水族館魚図鑑-オヤビッチャ(Abudefduf vaigiensis)

オヤビッチャは本州では最も一般的に見られるスズメダイのうちの1種です。(千葉県以南に生息しています)

一部地域では食用として利用されています。

 

 

オヤビッチャについて!

オヤビッチャは約20cmにまで成長する中型のスズメダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404181912j:plain

オヤビッチャは背中の黄色と5本の縞模様が特徴の魚です。

似ている種類が多く、特にロクセンスズメダイという種類とは似ています。

ロクセンスズメダイは尾ビレにもライン(横ライン)が入っているので尾ビレを見ると見分けることができます。(オヤビッチャは黒色か白透明のどちらかになります)

 

f:id:itsuwalove777:20200404182339j:plain

婚姻色はベースの色が薄い青色になります。

上の個体もオヤビッチャだと思われますが、ここまで青くなるのは初めてだったので写真を撮ってみました。(2020年3月 大洗水族館)

普通の個体は婚姻色が出ても体全体が青っぽくなるくらいで、背中の黄色も残ります。

産卵後はオスが卵を守ることで知られています。

 

和名 オヤビッチャ
学名 Abudefduf vaigiensis
英名 Indo-Pacific sergeant
スズキ目(Perciformes)
スズメダイ科(Pomacentridae)
オヤビッチャ属(Abudefduf)
分布

インド洋~西太平洋

生息環境  サンゴ礁、岩礁

オヤビッチャはインド洋~西部太平洋まで幅広く生息しており、本州では主に暖かい時期に見ることができるようです。

観賞魚として流通することもありますが、気性が荒いので一緒に泳がせる魚に注意が必要なようです。(水族館でも他の魚を追いかけるシーンも見ることができる場合があります)

オヤビッチャは雑食ですが、動物食が強めで甲殻類や軟体動物等を主に食べているようです。

美味しいとされている魚で、一部地域では食用とされていますがシガテラ毒を持っていた個体の報告もあるようです。

オヤビッチャを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オヤビッチャはJAZA加入の水族館で多く展示されています。(40カ所)

都内ではサンシャイン水族館、葛西臨海水族園、しながわ水族館、アクアパーク品川、すみだ水族館の5ヵ所で展示されています。

オヤビッチャと大洗水族館

大洗水族館では、沖縄の海水槽にてオヤビッチャを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404182130j:plain

この水槽では多くのオヤビッチャを展示しており、テーブル状のサンゴの下を縄張りとしていることが多いです。

この水槽ではオヤビッチャの気性の荒さを観察できる水槽で、他の魚が近寄ってくると追いかけて追い払うような姿を見ることもできます!

見つからない場合はテーブル状のサンゴのテーブルの下を覗いてみてください! 

オヤビッチャと しながわ水族館

しながわ水族館では東京湾の干潟と荒磯水槽にてオヤビッチャを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404225414j:plain

この水槽では、東京湾の藻場と磯を再現しています。

水槽内には複数匹のオヤビッチャを展示していますが、他の魚が大きいためか隠れ家が少ないためかオヤビッチャの気性の荒さは観察できませんでした。 

しながわ水族館では、この東京湾の干潟と荒磯水槽が一番観察しやすいですが海の宝石箱にも大型のオヤビッチャが展示されているので是非そちらも見てみてください!(大きくなるとシャープなイメージを受けるような形になります。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-アオバスズメダイ(Chromis atripectoralis)

アオバスズメダイはデバスズメダイに似ており、混在している場合も多い種類です。

水族館でもデバスズメダイと混ざって展示されている場合もあるので是非探してみてください。 

 

 

アオバスズメダイについて!

