゴハタの模様が弓の弧を描くようになっているので見分けることができます。

食性は肉食で魚類や甲殻類を捕食しています。

 

和名 ホウキハタ
学名 Epinephelus morrhua
英名 Broom grouper、comet grouper
スズキ目(Perciformes)
ハタ科(Serranidae)
Epinephelus属(Epinephelus)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 岩礁

ホウキハタはインド洋~太平洋に生息しており、国内では南日本で見る事ができます。

岩礁地帯、サンゴ礁のやや深場で見られ、300mを超える水深でも見られます。

英語では「Broom grouper」(ホウキで掃いたような模様が由来?)や「comet grouper」(彗星のような模様が由来?)と呼ばれています。

ホウキハタは食用として利用されており、美味な魚とされています。

ホウキハタを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ホウキハタを展示しているJAZA加入の施設は7ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ホウキハタと京急油壺マリンパーク

京急油壺マリンパークでは魚の国エリアにてホウキハタを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200917221645j:plain

ホウキハタを展示している水槽ではクエやネコザメを展示しています。

京急油壺マリンパークではホウキハタの他にマハタやクエなどのハタ科を見ることができます。

京急油壺マリンパークは三浦半島の先端付近にあり八景島シーパラダイスや新江ノ島水族館に比べるとアクセスが良くないですが、本州ではここでしか見られないような魚も多いのでオススメです。

ホウキハタを展示している水族館の一覧

ホウキハタを展示しているJAZA加入の施設は7ヵ所です。

八景島シーパラダイス 三津シーパラダイス 東海大海洋博物館
鳥羽水族館 大阪海遊館 城崎マリンワールド
美ら海水族館    

ホウキハタを展示している施設は多くなく関東よりも北側では展示している施設がありません。

Epinephelus属は大型になる種類が多く、クエやタマカイなど多くの施設で展示されている種類も多いです。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-フエダイ(Lutjanus stellatus)

フエダイは英語で「Star snapper 」と呼ばれているように、体側に白色の斑点があるのが特徴のフエダイの仲間です。

やや大型に成長することから釣りの対象魚とされることもあります。

沖縄ではイクナーと呼ばれています。

 

 

フエダイについて!

フエダイは50cm程度にまで成長するスズキ目フエダイ科フエダイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200917220421j:plain

フエダイは黄褐色の体色をしている個体が多いですが、赤っぽい個体もいます。

体側の中央部やや後方に白色の斑点があります。

吻が突き出て口笛を吹いているように見えることがフエダイの由来になっています。

 

f:id:itsuwalove777:20200917220446j:plain

同じフエダイ属のナミフエダイと非常に似ていますが、フエダイよりも頭部の青色の筋が多く入っていることで見分けることができます。

食性は肉食で魚類や甲殻類、多毛類を捕食しています。

 

和名 フエダイ
学名 Lutjanus stellatus
英名 Star snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁

フエダイは日本近海~台湾、中国近海に生息しており、国内では千葉県以南の太平洋沿岸、九州北岸、琉球列島などで見られます。

南方に多い魚で関東ではあまり見られませんが、フエダイの仲間としては最も北方に分布する種類です。

フエダイは釣りの対象魚とされる他、食用として流通します。(旬は春~夏)

味が良く高級魚として扱われることも多いようです。

刺身や煮物、焼き料理なので調理して食べられます。

フエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

フエダイを展示しているJAZA加入の施設は19ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

フエダイと京急油壺マリンパーク

京急油壺マリンパークでは魚の国の館内でフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200917220511j:plain

フエダイの他に、イシダイ、イシガキダイ、ヘダイ、メジナなどを展示しています。

フエダイは掲示パネルに掲示されていませんが、一緒に展示されています。

京急油壺マリンパークでは多くのイシガキダイとイシダイを展示しており、個体ごとの模様の差を見ることができるので是非個体差も観察してみてください。

フエダイを展示している水族館の一覧

フエダイを展示しているJAZA加入の施設は19ヵ所です。

サンピアザ水族館 足立区生物園 鴨川シーワールド
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 のとじま水族館
碧南水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 須磨水族園 城崎マリンワールド
姫路水族館 玉野海洋博物館 足摺海洋館
宮島水族館 海の中道水族館 大分マリーンパレス
美ら海水族館    

フエダイは多くの施設で展示されている種類で、全国各地の施設で見ることができます。

フエダイ属の中ではヨスジフエダイが最も多くの施設で展示されており、サンゴ礁水槽から大型水槽まで様々な水槽で展示されているのを見ます。

その他ではセンネンダイやヒメフエダイやバラフエダイなど大型の種類も展示施設が多いです。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-テンス(Iniistius dea)

テンスは背側に黒色の斑点があることで「点魚(てんす)」となったようです。

食用としても利用されている魚で柔らかい身質で煮つけなどで調理されます。

 

 

テンスについて!

