水族館魚図鑑-ヒラテンジクダイ(Ostorhinchus compressus)

ヒラテンジクダイは青色の目が美しく、観賞魚として飼育されることもある魚です。 

展示している水族館は少なく、「八景島シーパラダイス」、「しまね海洋館」で展示されています。

 

 

ヒラテンジクダイについて!

ヒラテンジクダイは体長8cm程度にまで成長するスズキ目テンジクダイ科スジイシモチ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210126234744j:plain

ヒラテンジクダイは体側に5~6本の縦帯があり、一番上の縦帯が鰓蓋付近で分岐しています。

尾柄部に小さな斑点の列がありますが、幼魚は斑点が1つしかありません。

食性は肉食で甲殻類等を捕食しています。

 

和名 ヒラテンジクダイ
学名 Ostorhinchus compressus
英名 Ochre-striped cardinalfish
スズキ目(Perciformes)
テンジクダイ科(Apogonidae)
スジイシモチ属(Oncorhynchus)
分布

北太平洋、ベーリング海

オホーツク海

生息環境 河川、外洋

ヒラテンジクダイはインド洋~太平洋に生息しており、国内では奄美大島以南で見られます。

内湾のサンゴ礁や岩礁に生息しています。

幼魚は模様が明瞭で観賞魚として飼育されることがあります。

ヒラテンジクダイを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヒラテンジクダイを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ヒラテンジクダイと八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスではアクアミュージアムの入り口付近の水槽でヒラテンジクダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126004007j:plain

ヒラテンジクダイを展示している水槽では観賞魚として飼育される事のある小型の海水魚を中心に展示しており、他の水族館ではほとんど展示されていないような珍しい魚も多く展示されています。

ヒラテンジクダイ以外にはスジイシモチ、リーフバタフライフィッシュ、アケボノチョウチョウウオ、ジャックナイフフィッシュ、オビテンスモドキ、ノドグロベラなど20種類以上が展示されていました。

入り口近くにある幅広い水槽ですが、展示されている魚も魅力的でオススメの水槽です。

ヒラテンジクダイを展示している施設の一覧

ヒラテンジクダイを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所となっています。

八景島シーパラダイス しまね海洋館  

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-スミツキアトヒキテンジクダイ(Taeniamia fucata)

スミツキアトヒキテンジクダイは数百匹もの大きな群れを作ることもあるテンジクダイ科の魚で、漁獲されても食用として利用されることは少ないです。

他のテンジクダイ科の魚と比べると模様が少なく地味なためか、展示している施設は少ない種類です。

 

 

スミツキアトヒキテンジクダイについて!

スミツキアトヒキテンジクダイは体長6cm程度にまで成長するスズキ目テンジクダイ科アトヒキテンジクダイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210126003813j:plain

スミツキアトヒキテンジクダイは鰓蓋の後方に暗色や赤褐色の斑点が1つあり、吻先がやや黄色っぽく見えます。

食性は肉食で小型魚類や甲殻類等を捕食しています。

 

和名 スミツキアトヒキテンジクダイ
学名 Taeniamia fucata
英名 Sockeye salmon
スズキ目(Perciformes)
テンジクダイ科(Apogonidae)
アトヒキテンジクダイ属(Taeniamia)
分布

西部太平洋

生息環境 サンゴ礁、岩礁 

スミツキアトヒキテンジクダイは西部太平洋に生息しており、国内では主に奄美大島以南で見られるようです。

サンゴ礁や岩礁地帯に生息しており、大きな群れを作ります。

オスはメスが産卵した卵を口の中で孵化するまで保護する習性があります。

漁獲されることがありますが、食用としてはほとんど利用されていないようです。

スミツキアトヒキテンジクダイを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

スミツキアトヒキテンジクダイを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

スミツキアトヒキテンジクダイと鴨川シーワールド

鴨川シーワールドではトロピカルアイランドエリアにてスミツキアトヒキテンジクダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126003736j:plain

鴨川シーワールドでは上のようなサンゴ礁とビーチを再現したような水槽でスミツキアトヒキテンジクダイを群れで展示しています。

この水槽ではアカウミガメやトラフザメ、チョウチョウウオの仲間やスズメダイの仲間、アイゴの仲間などサンゴ礁で見られるようなカラフルな魚が多く展示されています。

レイアウトが綺麗で群れで泳ぐ魚が多いので、見応えがある水槽となっています。

スミツキアトヒキテンジクダイを展示している施設の一覧

スミツキアトヒキテンジクダイを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所となっています。

福島海洋科学館 鴨川シーワールド かごしま水族館
美ら海水族館    

展示している施設は少ない種類で、各地の規模の大きな施設で展示されています。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ネンブツダイ(Apogon semilineatus)

ネンブツダイはマウスブリーダーと呼ばれている口の中で孵化するまで卵を守る魚として知られています。

その口の中で卵を守る姿が念仏を唱えているかのように見えたためネンブツダイという名前が付けられたようです。(テンジクダイの仲間はマウスブリーダーが多いです)

 

 

ネンブツダイについて!

