水族館魚図鑑-オールドワイフ(Enoplosus armatus)

オールドワイフはオーストラリア固有種の魚で、沿岸の岩礁地帯や入り江などに生息しています。

現地では食用として利用されており、美味な魚のようです。

 

 

オールドワイフについて!

オールドワイフは25cmまで成長するスズキ目エノプロスス科の魚です。

エノプロスス科は本種のみになります。

f:id:itsuwalove777:20200614122038j:plain

オールドワイフは白色の体に黒の横帯が数本入っています。

目が綺麗で縁が金色になっています。

上の画像はまだ小さい個体で、尾鰭が小さいです。

 

f:id:itsuwalove777:20200614122145j:plain

大きくなると上の画像のようになります。

2匹の魚が重なっているのではなく、これが1匹のオールドワイフです。

背鰭が2つ大きく出ており、胴長に見えるので2匹重なって見えます。 

 

和名 オールドワイフ
学名 Enoplosus armatus
英名 Old wife
スズキ目(Perciformes)
エノプロスス科(Enoplosidae)
エノプロスス属(Enoplosus)
分布

オーストラリア南西部

生息環境 岩礁

オールドワイフはオーストラリアの南西部に生息しており、岩礁地帯などで見られます。

オールドワイフはエビやゴカイなどを食べ、基本的には単独又はペアで行動しますが、時には数百匹もの大群を作ることもあるようです。

食用として利用される他に、観賞魚としても利用されますが背鰭に毒を持っているので注意が必要です。

オールドワイフは英名の「Old wife 」をそのまま読んだだけです。

Old wife は古い妻ではなく、老婆という意味で 老婆が歯をすり合わせるようにオールドワイフがギシギシと鳴くのが由来のようです。

オールドワイフを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オールドワイフを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所のみとなっています。

葛西臨海水族園 しながわ水族館

葛西臨海水族園もしながわ水族館も都内の水族館になります。 

オールドワイフと葛西臨海水族館

葛西臨海水族園ではオーストラリア南部水槽にてオールドワイフを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200614122247j:plain

葛西臨海水族園に展示されているオールドワイフは しながわ水族館で展示されている個体よりも大きく、オールドワイフの変わった体型を見ることができます。

オールドワイフをじっと見ていると魚が2匹重なっているような錯覚に陥ってくるので、是非観察してみてください。

オーストラリア南部水槽には他の水族館では見られないような珍しい魚を展示しているので、是非見ておきたい水槽です。

 

オールドワイフと しながわ水族館

しながわ水族館ではタスマン海の生物たちという水槽にてオールドワイフを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200614122118j:plain

しながわ水族館で展示されている個体は葛西臨海水族園よりも小さめの個体もいるので、大きな個体と見比べることもできます。

オールドワイフは目が非常に綺麗な魚なので観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。