テンスは40cm程度にまで成長するスズキ目ベラ科テンス属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200917220841j:plain

体色は赤褐色~ピンクをしており、体側に暗色の縞模様があります。

口角から前鰓蓋に狭い溝があります。

 

f:id:itsuwalove777:20200917220618j:plain

頭部にはトサカのようなものがあり、体側の背側に黒色の斑点がありますが個体によっては薄いもの・確認できないものもあります。

同じテンス属のホシテンスと似ていますが、本種は背鰭の第2~3棘条間が鰭幕で連続している事で見分けることができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200917220751j:plain

正面から見ると上のようになっており、体は薄いです。

食性は肉食で甲殻類や多毛類を捕食しています。 

 

和名 テンス
学名 Iniistius dea
英名 Goddes razorfish
スズキ目(Perciformes)
ベラ科(Labridae)
テンス属(Iniistius)
分布

東部インド洋~西部太平洋

生息環境 岩礁

テンスは東部インド洋~西部太平洋に生息しており、国内では東京湾以南の太平洋側、島根県以南の日本海側で見られます。

水深30m以深のやや深いの砂泥底で見られ、外敵から襲われたり眠る際には砂に潜ります。

テンス属は以前はXyrichtys属とされていましたが、インド洋~太平洋のXyrichtys属の魚は現在のIniistius属に分類されました。

現在も旧分類であるXyrichtys属のままになっている所もあります。(JAZAも旧分類のままです。)

テンスは食用として利用されることもあり、煮つけなどの調理法で食べられます。

テンスを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

テンスを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

テンスと京急油壺マリンパーク

京急油壺マリンパークでは魚の国エリアの水槽でテンスを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200917220556j:plain

テンスを展示している水槽ではテンスの他にクサフグ、キュウセン、トラギスなどを展示しています。

京急油壺マリンパークはオオメジロザメを展示している水族館として有名ですが、三浦半島の沿岸に生息している魚やチョウザメを展示しているので是非訪れてみてください。

テンスを展示している水族館の一覧

テンスを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

鴨川シーワールド 葛西臨海水族園 八景島シーパラダイス
志摩マリンランド    

特徴的な見たをしている魚で、広い範囲で見られる魚ですが展示している施設は少ないです。

同じ属のホシテンスはJAZAで掲載されていませんが、葛西臨海水族園で展示されているのを確認しました。(2020年9月時点) 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

すみだ水族館のクラゲ展示について紹介します! オススメの種類の紹介も!

すみだ水族館は東京スカイツリータウン内にある水族館で年間100万人を超える入館者を誇る人気の水族館です。

すみだ水族館と言えばペンギンとクラゲ、イルミネーションが目玉の展示となっており、今回はそのうちの一つクラゲについて紹介していきます。

f:id:itsuwalove777:20200910212354j:plain

 

  

すみだ水族館のクラゲについて

すみだ水族館はクラゲの展示が豊富な水族館で、展示種類数は都内で最も多い水族館です。

全部で10種類以上のクラゲ達を見ることができる他、2020年の7月には多くのミズクラゲが泳ぐ「ビッグシャーレ」を新設してクラゲの展示に力を入れています。

すみだ水族館のクラゲを見る事ができるエリアはクラゲエリア、アクアベース、5階と6階を繋ぐスロープ途中の3ヵ所になります。

すみだ水族館の新展示ビッグシャーレ

すみだ水族館ではオープンして以来初のリニューアルを行い、今までの「アクアラボ」エリアを解体してビッグシャーレとクラゲエリアの拡張を行いました。

リニューアルの目玉となるのが500匹のクラゲが泳ぐビッグシャーレで、池状の水槽に泳ぐミズクラゲ達をライトアップして展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200829031258j:plain

上の写真のようにピーナッツ型の池のような水槽に大量のミズクラゲを展示しています。

多くの水族館ではミズクラゲが展示されている水槽を横から見ますが、すみだ水族館では上から見ることができます。

池の周囲にはライトがあり、時間により変化するライトアップを楽しむことができます。

 

f:id:itsuwalove777:20200829031455j:plain

ライトでライトアップしている関係上、上のようにライト近くでは様々な色のミズクラゲを同時に見ることができます。 

他の水族館では水槽全体をライトアップするため、全てのクラゲが同じ色になるのですが、ビッグシャーレでは一度に様々な色のクラゲを見ることができるのが新鮮でした。

 

f:id:itsuwalove777:20200829031624j:plain

ミズクラゲは体の透明度が高いことからライトアップした際に最も映えるクラゲとされており、展示されていない水族館を探す方が難しいくらい人気の高いクラゲです。

ビッグシャーレではガラス張りになった床の上に乗る事で、ミズクラゲが泳ぐ水槽の上に立っているように見える場所もあります。

 