 ネンブツダイは体長12cm程度まで成長するテンジクダイ科テンジクダイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210126003835j:plain

 ネンブツダイは赤みがかった肌色の体色をしており、尾柄部に黒色の斑点、頭部と背側に1本づつ黒色のラインがあります。

1本は目を通っており、背側にあるラインよりも短く太いです。

また、上の写真の個体のように第一背鰭の先端は黒色になります。

 

f:id:itsuwalove777:20210126221512j:plain

上の写真はクロホシイシモチです。

同じテンジクダイ科のクロホシイシモチに似ていますが、クロホシイシモチには目の上方を通る黒色の線がないため見分けることができます。

口の中で卵を孵化させる生態のため、口の稼働域は広く、大きな口が開くようになっています。

その大きな口を使って、プランクトンや子魚、甲殻類などを貪欲に捕食します。

 

和名 ネンブツダイ
学名 Apogon semilineatus
英名 Half-lined cardinal
スズキ目(Perciformes)
ネンブツダイ科(Apogonidae)
ネンブツダイ属(Apogon)
分布

太平洋北西部

生息環境 岩礁・内湾

ネンブツダイは日本や朝鮮半島西岸などの太平洋北西部に生息しており、国内では青森以南の太平洋側、山形以南の日本海側などで見られます。

沿岸部の漁港や岩場などに群れを作って生活しており、夏場の繁殖期にはペアで行動します。

メスが産卵後、オスが口の中で卵を守り1週間くらいで孵化します。

漁港などにも多く生活しているため、釣り人に釣りあげられる事が多いですが食用として利用されることは少なく、私の地域でも多くの人はリリースしていました。

ネンブツダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ネンブツダイを展示しているJAZA加入の施設は20ヵ所です

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ネンブツダイと東海大海洋博物館

東海大海洋博物館では駿河湾の生きものエリアにてネンブツダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126003909j:plain

東海大海洋博物館での展示個体数は多くありませんが、ペアで行動している姿も見ることができました。

この水槽ではネンブツダイの他にヒメジ、タマガシラ、ヒイラギを展示しています。

東海大海洋博物館ではペンギンやアザラシなどは展示されていませんが、他の施設ではほとんど見られないような魚も多く展示されているため、魚が好きな方にはオススメの水族館です。

ネンブツダイと名古屋港水族館

名古屋港水族館では日本の海エリアにてネンブツダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126003932j:plain

名古屋港水族館では岩と海藻でレイアウトされた水槽でネンブツダイを展示しており、上の写真のようにやや暗いです。

この水槽ではネンブツダイの他にクロホシイシモチが展示されています。

ネンブツダイと志摩マリンランド

志摩マリンランドではサンゴ礁の魚エリアにてネンブツダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126003847j:plain

志摩マリンランドでは上のように数種類の小型の魚が群れを作っている水槽でネンブツダイが展示されており、水槽も明るいので非常に観察しやすいです。

この水槽ではネンブツダイの他にニシキハゼ、オキゴンベ、クロイシモチ、トラギス、ミナミハタンポ、キンメモドキ、クロホシイシモチなどが展示されています。

姿の似ているクロホシイシモチも一緒に展示されているので、比較してみてください!

ネンブツダイを展示している施設の一覧

ネンブツダイを展示しているJAZA加入の施設は20ヵ所です

登別ニクス 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
しながわ水族館 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
三津シーパラダイス 下田海中水族館 東海大海洋博物館
越前松島水族館 碧南水族館 名古屋港水族館
京都水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 しまね海洋館 海の中道水族館
ペンギン水族館 大分マリーンパレス  

JAZAで展示されている種類が多いネンブツダイ属の中でも展示施設が多い種類です。

姿の似ている種類も多いので、比較してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-オオスジイシモチ(Ostorhinchus doederleini)

オオスジイシモチは体側に4本の黒色縦帯があるスジイシモチ属の魚で、磯釣りなどの外道として釣られる事があります。

同じく釣りの外道として釣られるネンブツダイなどと比べるとやや沖合で見られるようです。

 

 

オオスジイシモチについて!

オオスジイシモチは体長10cm程度にまで成長するスズキ目テンジクダイ科スジイシモチ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210126003641j:plain

オオスジイシモチは体側に4本の黒色の縦帯があり、尾柄部には目立つ黒色の斑点があります。

他のスジイシモチ属と似ていますが、縦帯の数や二本目の黒帯が尾鰭の後端に届く事で見分けることができます。

食性は肉食で子魚や甲殻類などを捕食しています。

 

和名 オオスジイシモチ
学名 Ostorhinchus doederleini
英名 Doederlein's cardinalfish
スズキ目(Perciformes)
テンジクダイ科(Apogonidae)
スジイシモチ属(Ostorhinchus)
分布

東部インド洋~西部太平洋

 

生息環境 岩礁、サンゴ礁

オオスジイシモチは東部インド洋~西部太平洋に生息しており、国内では千葉県以南で見られます。

水深の浅い沿岸部の岩礁・サンゴ礁に生息しており、夜行性です。単独で行動することが多いです。

マウスブリーダーとして知られており、オスは口の中で卵が孵化するまで保護します。

磯釣りの外道で漁獲されることがあり、食用として利用されることもあります。

観賞魚として飼育される場合もあります。

オオスジイシモチを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オオスジイシモチを展示しているJAZA加入の施設は9ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