アオバスズメダイは8cm程度になる小型のスズメダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404224023j:plain

本種はデバスズメダイと酷似していますが、胸ビレの根本に黒点があるかどうかで見分けることができます。

上の画像のように黒点があるのがアオバスズメダイです。

また、婚姻色も異なりデバスズメダイは黄色、アオバスズメダイは黒っぽい斑点が出てきます。

 

f:id:itsuwalove777:20200404184727j:plain

これがデバスズメダイです。

デバスズメダイは胸ビレの根本に黒点がないので簡単に見分けられます。

デバスズメダイとアオバスズメダイは自然界でも一緒に群れている事が多いようです。

 

f:id:itsuwalove777:20200404181837j:plain

こんな感じでアオバスズメダイとデバスズメダイが一緒にいるシーンを見ることができることもあります。

デバスズメダイは飼いやすく丈夫な魚なのでパイロットフィッシュ(水槽立ち上げ時にテスト的に導入する魚)としても利用されています。

 

和名 アオバスズメダイ
学名 Chromis atripectoralis
英名 Black-axil chromis
スズキ目(Perciformes)
スズメダイ科(Pomacentridae)
スズメダイ属(Chromis)
分布

インド洋~太平洋

生息環境  サンゴ礁

アオバスズメダイはスズキ目ベラ亜目スズメダイ科スズメダイ亜科スズメダイ属に属している種類です。

インド洋~中部太平洋に生息しており、主にサンゴ礁で生活しています。

スズメダイには気が強い種類が多いですが、アオバスズメダイは大人しい個体が多く様々な水槽で泳いでいるのを見ることができます。 

 

アオバスズメダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アオバスズメダイを意図して?展示している水族館はJAZA加入の施設のうち3ヵ所になります。

鴨川シーワールド 碧南水族館 美ら海水族館

ここにない水族館でもデバスズメダイに混ざって泳いでいる姿を確認できるかもしれません。

アオバスズメダイと しながわ水族館 

しながわ水族館では、海の宝石箱にてアオバスズメダイを展示していました。

f:id:itsuwalove777:20200404181819j:plain

しながわ水族案ではデバスズメダイが展示されていますが、その中に紛れてアオバスズメダイも展示されていました。

展示されているほとんどはデバスズメダイでしたが、私が訪れた際には何匹かアオバスズメダイも見ることができたので是非探してみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ヨスジフエダイ(Lutjanus kasmira)

ヨスジフエダイは名前の通り、四本の線が入っているのが特徴の魚です。

大きな群れを作る魚なので、多くの水族館で展示されています。(1匹1匹は大きくないですが、群れを作るので大きな水槽で展示されることが多いです。)

 

 

ヨスジフエダイについて!

ヨスジフエダイは30cm程度になるフエダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404173436j:plain

上の画像のように黄色をベースに青白の4本ラインが入っているのが特徴です。

見た目が似ている種類としては、ロクセンフエダイという種類がいます。

ロクセンフエダイは名前の通り、6本のラインが入っている種類で線の数で見分けることができます。(六線という名前ですが、1本見にくいので5本に見えるかもしれません。)

大きな群れを作ることも多く、フエダイ科の魚の中でも個体数が多い種類です。

 

f:id:itsuwalove777:20200404042318j:plain

正面から見るとこんな感じです。

水槽が暗いので分かりにくいですが、顔は紫っぽく各ヒレは黄色となっています。

綺麗な見た目をしていますが、魚食性が強く魚をメインに食べていますが、甲殻類、軟体動物等幅広く捕食しています。

 

和名 ヨスジフエダイ
学名 Lutjanus kasmira
英名 Bluestripe snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

インド洋~西太平洋

生息環境  サンゴ礁、内湾等

ヨスジフエダイはフエダイの中でも広範囲に生息している種類で、アフリカのエジプト沿岸からオーストラリアまで幅広く見られる種類です。

基本的には60mよりも浅いサンゴ礁などで見られますが、一部地域では200mを超える深い水深から見つかることもあります。

国内では、琉球列島や小笠原諸島、本島では神奈川県、富山湾以南に生息しているようです。

ハワイ周辺には本来分布していませんでしたが、釣りや漁業の対象とするために1950年代に移入されて現在では個体数も増えており、現在では他の魚の住処を脅かすとのことで個体数を減らす活動が行われています。(ヨスジフエダイの単価が安く、当初の漁業の対象とする目的は達せられなかったようです)