f:id:itsuwalove777:20200829031602j:plain

時間によってライトアップの色が変化するので、ライトに照らされながら漂うクラゲを長時間でも楽しむことができます。

新設されたエリアなこともあり、土日祝日などの混雑する時間帯は非常に混雑するエリアですが池自体が大きいので割と見やすい展示です。

クラゲエリア

すみだ水族館に入って一番初めに見ることになるクラゲの展示エリアでビッグシャーレの隣にあります。

このエリアだけで10種類以上のクラゲが展示されていました。

f:id:itsuwalove777:20200910212343j:plain

上のU字型の水槽8つだけでも8種類のクラゲを展示しています。

多くのクラゲは水流を与えないと飼育することができないため、水流が循環するようなU字型や円柱型、丸型の水槽で展示される事がほとんどです。

上のような水槽の他に

f:id:itsuwalove777:20200910212320j:plain

上のような水槽で3種類(右側からキャノンボールジェリー、タコクラゲ、ビゼンクラゲ)のクラゲが展示されており、どの種類も根口クラゲという丸っぽい形をした種類のクラゲが展示されていました。

根口クラゲは他にカラージェリーフィッシュやサカサクラゲが分類されています。

キャノンボールジェリーは一般的に食用として利用されているクラゲで国内にも輸入されています。

 

f:id:itsuwalove777:20200919025821j:plain

一番入り口側にあるのが、上の2つの水槽で奥側がアカクラゲ、手前側がパシフィックシーネットルです。

アカクラゲは多くの水族館で展示されているため、珍しくはありませんが すみだ水族館では大きな水槽で展示されているためか大型の個体を見ることができます。

f:id:itsuwalove777:20200910212058j:plain

パシフィックシーネットルは館内で最も大きなクラゲでファンも多い非常に美しいクラゲです。

アクアベースでのクラゲ展示

ペンギンを展示しているプールの前で江戸リウム(金魚の展示エリア)の出口?入口?の近くで小さなクラゲを展示しているエリアがあります。

すみだ水族館で展示されているクラゲは館内で繁殖させた個体が展示されているため、アクアベースでは繁殖させた小さなクラゲたちを見ることができます。

普段はほとんど見ることができない各種クラゲの小さな個体を見ることができます。

f:id:itsuwalove777:20200919031343j:plain

上のように誕生した日付も書いてあるので、上の階に展示されている大きな個体とも見比べてみるのも面白いかもしれません。

f:id:itsuwalove777:20200919031333j:plain

特にミズクラゲは展示数が多いためか、成長段階を細かく見ることができます。

小さな身体でもミズクラゲの形をしているので是非観察してみてください。

個人的にオススメの種類!

最後にすみだ水族館内に展示されているクラゲの中から個人的にイチオシのクラゲを紹介していきます!

都内で最も多くの種類を展示しているので色々とオススメしたい種類がいますが、3種類だけを紹介します!

パシフィックシーネットル

パシフィックシーネットルはアカクラゲと同じヤナギクラゲ属に分類されているクラゲで、別名でアメリカヤナギクラゲと呼ばれるクラゲです。

f:id:itsuwalove777:20200910212026j:plain

似たような名前の種類としてアトランティックシーネットルやインドネシアンシーネットルなどがいます。

パシフィックシーネットルは名前の通り太平洋に生息しています。

 

f:id:itsuwalove777:20200910212130j:plain

非常に長い触腕と触手を持ち、優雅な見た目をしています。

ブラックシーネットル

先ほど紹介したパシフィックシーネットルと似たような名前のクラゲでブラックシーネットルという種類も展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200910212158j:plain

パシフィックシーネットルが赤っぽいのに比べて黒色の体色をしており、綺麗な見た目をしています。

ブラックシーネットルは すみだ水族館内に1匹だけ展示されているので、多く展示されているパシフィックシーネットルと比べると目立ちませんが他の水族館でもあまり展示されていない種類なので是非観察していただきたい種類です。

カラージェリーフィッシュ

カラージェリーフィッシュは多くの水族館で展示されているクラゲで様々な色の個体がいるのが特徴です。

f:id:itsuwalove777:20200919032837j:plain

すみだ水族館ではスロープ内の水槽にも多く展示されている事から、個体差を観察しやすい水族館となっています。

青や白や黒など様々な色の個体がいるので、お好みの色を持つ個体を探してみてください!

 

都内ではサンシャイン水族館でもクラゲの展示を拡張するなどクラゲの展示に力を入れる施設が増えています。

その中でも一番多くのクラゲを見ることができる施設になっているので、クラゲが好きな方は是非訪れてみてください!

すみだ水族館は平日でも遅くまで開館しているので仕事帰りでも訪れることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。