オオスジイシモチと新江ノ島水族館

新江ノ島水族館では出口付近にある水槽でオオスジイシモチを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210126003617j:plain

上のような水槽の中でオオスジイシモチを展示しており、展示数は多くなく岩の隙間に隠れるようにしている事が多かったです。

この水槽ではオオスジイシモチの他にクマノミ、ヒメゴンベ、ミツボシクロスズメダイ、ホンソメワケベラなどが展示されています。

オオスジイシモチを展示している施設の一覧

オオスジイシモチを展示しているJAZA加入の施設は9ヵ所です。

鴨川シーワールド しながわ水族館 八景島シーパラダイス
東海大海洋博物館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 かごしま水族館 美ら海水族館

JAZA加入の施設ではありませんが、新江ノ島水族館でも展示されているのを確認しました。(2020年11月時点) 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-シイラ(Coryphaena hippurus)

シイラは緑がかった体色をした特徴的な見た目をしている魚で、ハワイではマヒマヒと呼ばれ高級魚として扱われています。

釣りの対象魚としても人気のある魚で、ルアー釣りなどで狙われます。

世界中の温帯・熱帯記に生息しており、日本でも食用として利用されています。

 

 

シイラについて!

シイラは体長2m程度にまで成長するスズキ目シイラ科シイラ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201026035202j:plain

シイラは特徴的な青みのある銀色の体色に金色の斑点があり、陸上に上げられると緑がかった銀色の体色になります。(死後は黒ずんだ体色に変化します。)

尾鰭は大きく2又に分かれており、獲物を追って空中にジャンプすることもあります。

オスの個体は大きくなるにつれて頭部が隆起して前方に張り出します。 

 

f:id:itsuwalove777:20201026035215j:plain

シイラは外洋の表層部に群れを作って生活しており、漂流物の陰に付くことを好みます。(クジラ等の死体の陰にも付くことから「シビトクライ」などと呼ばれることもあります。)

この習性を用いて海面に浮遊物を設置し、シイラを集めて捕獲する漁業も行われています。

食性は肉食でトビウオ等の子魚、甲殻類、イカなどを捕食しています。

 

和名 シイラ
学名 Coryphaena hippurus
英名 Mahi-mahi
スズキ目(Perciformes)
シイラ科(Coryphaenidae)
シイラ属(Coryphaena)
分布

世界中の温帯・熱帯域

生息環境 外洋の表層部

シイラは世界中の温帯・熱帯域の表層部に見られます。 

温帯域に生息している個体は季節的な回遊を行うと言われています。(日本でも夏~秋には暖流に乗って北海道に北上する個体もいるようです。)

釣りの対象魚としても人気の高い魚で、漂流物に付く性質を持っている事から漂流物近くへとルアーを投げて狙います。

定置網や巻き網漁で漁獲されています。

日本でも食用として利用されていますが、安価で流通している事が多いです。

ハワイではシイラの事を「マヒマヒ」と呼んでおり、高級魚として扱われています。(マヒマヒバーガーなどが有名でしょうか?)

日本でもマヒマヒという名称で流通することがあります。

シイラを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

シイラを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

シイラと東海大海洋博物館

東海大海洋博物館では駿河湾の生きものエリアにてシイラを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201026035238j:plain

東海大海洋博物館で展示しているシイラは展示している水槽があまり大きくないこともあり、あまり大きな個体ではありません。 

上の写真のように青っぽく見える水槽の中で、ギラギラとした光沢が目立っています。

この水槽ではシイラの他にカンパチ、ドチザメ、トビエイ、ギマ、ウチワザメなどが展示されています。

シイラを展示している施設の一覧

シイラを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

東海大海洋博物館 名古屋港水族館 美ら海水族館

名古屋港水族館を訪れた際には見つけることができませんでした。(2020年10月時点)

シイラは長期飼育が難しいのか、展示施設の変動が大きい魚です。

訪れる前に調べてから訪れることをオススメ致します。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-カマツカ(Pseudogobio esocinus)

カマツカは砂底の環境に生息しているコイ目コイ科の魚で、美味しい魚とされており、食用として利用されています。

驚いたり、外敵が現れると砂に潜る習性から「スナモグリ」、「スナホリ」と呼ばれることもあります。

 

 

カマツカについて!

カマツカは体長20cm程度にまで成長するコイ目コイ科カマツカ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201208211828j:plain

カマツカは細長い体型で、体側には不規則な暗色の斑紋が複数あり、胸鰭と腹鰭が大きく発達しています。

吻が突き出た形状をしており、口ヒゲが1対あります。

体色には個体差がありますが、腹側は白色になっています。

食性は雑食で、水生昆虫や藻類を捕食しています。(砂ごと口に吸い込み、砂は鰓蓋から放出することで、砂の中に隠れている餌を捕食します。)

 

和名 カマツカ
学名 Pseudogobio esocinus
英名 Pike gudgeon
コイ目(Cypriniformes)
コイ科(Cyprinidae)
カマツカ属(Pseudogobio)
分布

日本、朝鮮半島、中国北部等

生息環境 河川

カマツカは岩手・山形以南の本州、四国、九州、中国北部、朝鮮半島に生息しています。

河川の上流~中流、湖沼の砂底の環境に生息しています。

臆病な性格をしており、外敵が現れると砂の中に潜る習性があります。(この事から「スナホリ」、「スナモグリ」などと呼ばれることもあります。)