ヨスジフエダイは他の多くのフエダイと同じく味が良く、沖縄等では食用として一般的に流通している魚です。

綺麗な魚で、観賞魚用として流通することもあるようです。

ヨスジフエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヨスジフエダイはJAZA加入の施設のうち、33ヵ所で展示されています。

サンピアザ水族館 登別ニクス 男鹿水族館
福島海洋科学館 足立区生物園 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 しながわ水族館 アクアパーク品川
すみだ水族館 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
寺泊水族博物館 下田海中水族館 東海大海洋博物館
のとじま水族館 越前松島水族館 南知多ビーチランド
碧南水族館 宮津水族館 鳥羽水族館
志摩マリンランド 伊勢シーパラダイス 串本海中公園
大阪海遊館 NIFREL 須磨水族園
玉野海洋博物館 宮島水族館 海の中道水族館
大分マリーンパレス かごしま水族館 美ら海水族館

ヨスジフエダイはフエダイの仲間の中でも展示施設が多い種類で、群れで展示されていることが多いです。

ヨスジフエダイと しながわ水族館

しながわ水族館では、トンネル水槽と海の楽園にてヨスジフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042334j:plain

ヨスジフエダイはトンネル水槽内で最も展示数が多い種類だそうで、1匹1匹は小さいですが、群れで泳いでいるので存在感があります。

群れで泳ぐと水槽内で黄色が良く目立つ魚です! 

 

f:id:itsuwalove777:20200404174157j:plain

出口の近くにある海の楽園水槽にも展示されています。

こちらの水槽はトンネル水槽に比べると小さく、明るいため観察しやすい水槽となっています。

トンネル水槽に展示されているヨスジフエダイよりも小型な個体が多いです。

 

ヨスジフエダイとサンシャイン水族館

サンシャイン水槽では、サンシャインラグーン水槽にてヨスジフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042700j:plain

サンシャインラグーン水槽は照明が明るく魚が綺麗に見える都内でもオススメの水槽です!(展示種類もサンゴ礁に住むカラフルな種類が多いです。)

この水槽では、数は多くはないですが小さな群れを作って泳ぐヨスジフエダイを観察することができます

ヨスジフエダイ以外にも魅力的な魚が多く展示されている水槽なので、サンシャイン水族館を訪れた際はゆっくりと観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ヒメフエダイ(Lutjanus gibbus)

ヒメフエダイはインド洋~中部太平洋に生息するフエダイの仲間で、国内では相模湾や鹿児島以南で見ることができるようです。

食用として利用されており、美味しい魚のようですが大型の個体は地域によってシガテラ毒を持つ個体も確認されているようです。(東京都は販売自粛を求めているようです。)

 

 

ヒメフエダイについて!

ヒメフエダイは最大50cmにまで成長する中型のフエダイの仲間です。 

f:id:itsuwalove777:20200404042215j:plain

ヒメフエダイは基本的にには鮮やかな赤色をしており、鰓や目元など一部に黄色が入っています。

他のフエダイ科の魚と比較すると体高があり、大きさよりも大きく感じます。

 

ヒメフエダイに似ている種類としてはオキフエダイがいますが、腹ビレや尻ビレが黄色になるので見分けることができます

 

f:id:itsuwalove777:20200404042631j:plain

上の画像のように目元、鰓付近、胸ビレの先端、尾ビレの先端等が黄色くなっている個体もいます。

 他の多くのフエダイと同じく、甲殻類や子魚を食べているようです。

 

和名 ヒメフエダイ
学名 Lutjanus gibbus
英名 Humpback red snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

インド洋~中部太平洋

生息環境  岩礁、サンゴ礁

国内では、主に鹿児島以南で見られる魚で岩礁地帯やサンゴ礁に生息しています。

美味しい魚で高級魚として扱われており、刺身や鍋や塩焼きなど調理法を選ばない白身の魚です。(東京都の通知ではヒメフエダイは販売自粛を指導しているようです。 フエダイ科はシガテラ毒を持つ可能性がある種類が多いので、他の種類も販売自粛指導とされている種類が多いです。)

