水族館魚図鑑-ナベカ(Omobranchus elegans)

ナベカは沿岸部の岩場などに生息しており、タイドプールでも見かける魚です。

小さいため食用としては利用されませんが、綺麗な見た目から観賞魚として流通することがあります。

 

 

ナベカについて!

ナベカは10cm程度に成長するスズキ目イソギンポ科ナベカ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200613124832j:plain

全体的に黄色っぽい見た目をしており、上半身には黒の横縞模様、下半身は小さい黒い斑点が無数にあります。

 

f:id:itsuwalove777:20200613124858j:plain

ヘビのような細長い体型をしており、牡蠣の殻の中や岩の隙間に潜んでいます。

オスは成熟すると頭部が大きく盛り上がるようです。

春にオオヘビガイの殻や岩の隙間に産卵し、オスは卵が孵化するまで守るようです。

岩場に隠れており、餌が目の前に来るとパクリと食いつきます。

 

和名 ナベカ
学名 Omobranchus elegans
英名 Elegant blenny
スズキ目(Perciformes)
イソギンポ科(Blenniidae)
ナベカ属(Omobranchus)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁

国内では、北海道南部から九州南部で見られ琉球列島では見られません

岩場や内湾に生息しており、タイドプールでも見られます。

綺麗な見た目から観賞魚として流通することがありますが、見た目に似合わず高温は苦手なようです。

ナベカは英名で「Elegant blenny 」と呼ばれており、直訳するとエレガントなギンポ 見た目が美しいことが由来となっています。(ギンポの仲間はナベカ以外にも綺麗な種類はいます。)

ナベカを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ナベカを展示しているJAZA加入の施設は18ヶ所となっています。

男鹿水族館 福島海洋科学館 足立区生物園
大洗水族館 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
葛西臨海水族園 しながわ水族館 すみだ水族館
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 上越水族博物館
寺泊水族博物館 碧南水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 NIFREL 姫路水族館
しまね海洋館 宮島水族館 海の中道水族館

 

ナベカと大洗水族館

大洗水族館では大洗の生物にてナベカを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200613124846j:plain

大洗水族館では小さなプラケースの水槽に隔離されて展示されています。

岩陰から顔を覗かせている小さなナベカの姿を観察することができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。