昔から食用として利用されている魚で、天ぷらや塩焼きで調理されます。

食用として利用される他に、ユニークな生態や見た目から観賞魚として飼育されることもあります。

カマツカを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

カマツカを展示しているJAZA加入の施設は28ヵ所となっています。

展示施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

 

カマツカと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてカマツカを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201208211828j:plain

東山動物園ではカワムツと同じ水槽でカマツカを展示しており、底の方で石に付着した藻類を捕食している姿を見ることができました。

世界のメダカ館は名前の通り、世界中のメダカを集めて展示している施設ですが、メダカの仲間の他に日本淡水魚も展示されています。(ウシモツゴやアユモドキ、ミヤコタナゴなど絶滅が危惧されている日本の淡水魚も展示されています。)

カマツカを展示している水族館の一覧

カマツカを展示しているJAZA加入の施設は28ヵ所となっています。

男鹿水族館 福島海洋科学館 井の頭文化園
なかがわ水遊園 鴨川シーワールド さいたま水族館
サンシャイン水族館 葛西臨海水族園 しながわ水族館
富山ファミリーパーク いしかわ動物園 東山動物園
寺泊水族博物館 富士水族館 琵琶湖博物館
京都水族館 鳥羽水族館 大阪海遊館
須磨水族園 城崎マリンワールド 姫路水族館
徳山動物園 おさかな館 宮島水族館
熊本市動植物園 海の中道水族館 大分マリーンパレス
かごしま水族館    

カマツカを展示している施設は多いですが、生息域の関係上、東北以北の施設ではほとんど飼育されていません

展示している施設でも大きな水槽の中に他の魚と一緒に展示されている事が多く、カマツカを見つけることができない場合も多いです。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

北海道で最古の水族館 「市立室蘭水族館」の紹介!

市立室蘭水族館は北海道最古の水族館で、開館当時(1953年)は道立でしたが、1962年に室蘭市に移管されました。

今回はこの70年近い歴史を持つ小さな水族館について紹介していきます!

f:id:itsuwalove777:20201201182659j:plain

この建物は本館で、この建物をメインに生き物を展示しています。(室蘭水族館のマスコットはアブラボウズがモチー49フになっています。)

市立室蘭水族館には冬期休暇があるため注意が必要です。(HPやSNSの情報を参考にしてください。 参考:2020年10月12日~2021年4月22日まで冬期休暇)

 

 

市立室蘭水族館の基本情報

市立室蘭水族館は1953年に開館した北海道の中で最も歴史のある水族館ですが、改修されているためか、そこまで古さを感じない作りになっています。

市立室蘭水族館へのアクセスについて

市立室蘭水族館の最寄り駅はJR室蘭本線の室蘭駅ですが、歩くと一時間程度かかる位置にあります。

そのため、東室蘭駅や母恋駅、室蘭駅からバスに乗車する必要があり、「みたら・水族館前バス停」にて下車して徒歩で数分です。

乗り換えがある場合もあるので、Googleの経路案内に従うのが一番楽だと思います。

https://www.donanbus.co.jp/data/muroran/jikoku/now/muroran_jikoku_0082.pdf

上のURLは室蘭駅からの時刻表となっています。

市立室蘭水族館の割と近くに登別マリンパークニクスがあります。(登別マリンパークニクスは市立室蘭水族館とは異なり、駅から徒歩数分というアクセスが良いです。)

市立室蘭水族館の入園料について

市立室蘭水族館は規模としては小さいですが、入館料は大人で400円と非常にリーズナブルです。(アザラシ、ペンギン、魚と一通り展示されています。)

詳細な入場料金は以下の表のようになっています。(2020年12月23日時点)

大人 400円
高校生 200円
1歳~中学生 100円
(市内の方は無料)
0歳 無料

 

f:id:itsuwalove777:20201223121823j:plain

施設内にはメリーゴーランドや観覧車などの遊具もアトラクションも設置されており、乗る際には券売機で乗り物券(80~200円)を購入する必要があります。

このような遊具もあり、入園料も安いためかファミリー層が多かったです。

市立室蘭水族館とペンギン

市立室蘭水族館ではフンボルトペンギンが展示されており、私が訪れた際には若鳥も一緒に展示されていました。

f:id:itsuwalove777:20201201182758j:plain

コロナ感染症対策で私が訪れた際はイベントが中止されていましたが、平時はフンボルトペンギン達が100m を往復する姿を見ることができるようです。(近くの登別マリンパークニクスでもペンギンの行進を行っています。)

市立室蘭水族館では20羽程度のフンボルトペンギンを展示しているようです。

市立室蘭水族館と海獣

市立室蘭水族館ではゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、トドという3種の海獣を展示しています。

トドだけは離れたプールで展示されており、ゴマフアザラシとゼニガタアザラシは同じプール内で展示されていました。

アザラシは小樽水族館と同じようにオスとメスが別のプールで展示されていました。

あまり知られていませんが、市立室蘭水族館はゴマフアザラシとゼニガタアザラシの繁殖賞を受賞している施設となっています。(繁殖賞とはJAZA加入の施設のうち、最初に繁殖させ、誕生した個体が6ヵ月以上生存した場合に与えられる賞です。)