 

ヒメフエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヒメフエダイはJAZA加入の施設のうち、22ヵ所の施設で展示されています。

サンピアザ水族館 登別ニクス 足立区生物園
大洗水族館 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
しながわ水族館 アクアパーク品川 すみだ水族館
八景島シーパラダイス 下田海中水族館 越前松島水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 串本海中公園
大阪海遊館 須磨水族園 玉野海洋博物館
足摺海洋館 宮島水族館 大分マリーンパレス
美ら海水族館    

フエダイの仲間の中でも展示施設が多い種類です。(1番は見た目が綺麗なヨスジフエダイでしょうか?)

ヒメフエダイと大洗水族館

しながわ水族館では、トンネル水槽にてヒメフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042247j:plain

トンネル内に複数個体見ることができたので、探せば見つけることができると思います。 

しながわ水族館のトンネル水槽は大型の魚が多く展示されている迫力がある水槽ですが、ヒメフエダイの他にヨスジフエダイやアミメフエダイといったフエダイの仲間も観察することができる水槽になっています。

 

ヒメフエダイとサンシャイン水族館

サンシャイン水族館では、サンシャインラグーン水槽にてヒメフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042712j:plain

サンシャインラグーン水槽では、ヒメフエダイが複数匹展示されています。

水槽の中心部に姿を見せることも多く、見つけやすいと思います。(水槽端の岩場にいることもあります。) 

サンシャインラグーン水槽はサンシャイン水族館のメイン水槽でサンゴ礁のカラフルな様々な魚が展示されているオススメの水槽です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-センネンダイ(Lutjanus sebae)

センネンダイは最大90cmにもなる大型のフエダイの仲間で、 「千年に一度しか見れないほど珍しい」というのが由来になっていると言われています

これは本土で漁獲できるのが稀であることが由来になっているのかもしれません。(熱帯域の魚ですが、本州や四国でも稀に見られるようです)

 

 

センネンダイについて!

センネンダイは最大で90cmに達すると言われている大型のフエダイの仲間です。(フエダイ科の中でも最大種の1種です)

f:id:itsuwalove777:20200404041912j:plain

センネンダイは成長過程によって大きく模様が変わる魚としても知られています

上の個体のように、若いうちは白色の身体に三本の黒い線が入っています。

この模様は「小」という漢字の形に似ています

 

f:id:itsuwalove777:20200406072105j:plain

さらに、大きく成長した個体は全身が赤くなっていき黒い模様は薄れていきます

この個体から更に成長すると真っ赤になる個体も出てくるようです。(「小」という漢字に似た模様も消えてしまいます)

 

f:id:itsuwalove777:20200404041841j:plain

 正面から見ると、背ビレの先端も黒く色ついているのが確認できます。(背ビレだけでなく、尾ビレや尻ビレの先端も黒い縁が確認できます)

センネンダイは主に子魚や甲殻類等の無脊椎動物を食べているようです。

 

和名 センネンダイ
学名 Lutjanus sebae
英名 Emperor red snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

インド洋~太平洋

生息環境  

センネンダイは沖縄や鹿児島等では高級魚として流通しており、食用として利用されています。

とても美味な魚で、他の地域でも食用として利用されているようです。(一部地域ではシガテラ中毒の報告もあります。)

インド洋~太平洋の熱帯域に分布しており、水深の浅い海域から水深200m近くまでのサンゴ礁や岩礁地帯で見られます

英名は「Emperor red snapper 」というカッコイイ名前で呼ばれおり、これは成熟しきった真っ赤な個体が由来になっていると考えられます。

センネンダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

センネンダイはJAZA加入の施設のうち、13ヵ所にて展示されています。

鴨川シーワールド しながわ水族館 寺泊水族博物館
のとじま水族館 越前松島水族館 宮津水族館
志摩マリンランド 伊勢シーパラダイス 大阪海遊館
城崎マリンワールド 玉野海洋博物館 海の中道水族館
美ら海水族館    

 しながわ水族館とセンネンダイ

しながわ水族館では、トンネル水槽にてセンネンダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404041958j:plain

トンネル水槽内には複数個体展示されているようで、私が訪れた際は赤っぽい個体と白と黒の個体を見ることができました。(2020年2月)

名前のインパクトもある魚で、迫力のある見た目をしているので是非見つけ出して観察してみてください。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-イレズミフエダイ(Symphorichthys spilurus)

イレズミフエダイは国内では琉球列島等で見ることができるフエダイの仲間です。

名前の由来はイレズミのような模様という意味でしょうか?

