動物図鑑 動物図鑑-食肉目

動物図鑑-ジャングルキャット(Felis chaus)

ジャングルキャットは中東~東南アジアに分布しているネコ科の動物で、日本では東山動物園でのみ飼育されています。 

 

 

ジャングルキャットについて!

ジャングルキャットは体長50~75cm程度にまで成長するネコ目ネコ科ネコ属の動物です。

f:id:itsuwalove777:20210519133034j:plain

ジャングルキャットは茶褐色や灰褐色、赤褐色など様々な体色をした個体が存在します。

体には明瞭な斑点がなく、単一色です。(個体によっては不明瞭な斑点があるものもいます。)

尻尾の先端は黒色で、耳は長い三角形をしています。 

 

f:id:itsuwalove777:20210519133000j:plain

獲物を見つけると忍び足で追跡し、加速するか跳躍して獲物に飛び掛かります。

食性は肉食で小型の哺乳類や哺乳類、鳥類等を捕食しています。(齧歯類を主食としています。)

泳ぎも得意で、水中に飛び込んで魚を捕える事もあるようです。

 

和名 ジャングルキャット
学名 Felis chaus
英名 Jungle Cat
ネコ目(Carnivora)
ネコ科(Felidae)
ネコ属(Felis)
分布

インド、イラク、イラン、アフガニスタン

タイ、ベトナムなど

生息環境 森林、サバンナ

ジャングルキャットはインド、イラク、イラン、アフガニスタン、タイ、ベトナムなど中東、インド、東南アジアなどに分布しています。

森林やサバンナ、低木、湖や沼近くにある草原などに生息しています。

繁殖期と親子を除いては単独で行動します。

妊娠期間は約2ヵ月で、1度に1~5頭(通常は2~3頭)を出産します。

授乳期間は3ヵ月程度で、生後半年くらいから狩りの練習をし、生後8~9ヵ月で母親から独立します。

生息環境の開発によって生息数は減少していますが、分布域が広く絶滅のおそれは低いと考えられています。

ジャングルキャットを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ジャングルキャットを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。(JAZAでの記載なし)

ジャングルキャットと東山動物園

東山動物園では食肉小獣舎にてジャングルキャットを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210519133034j:plain

東山動物園では3頭のジャングルキャットを展示しています。

2020年4月に3頭を出産しましたが、2021年6月時点では1頭が大きく成長しているようです。

日本で唯一ジャングルキャットを飼育している施設ですので、訪れた際は是非観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-動物図鑑, 動物図鑑-食肉目