 

f:id:itsuwalove777:20201223140613j:plain

ゼニガタアザラシとゴマフアザラシは同じプール内で展示されていますが、模様が違うので外見で簡単に見分けることができます。

 

f:id:itsuwalove777:20201223140520j:plain
f:id:itsuwalove777:20201223140538j:plain

上のように銭型の模様があるのがゼニガタアザラシです。

ゼニガタアザラシは日本沿岸に定住している唯一のアザラシです。

 

f:id:itsuwalove777:20201223140632j:plain

こちらの黒色の斑点があるのがゴマフアザラシです。

市立室蘭水族館ではゼニガタアザラシの方が多く展示されています。(2020年9月に訪れた際はゴマフアザラシ3匹、ゼニガタアザラシ6匹展示されていました。)

 

f:id:itsuwalove777:20201223140120j:plain

オスが展示されているプールの方にはガラス面で泳ぐ姿を見ることができる場所があります。

 

アザラシが展示されているのは入り口近くの目立つ場所ですが、それよりも分かりにくい場所でトドは展示されています。

f:id:itsuwalove777:20201223141824j:plain

アザラシプールと比べると頑丈に囲まれており、観察しにくい作りとなっています。

f:id:itsuwalove777:20201223141856j:plain

プールも濁っており、水中を泳ぐ姿は観察しにくいので、定期的に呼吸に上がる時が観察のチャンスです。

私が訪れた際は小樽水族館からやってきた、モグちゃんという2歳の個体が展示されており、それまで展示されていた個体は小樽水族館へ移動したようです。

私が訪れた際はコロナでショーは全て中止になっていましたが、トドのショーの練習やアザラシへの餌やりなどが行えるイベントがあるようです。

市立室蘭水族館と本館

市立室蘭水族館の本館は魚が展示されている建物で、市立室蘭水族館のメインの展示施設となっています。

市立室蘭水族館では、壁に大きな水槽が並べて埋め込んであるような開館当時には一般的だった手法で水槽が設置されています。(市立室蘭水族館以外では東海大海洋博物館の一部展示エリアと似たような展示です。)

f:id:itsuwalove777:20210124035248j:plain

小さな水槽が並んでいるのも良いですが、大きな水槽が横に並んでいるのダイナミックで迫力があります。

本館は1Fと2Fに分かれているため、それぞれに分けて紹介していきます。

本館内の1F部分

1F部分がメインの展示エリアとなっており、海水魚が展示されています。

市立室蘭水族館は他の多くの施設で展示されているようなクマノミやチョウチョウウオなどサンゴ礁で見られるカラフルな魚を展示しておらず、北海道周辺で見られるような魚が多く展示されています。(南方の魚も少ないですが、展示されています。)

 

そんな室蘭水族館の本館内で展示から、オススメの展示を紹介していきます。

 

f:id:itsuwalove777:20201201184518j:plain

上の写真の水槽は本館の1F内では最も南方感のある水槽で、大きなグリーンモレイやウツボ、トラウツボ、クエ、ドチザメなどが展示されています。

f:id:itsuwalove777:20201201184456j:plain

上の写真はグリーンモレイという緑色の体色が特徴のウツボです。

グリーンモレイは展示している施設が少なく、市立室蘭水族館の他では東京都のしながわ水族館でしか展示されていません。

大きな体で非常に良く目立つので是非観察してみてください!

 

f:id:itsuwalove777:20201201184316j:plain

市立室蘭水族館のシンボルであるアブラボウズも複数展示されています。

アブラボウズは水深1,000m以上の深海にも生息している魚で、脂分が多く含まれている事が名前の由来となっています。

アブラボウズを日本で初めて飼育に成功したのが市立室蘭水族館となっています。

アブラボウズを展示している施設は登別マリンパークニクス、鴨川シーワールド、名古屋港水族館などがありますが、複数展示している施設はほとんどありません。

 

f:id:itsuwalove777:20210124142809j:plain

上の水槽ではロックフィッシュと呼ばれるメバル科の魚を多く展示しており、クロソイ、エゾメバル、オウゴンムラソイ、アイナメなどが展示されています。

この中でもクロソイは室蘭市の市の魚にも指定されています。

f:id:itsuwalove777:20201201184436j:plain

また、オウゴンムラソイは体側に黄金色の模様があるのが特徴の非常に綺麗な見た目をしているソイの仲間で、おそらく市立室蘭水族館でのみ展示されています。

 

f:id:itsuwalove777:20210124181339j:plain

展示されている水槽の多くが上のように北海道周辺に生息している生き物を展示している水槽となっています。

上のようにオオズワイガニと呼ばれるカニが団子状になっているのを見ることができました。(ズワイガニにしては大型種に成長することが名前の由来ですが、脚が細長いからかあまり大きく感じません。甲羅長が15cm程度にまで成長)