 

 

イレズミフエダイについて!

イレズミフエダイは最大で50cmを超える大型のフエダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200406062339j:plain

大きくなると体は白っぽくなり、腹ビレ、尻ビレが黄色です。(身体の下の方は黄色くなっています。)

身体には細く青色のラインが横に入っており、尾びれの付け根には黒点があります。

 

f:id:itsuwalove777:20200404041724j:plain

小さな個体は、上の画像のように背ビレが長く伸びていきます。

また、成魚に比べると全体的に黄色が強く背ビレや身体のベースも黄色っぽくなります

小型の魚の方が模様がはっきり出て綺麗かもしれません。

 

f:id:itsuwalove777:20200404041640j:plain

唇が分厚く吻は短くなっています。

自然界では主に子魚や甲殻類等を食べているようです。

正面から見ると、顔にも青色の模様がありカッコイイです!

 

和名 イレズミフエダイ
学名 Symphorichthys spilurus
英名 Sailfin snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
イレズミフエダイ属(Symphorichthys)
分布

東インド洋~西太平洋

生息環境  岩礁、サンゴ礁

普段は単独で生活していますが、繁殖期になると数万もの巨大な群れを作ることもあるようです。(パラオでは、イレズミフエダイの巨大な群れを見るためのダイビングツアーもあるようです。)

国内では琉球諸島等で見ることができ、水深5m程度から数十mのサンゴ礁や岩礁地帯で見ることができます。(地域によっては数百mに生息??)

イレズミフエダイ属に属しているのは本種のみです。

英名の「Sailfin snapper 」は帆のようなヒレを持つタイという意味ですが、若魚を指しているのかもしれません。

イレズミフエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

イレズミフエダイはJAZA加入の施設のうち、4ヵ所で展示されています。

男鹿水族館 鴨川シーワールド しながわ水族館
八景島シーパラダイス    

関東に3施設と固まっています

しながわ水族館とイレズミフエダイ 

しながわ水族館では、トンネル水槽にて成魚、海の宝石箱水槽にて若魚を展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404041422j:plain

トンネル水槽に展示されている個体は50cmほどはある大型の個体が展示されており、存在感があるので見つけやすいと思います。(トンネル水槽は広いので探すのは大変かもしれませんが)

ここまで大きな個体は他の水族館でもあまり見られないので、是非観察してみてください!(そもそも展示している水族館が少ないのですが…)

 

f:id:itsuwalove777:20200404041612j:plain

海の宝石箱水槽では、若魚が展示されているため、トンネル水槽に展示されている成魚との比較が行えます!

海の宝石箱水槽はトンネル水槽に比べると小さいので探しやすいと思います!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-アミメフエダイ(Lutjanus decussatus)

アミメフエダイは名前のとおり、網目状の模様があるフエダイです。

国内では主に沖縄以南で見られますが、局地的に分布しておるとされています。

沖縄では、他のフエダイとごっちゃ混ぜでビタローと呼ばれているようです

 

 

アミメフエダイについて!

