三重県 伊勢シーパラダイス

伊勢シーパラダイスの洞窟水槽エリアの紹介! 淡水魚がメインの展示エリア

今回紹介する伊勢シーパラダイスの洞窟水槽エリアは伊勢シーパラダイスに入館して最初にある展示エリアで、淡水魚の展示がメインとなっています。

洞窟水槽という名前の通り、展示エリア全体が洞窟のようにやや薄暗いエリアです。(エリア全体が暗いため、水槽のライトが映えすいという利点もあります。)


洞窟水槽エリアについて

洞窟水槽エリアは入館して最初にある展示エリアで、エリア内はかなり暗いですが、その分水槽のライトが明るく観察しやすいような作りになっています。

エリア内に設置されている水槽のほとんどで淡水魚が展示されており、大型の種類や熱帯魚として家庭で飼育される事もある小型種まで幅広い魚が展示されています。

珍しい種類や見所も多いので紹介していきます。

洞窟に入ってすぐに大型の淡水魚水槽が設置されており、オスカー(アストロノータス)、コロソマ、フラミンゴシクリッドの3種類が展示されています。(ブラックコロソマとレッドコロソマが展示されているようです)

展示種類数は少ないものの上の写真のように多くの個体が展示されています。

この水槽で一番のオススメはオスカーという種類で、観賞魚用に品種改良された品種も多く存在する種類です。

個体によって模様に差があり、観賞魚として世界中で人気の高い魚です。

個体ごとに模様が異なるので、お気に入りの個体を探してみても面白いかもしれません。

洞窟の中盤付近では上の写真のように手前側の堀のような水槽と奥側の壁に埋め込まれている水槽が並んでいるようなレイアウトで展示されています。

ここでは大型の種類や綺麗な種類など見応えのある魚が展示されています。

先ほど紹介した展示の向かい側では上のように壁に小さな水槽が埋め込まれている展示が並んでいます。

こちらは水槽が小さいため、展示されている生物は小型種が中心です。

この展示では色をテーマにしており、テーマの色の見た目をした魚が展示されています。

色がテーマとなっている展示で、カラフルな種類が多いので見ていて楽しい展示となっています。

洞窟を抜けた後にはペンギンやコツメカワウソが展示されているエリアに出ます。

ペンギンは上の左側の写真のアーチを潜った場所で生息地を再現した展示場で展示されており、展示場が人が歩く道を中心に左右で区切られており、フンボルトペンギンとケープペンギンが展示されています。

個人的にはケープペンギンの方がカッコイイ見た目をしていて好みです。(2種を簡単に見分ける方法は嘴の根本付近で、フンボルトペンギンはピンク色をしている部分があります。)

洞窟水槽エリアの海水魚について

洞窟水槽エリアは淡水魚がメインで展示されており、海水魚が展示されている水槽はほとんどありません。

上の写真は入館してすぐに設置されている、エリア内で数少ない海水魚が展示されている水槽で、アカマツカサ、イヌザメ、サラサハタ、ヒメフエダイ、マダイ、ヨスジフエダイが展示されていました。

水槽の隣では恋おみくじが設置されており、結構人気があるようでした。

特別珍しい種類は展示されていませんが、センネンダイは赤みを帯びた綺麗な個体で、水族館好きな方にはオススメです。

センネンダイは小型の個体は白色の体色に黒色の3本の模様を持っていますが、成長するにつれて赤みを帯びており、更に老成すると赤一色の見た目になります。

上のように赤みを帯びた個体を展示している水族館は少ないので、是非観察してみてください。

上の写真はヨスジフエダイという種類でほとんどの水族館で展示されているようなポピュラーな種類ですが、綺麗な水槽とライトの色と相性が良いのか黄色の体色に稲妻が走っているような模様が非常に綺麗に見えました。

エリア内の終盤付近ではチョウザメも展示されています。(展示されている個体はかなり小型でした。)

チョウザメは淡水魚として定義される事が多いですが、この見出しの部分がさみしいので今回は海水魚のコーナーで紹介しています。

展示されているのはベステルという品種で、オオチョウザメとコチョウザメを配合して作出されており、世界中で多く養殖されている品種です。

洞窟水槽エリアの淡水魚について

洞窟水槽エリアで展示されている淡水魚について、オススメの種類を紹介していきます。

上の左側の写真は堀の水槽にパロットファイヤーが展示されており、上の水槽ではシルバーアロワナ、ノーザンバラムンディが展示されている水槽、ディスカスが展示されている水槽などが設置されています。

この中でもオススメしたのがノーザンバラムンディで、太く短い体型をしており、アロワナの中でも硬い鱗を持っています。(硬い鱗のせいで柔軟性がありません。)

金属光沢のある綺麗な種類で、展示している水族館も少ないので訪れた際は是非観察してみてください。

掘型の水槽で展示されているパロットファイヤーは大きな金魚にも見える外見をしており、おちょぼ口がチャーミーな魚です。 タイミングが良いと口をくっ付けてキスをしている姿を見ることができます。(キスは求愛行動ではなく、縄張り争いです。)

上の写真はヒレナガニシキゴイという品種のコイで、名前の通りヒラヒラとした鰭が特徴の品種です。

白色の体色とヒラヒラとした鰭がドレスを着ているような優雅さを感じる魚で、ライトに照らされてに非常に良く映える魚です!

少し見にくいですが、上の写真はレッドテールキャットという南米に生息している大型のナマズの仲間で、このエリアで展示されている生物の中でもトップクラスの大型生物です。

堀型の水槽で泳いでいる姿を見ることができ、大型の種類ですが長いヒゲがチョコチョコと動く可愛らしい面もある種類です。


今回紹介した生物以外にも多くの種類が展示されており、ワニガメ、ピラニア・ナッテリー、オーストラリアハイギョなど存在感のある静物も見ることができました。

入館して最初にある展示エリアですが、魅力的な種類が多く展示されており、見応えのある展示エリアとなっています。


ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-三重県, 伊勢シーパラダイス