 

f:id:itsuwalove777:20210125213720j:plain

食用のカニとしてはズワイガニと並んで知名度が高いカニですが、展示している水族館は少ないです。

私が訪れた際はお食事中でした…

 

f:id:itsuwalove777:20210124184505j:plain

館内で最も大きいであろう魚は上のダウリアチョウザメというアムール川流域を中心にオホーツク海や日本海などでも見られるチョウザメの仲間です。

チョウザメの中でも怖い顔をしている種類で、同じく道内の登別マリンパークや小樽水族館でも展示されています。

 

f:id:itsuwalove777:20201201183711j:plain
f:id:itsuwalove777:20201201183204j:plain

 

紹介した水槽以外にも魅力的な生き物が展示されている水槽が並んでおり、北海道周辺の生きものの展示は豊富で、他ではあまり見られない種類も多いです。

 

市立室蘭水族館では展示種類は少ないですが、クラゲも展示されています。

f:id:itsuwalove777:20201201183818j:plain

上の写真のシンカイウリクラゲというクラゲの仲間で、一般的なヒラヒラとした触手を持つクラゲとは違い、瓜型の形状をしたクラゲの仲間です。

泳ぐ際に表面の櫛板を動かして泳ぎますが、櫛板が周囲の光を反射する事で上のように光っているようにも見えます。

元気な個体が展示されており、櫛板が反射する様子も見ることができるので、訪れた際は是非泳ぐ姿を観察してみてください。

 

f:id:itsuwalove777:20201201183602j:plain
f:id:itsuwalove777:20201201183545j:plain
f:id:itsuwalove777:20201201183620j:plain

上のクラゲはヤナギクラゲという長い触腕と触手を持つクラゲの仲間で、ヤナギクラゲの仲間は大きく成長し、触手・触腕が長く、流行りのライトアップでの展示とも相性が良いのでクラゲに力を入れている水槽でも多く展示されています。

上のように時間によってライトの色が変わる水槽でヤナギクラゲを展示しており、様々な色をしたヤナギクラゲを見ることができます。

 

f:id:itsuwalove777:20201201183753j:plain

上のクラゲはタコクラゲという種類で、丸い傘と傘にある水玉模様が特徴のクラゲです。

今回紹介したクラゲ以外にもミズクラゲという多くの水族館で見られる一般的なクラゲも展示されています。

 

2F部分は1Fに比べると展示スペースは小さく、淡水魚を展示している水槽が10個程度設置されています。

f:id:itsuwalove777:20210124035320j:plain

上のように壁に埋め込まれた小型の水槽の中で淡水魚(熱帯魚)を展示しています。

展示されているのはプロトプテルス・ドロイ、セルフィン・プレコ、スポッテッド・ガーなど中型の淡水魚が多いです。

 

f:id:itsuwalove777:20210125215230j:plain

2Fに展示されている多くの水槽が上のように何かしらの色で薄くライトアップされていました。

 

f:id:itsuwalove777:20210124035331j:plain

淡水魚の他にはクジラの仲間に関する資料が展示されています。

北海道とクジラの歴史に関する資料や捕鯨に関する資料もあります。(近年のクジラの情報も掲示されています。)

写真や骨格標本などを交えて分かりやすく掲示されているので、興味がある方は是非訪れて見てください。

その他の展示について!

本館とアザラシ・トド、ペンギンがメインの展示ですが、それ以外にも生きものを展示している場所があるので紹介します。

 

f:id:itsuwalove777:20210125215556j:plain

上のようにコイを展示しているプールがあり、餌を与える事もできます。(有料だった気がします。)

 

f:id:itsuwalove777:20210124035610j:plain

上の写真は2019年に新しく作られたビオトープで、エゾサンショウウオ、エゾアカガエル、イバラトヨミ、ザリガニなどがいるようです。

私が訪れた際は草が生い茂っていたため、見つけることができませんでした…

 

この他にもタッチプールやドクターフィッシュ体験もありますが、私が訪れた際は感染症対策のため中止されていました。

市立室蘭水族館のおまけ情報

市立室蘭水族館は茨城県にある大洗水族館と姉妹提携を結んでおり、大洗水族館には市立室蘭水族館から輸送された北海道の魚を展示した水槽があります。

f:id:itsuwalove777:20210125231947j:plain

市立室蘭水族館との連携によって実現した水槽です。(ホッケやケムシカジカ、スケトウダラなどが展示されています。)

室蘭から大洗水族館までどのように魚を輸送したのか、パネルで説明されているので、興味がある方は大洗水族館を訪れた際に確認してみてください。

関東では展示している施設も少ない北海道の魚達を展示している水槽となっており、北海道には行けないけど北海道の魚の魚を見たい場合にはオススメです!

 

f:id:itsuwalove777:20210125233320j:plain

大洗水族館はサメの展示で有名な水族館で、サメの飼育種類数は国内で最も多い水族館です。

施設自体が大きいので、サメ以外の展示も充実しています。

 

f:id:itsuwalove777:20210124035526j:plain

市立室蘭水族館はクジラの解体処理場跡地に建設されており、捕鯨に使われていた捕鯨砲も見ることができます。

大正時代には捕鯨が活発に行われており、その際の資料やクジラに関する資料も展示されています。

 

f:id:itsuwalove777:20210125231008j:plain
f:id:itsuwalove777:20210124035545j:plain

館内にも模型や骨格標本、壁にもクジラの絵が描かれていたりとクジラとの関わりが強い水族館です。

 

市立室蘭水族館は規模としては小さい水族館ですが、ミニ遊園地が併設されており、ミニ水族館やタッチプール、餌やり体験などお子様連れの方にも非常にオススメの水族館となっています。(そして入場料もリーズナブルです!)