アミメフエダイは最大で30cm程度にまで成長するフエダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404041353j:plain

国内では、琉球諸島や屋久島島で見ることができます。

沖縄では20cmくらいのフエダイ科の魚をまとめてビタローと呼んでいるようです。

沖縄ではバター焼きや伝統料理のマース煮で食べられているようです。

模様は名前の通り、黒の線で網目状になっており、尻尾の付け根に黒い点があります。

 

f:id:itsuwalove777:20200404041408j:plain

アミメフエダイは小魚や甲殻類を主に食べています。

網目模様と尻尾の付け根の黒点が特徴的なので、他のフエダイの種類と間違えることはないと思います。(イレズミフエダイも尾びれの付け根に黒点があります。)

 

和名 アミメフエダイ
学名 Lutjanus decussatus
英名 Checkered snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

東インド洋~西太平洋

生息環境  岩礁、サンゴ礁

アミメフエダイは東インド洋~西太平洋に生息しており、国内では琉球諸島以南、屋久島、愛知県南部?で見ることができるようです。

水深数m~水深30mちょっとまでの範囲で見ることができ、サンゴ礁に多いですが岩礁地帯でも見ることができます。

英名の「Checkered snapper」は格子縞のタイという意味になります。

アミメフエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アミメフエダイはJAZA加入の施設のうち、7ヵ所で展示されています。

鴨川シーワールド しながわ水族館 アクアパーク品川
すみだ水族館 八景島シーパラダイス 鳥羽水族館
美ら海水族館    

展示している水族館が関東に固まっています

しながわ水族館とアミメフエダイ

しながわ水族館では、トンネル水槽にてアミメフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404041310j:plain

アミメフエダイは身体は大きくありませんが、特徴的な見た目をしているので探すと見つけることができると思います

トンネル水槽では、大きなアオウミガメやターポン、ウツボなどの大型魚が注目されてしまいますが、アミメフエダイのような中型の魚も多く展示されているので観察してみてください! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-シンカイウリクラゲ(Beroe abyssicola)

シンカイウリクラゲは光るクラゲとして知っている方もいらっしゃるかもしれません。

形は全くクラゲには見えませんが、ちゃんとクラゲの仲間です!

 

 

シンカイウリクラゲについて!

シンカイウリクラゲは最大で15cmにも成長するクラゲです。

f:id:itsuwalove777:20200328031534j:plain

ウリクラゲという名前の通り、ウリ型の形をしています。

写真ではわかりずらいですが、 実物を見ると光っているように見えます

これは、自ら発光しているわけではなく櫛板という体表面の毛を動かして泳ぐ際に光を反射しているため、光っているように見えるようです。

これが虹色に光っているように見え非常に綺麗です。

f:id:itsuwalove777:20200328031616j:plain

光は儚く少しだけ光っているように見えます。

 

和名 シンカイウリクラゲ
学名 Beroe abyssicola
英名  
ウリクラゲ目(Beroida)
ウリクラゲ科(Beroidae)
ウリクラゲ属(Beroe)
分布

 

生息環境  深海

名前の通り、深海に生息するウリ型のクラゲです。

水深500m~1,000mというかなり水深が深い場所で生活しているクラゲで、主に他のクラゲを捕食して生活しているようです。 

シンカイウリクラゲを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

シンカイウリクラゲはJAZA加入の施設のうち、3ヵ所で展示されています。

加茂水族館 大洗水族館 鴨川シーワールド

深海のクラゲなので飼育設備等が必要で多くの水族館では展示されていないのかもしれません。

大洗水族館とシンカイウリクラゲ

 大洗水族館では、シンカイウリクラゲをクラゲエリアで展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200328031544j:plain

遠くから見ると、虫の幼虫のようにも見えて少し気持ち悪いかもしれません。

1匹に注目してみると光を反射しているのが観察できると思います!(大洗水族館のクラゲエリアは非常に混雑するので回りのお客様に注意して下さい。ゆっくり見るなら平日の午前中とかが良いと思います。)

結構水流が必要なのか、シンカイウリクラゲは水槽内を洗濯機のようにグルグルと回っています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-シロクラゲ(Eutonina indicans)

シロクラゲは傘の大きさが1cmほどの小型のクラゲです。

国内では東北以北で見ることができ、冷たい海域でみることができる種類です。

 

 

シロクラゲについて!

シロクラゲは傘の大きさが直径1cmほどの小型のクラゲです。

f:id:itsuwalove777:20200405214943j:plain

1cm程度の小型のクラゲですが、自分の力でしっかりと泳ぐことができます。

春に大量発生し、飼育も簡単なようです。

クラゲの傘の下に白い糸が丸めたような疑似餌のようなものと、細くて短い触手を多数持っています。

身体のほとんどは透明で、水族館ではライトアップされた水槽で展示されることも多いです。

 

f:id:itsuwalove777:20200328031356j:plain

傘は透明に見えますが、4本の線が入っています。 

他のマツバクラゲ科の種類と比べても傘との対比で触手の長さが短いように思います。

 

和名 シロクラゲ
学名 Eutonina indicans
英名 Umbrella Jellyfish
ヒドロ虫網軟目(Hydrozoa)
マツバクラゲ科(Eirenidae)
シロクラゲ属(Eutonina)
分布

大西洋北東部、カナダ沿岸、東北以北

生息環境  

 国内では、東北以北の冷たい海域に生息しています。

身体の色は透明ですが、所々ある白い部分が和名の由来となっているようです。

英名の「Umbrella Jellyfish 」は傘のようなクラゲという意味になります。

シロクラゲを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

シロクラゲはJAZA加入の施設のうち、6ヵ所の施設で展示されています。

加茂水族館 大洗水族館 鴨川シーワールド
すみだ水族館 京都水族館 かごしま水族館

 大洗水族館とシロクラゲ

 大洗水族館は深海エリアにてシロクラゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200328031356j:plain

個体によっては、傘に4本の線が入っているのを確認することができます。

ライトアップされていませんが、シロクラゲの個体数が多く幻想的な水槽です。 

小さいですが、しっかりとクラゲの形をしているので是非観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-サムクラゲ(Phacellophora camtschatica)

サムクラゲは目玉焼きのようなクラゲとして展示されていることが多いクラゲです。

展示している水族館はあまり多くないので、観察できるタイミングで観察しておきましょう!

 

 

サムクラゲについて!

サムクラゲは最大で60cmにも成長する大型のクラゲです。

f:id:itsuwalove777:20200328031249j:plain

サムクラゲは成熟すると凸と突出している場所がオレンジ色で回りが白色になるので、 目玉焼きのような模様になります。

これが英名の「Fried egg jellyfish 」という名前の由来となっています。

上の個体はまだ、成熟していないためかオレンジ色の模様が見られません。

 

f:id:itsuwalove777:20200328031209j:plain

サムクラゲはプランクトンや他のクラゲを捕食して生活しているようです。

水族館ではミズクラゲ等を与えているようです。

細くて長い触手を多く持っているので、他の個体と絡まりあうこともあるようです。(自切したりして脱出するようで、触手はまた生えてくるようです。)

 

和名 サムクラゲ
学名 Phacellophora camtschatica
英名 Fried egg jellyfish
旗口クラゲ目(Semaeostomeae)
サムクラゲ科(Pelagiidae)
サムクラゲ属(Phacellophora)
分布

北太平洋の冷帯海域(国内だと北海道等)

生息環境  

サムクラゲは北太平洋の冷帯海域に生息しており、国内では北海道等で見ることができるようです。

英名の由来のような目玉焼き模様になるのは成熟しないといけません。(国内だと名古屋港水族館?)

目玉焼き模様を見たい場合はSNS等で情報を確認してから訪れましょう!

サムクラゲを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

サムクラゲはJAZA加入の施設のうち、6ヵ所で展示されています。

加茂水族館 大洗水族館 鴨川シーワールド
のとじま水族館 志摩マリンランド 大阪海遊館

 

大洗水族館とサムクラゲ

大洗水族館では、クラゲエリアにて展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200328031109j:plain
f:id:itsuwalove777:20200328031058j:plain

サムクラゲが展示されている水槽では、ライトアップの色によって身体の色が変わるサムクラゲを見ることができます。

タイミングによっては卵焼き模様のサムクラゲも見ることができるようです。

元の色が透明に近いので、ライトアップされた色を反映して綺麗な水槽です! 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。