他の施設ではあまり見られないような生き物も展示されているので、興味がある方は是非訪れてみてください。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

鳥図鑑-アデリーペンギン(Oncorhynchus nerka)

アデリーペンギンは頭部が真っ黒な特徴的な見た目をしているペンギンで、南極で繁殖する2種類のうちの1種です。(もう1種はコウテイペンギン)

アデリーペンギンを展示している施設は少なく、4施設でのみ展示されています。

 

 

アデリーペンギンについて!

アデリーペンギンは体長70cm程度にまで成長するペンギン目ペンギン科アデリーペンギン属のペンギンです。

f:id:itsuwalove777:20210123205059j:plain

アデリーペンギンは頭部が真っ黒な特徴的な見た目をしており、目の周りは白色で囲まれています。

足はピンク色、嘴は太短く見えますが、毛に覆われている部分が多いためです。(南極の寒さに耐えるために毛に覆われていない部分を少なくした結果だと考えられています。)

 

f:id:itsuwalove777:20210123205115j:plain

種小名は南極大陸に上陸したフランス人探検家のデュモン・デュエルの妻の名前が由来となっています。(彼が上陸した半島はアデリーランドと名付けられています。相当な愛妻家だったのでしょうか?)

食性は肉食でナンキョクオキアミや小型魚類を捕食しています。(オキアミ等の甲殻類の割合が高いようです。)

 

和名 アデリーペンギン
学名 Pygoscelis adeliae
英名 Adelie penguin
ペンギン目(Sphenisciformes)
ペンギン科(Spheniscidae)
アデリーペンギン属( Pygoscelis)
分布

南極大陸周辺

生息環境 河川、外洋

アデリーペンギンは南極大陸周辺に生息しています。

南極大陸周辺の島々でも繁殖を行いますが、南極大陸でも繁殖を行います。(南極大陸で繁殖を行うのはアデリーペンギンとコウテイペンギンのみです。)

産卵した卵をオスが抱卵してメスは海へ餌を採りに行きます。途中でオスとメスが1度抱卵の役割を入れ替わり、卵は35日程度で孵化します。

孵化後1ヵ月程度は親から餌を貰い、その後は雛の集団「クレイシュ」を形成し、オスもメスも餌を採りに行きます。

アデリーペンギンを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アデリーペンギンを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

アデリーペンギンと名古屋港水族館

名古屋港水族館では「南極の海」エリアにてアデリーペンギンを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210123205130j:plain

北極をイメージしたレイアウトの水槽の中でアデリーペンギンを展示しており、上のようにアデリーペンギンで集まっているかのようにも見えました。

この水槽ではコウテイペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギンの4種類のペンギンが展示されています。(館内の別エリアにはケープペンギンも展示されています。)

ここで展示されているコウテイペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギンは展示施設が少ない種類なので、訪れた際は是非観察してみてください。

アデリーペンギンを展示している施設の一覧

アデリーペンギンを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

八景島シーパラダイス 名古屋港水族館 アドベンチャーワールド
大阪海遊館    

アデリーペンギンを展示している施設は少なく、関東~大阪の間に展示施設が固まっています。

他のアデリーペンギン属のペンギンはヒゲペンギン、ジェンツーペンギンがいますが、ヒゲペンギンはアデリーペンギンよりも少ない3施設でのみ展示されています。(ジェンツーペンギンは割と多くの施設で展示されています。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

鳥図鑑-コウテイペンギン(Aptenodytes forsteri)

コウテイペンギンは南極周辺に生息しているペンギン目の最大種で、1m以上に成長します。

展示している施設は日本国内では「名古屋港水族館」と「アドベンチャーワールド」の2施設のみとなっています。

 

 

コウテイペンギンについて!

コウテイペンギンは体長1.3m程度にまで成長するペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属のペンギンで、ペンギン目の中で最大種となります。

f:id:itsuwalove777:20210114154137j:plain

コウテイペンギンはオウサマペンギンに似た外見をしていますが、頭部~胸部の黄色の部分がやや橙色になる事、オウサマペンギンよりも大きくなることなどで判別することができます。

 

f:id:itsuwalove777:20210114154223j:plain

コウテイペンギンは泳ぎも得意で、確認されているもので500m以上も潜水した記録もあります。

通常は2分~4分ほどの潜水ですが、長い時には10分以上も潜ることがあります。

食性は肉食で魚類が主食で、その他にナンキョクオキアミや軟体動物を捕食しています。

 

和名 コウテイペンギン
学名 Aptenodytes forsteri
英名 Emperor penguin
ペンギン目(Sphenisciformes)
ペンギン科(Spheniscidae)
オウサマペンギン属(Aptenodytes)
分布

南極圏

生息環境 氷上、海洋

コウテイペンギンは南極圏に生息しており、主に南極大陸沿岸部で繁殖を行います。 

ケープペンギン属に分類される種類など、前年に組んだペアで繁殖を行う場合が多い種類もいますが、コウテイペンギンは基本的には毎年違う相手と繁殖を行います。 

コウテイペンギンは海岸から50km以上離れた場所で繁殖を行い、卵を1つだけ産卵します。

南極の海で大きく成長する雛の世話をするのは過酷で、オスは地吹雪が吹き荒れる環境の中で65日間も身を寄せ合って抱卵を行います。

この間は餌を食べる事ができず、繁殖地に移動する時間も合わせると約4ヵ月も絶食状態になります。

卵から孵化した際にメスがいる場合はメスが餌を与えますが、メスが戻っていない場合はオスが食道からペンギンミルクと呼ばれることもある物質を雛に与えます。

オスはメスが戻ってきてから海へと餌を獲りにいきますが、その道中で力尽きてしまうオスも少なくありません。

以後はオスとメスが順番で餌を与える事で雛を成長させ、雛はクレイシュと呼ばれる雛の集団を作り生活します。

コウテイペンギンを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コウテイペンギンを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

コウテイペンギンと名古屋港水族館

名古屋港水族館では「南極の海」にてコウテイペンギンを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210114154149j:plain

南極の氷を再現したような展示レイアウトとなっており、水槽が幅広いので泳いでいる姿を見ることができます。

コウテイペンギンの展示数は一緒に展示されている他の種類と比べると多くありませんが、体が大きいので他のペンギン達に囲まれていても目立っています。

この水槽ではコウテイペンギン、アデリーペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギンを展示しています。(ケープペンギンを別の展示エリアで展示しています。)

コウテイペンギンを展示している施設の一覧

コウテイペンギンを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

名古屋港水族館 アドベンチャーワールド  

コウテイペンギンを展示している施設は少なく、国内で展示されているペンギンの中では最も展示施設が少ない種類です。(2番目はヒゲペンギンで3ヵ所、3番目はフェアリーペンギンで4ヵ所)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

水族館魚図鑑-ブラウントラウト(Salmo trutta)

ブラウントラウトはヨーロッパやアジア原産のサケの仲間で、日本国内にも持ち込まれており、定着している河川も多くあります。

他のサケ類の生息域に侵入し、奪ってしまう事から「世界の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれています。

ブラウントラウトの降海型はシートラウトと呼ばれています。

 

 

ブラウントラウトについて!

ブラウントラウトは体長1m以上に成長するサケ目サケ科サケ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201102150236j:plain

ブラウントラウトは茶色の体色に、黒色の斑点が背側~側線のやや下方までに散在しています。

個体によっては側線付近に橙色の斑点がある場合もありますが、大型の個体では消失しているものもいます。

 

f:id:itsuwalove777:20201102150118j:plain

上の写真は10cm程度の小さな個体で、側線に沿うように橙色の斑点があるのが分かります。

食性は肉食で昆虫や両生類、甲殻類、魚類などを捕食しています。

 

和名 ブラウントラウト
学名 Salmo trutta
英名 Brown trout
サケ目(Salmoniformes)
サケ科(Salmonidae)
サケ属(Salmo)
分布

ヨーロッパ~アジア

生息環境 河川、湖

ブラウントラウトはヨーロッパ~アジア原産の魚ですが、北米、オーストラリア、ニュージーランド、日本などに持ち込まれています。

日本にはアメリカからカワマスに混ざって入ってきたと言われています。

他のサケ類の稚魚を積極的に捕食する事から既存の生態系に悪影響を与える魚だと言われており、「世界の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれています。

国内でも地域によっては放流が禁止されています。

他のサケの仲間と比べると高温に耐性があり、海に降りて他の水系へと遡上することによる生息域の拡大が懸念されています。

ブラウントラウトは河川に残る河川型、湖に降りる降湖型、海へと降りる降海型の3種類に分かれ、降海型はシートラウトと呼ばれています。

管理釣り場では定番の種類で、日本国内でも養殖場があります。

食用として利用されており、刺身や燻製、塩焼きなどで食べられています。

ブラウントラウトを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ブラウントラウトを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ブラウントラウトと千歳水族館

千歳水族館では千歳川ロードとサーモンゾーンにてブラウントラウトを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210115161053j:plain

入館して最初のエリアであるサーモンゾーンの巨大の水槽の中で大型のブラウントラウトが展示されています。

この水槽ではブラウントラウトの他にサクラマス、マスノスケ、ギンザケ、イトウなどのサケ類やシロチョウザメ、ベステル、ロシアチョウザメ、バイカルチョウザメ、アムールチョウザメが展示されています。

 

f:id:itsuwalove777:20201102150337j:plain

千歳川ロードでは上の写真のように小さな個体が展示されており、水槽内に1匹だけ展示されていました。

この水槽ではブラウントラウトの他にフクドジョウ、シマウキゴリ、ウキゴリ、イトヨなどが展示されています。

 

f:id:itsuwalove777:20201102150301j:plain

最後は千歳水族館の水中観察ゾーンで、千歳水族館の横を流れる千歳川の中を覗くことができる展示となっています。

私が訪れた際はその窓からブラウントラウトを見ることができました。

濁った水の中で明るい橙色の斑点が非常に綺麗でした!

ブラウントラウトを展示している施設の一覧

ブラウントラウトを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

千歳水族館 なかがわ水遊園 富士水族館

管理釣り場などでは一般的な魚ですが、展示している施設は少ないです。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。