おたる水族館 北海道

おたる水族館の南の魚たちエリアの紹介!

今回紹介するのはおたる水族館の本館内にある「南の魚たち」エリアです。 このエリアは名前の通りサンゴ礁で見られるような魚から、食卓に並ぶような大衆魚まで幅広く展示しています。

南の魚たちエリアの水槽について

南の魚たちエリアで展示されている魚は南国でも見られるような派手な見た目をしている魚が多く、おたる水族館の本館内でも派手な水槽が並んでいるエリアです。
このエリアにある水槽からいくつかピックアップして紹介します。

最初に紹介するのは、ウツボの仲間が展示されている水槽です。 水槽の中には多くの土管や穴の開いた岩があり、穴から顔や尻尾を出すウツボ達を見ることができる水槽です。

この水槽で展示されている種類は

ウツボ、サビウツボ、ヘリシロウツボ、ニセゴイシウツボ、モヨウモンガラドオシ、マツカサウオ、ミノカサゴ、ゴンズイ、イセエビ

です。

同じ水槽の中で多くの種類のウツボが展示されており、他の水族館ではあまり展示されていないような珍しい種類も見ることができます。

そして、あまり知られていませんがウツボとイセエビは共生関係にあり、イセエビは天敵であるタコから身を守る事ができ、ウツボは好物のタコがイセエビを狙って近づいてくるとお互いにとって利益があります。


続いて紹介するのは上のようにカラフルなレイアウトがされている水槽で、この水槽では温帯に生息している小型の魚を飼育しています。 他の水族館でも展示される事が多い人気の高い種類が展示されています。

左側の写真はチンアナゴとニシキアナゴで、水槽手前の砂から顔を出している姿を見ることができます。 右側の写真はヘコアユという下を向いて泳ぐ変わった魚です。

紹介した2種類の他にも綺麗な魚が多く展示されており、群れを作って泳ぐ種類も多く見ていて飽きない水槽となっています。

続いて紹介するのは上のようにスッキリとしたレイアウトの水槽で、ナポレオンフィッシュという呼び名で知られるメガネモチノウオ、ホンソメワケベラ、タカサゴ、ユメウメイロ、ウメイロモドキ、クマザサハナムロが展示されています。

水槽の中で最も大型なメガネモチノウオに目が行きがちですが、タカサゴ科の種類が4種類も展示されている水槽です。 タカサゴの仲間は興奮すると体が赤くなる習性があるため、赤っぽい見た目をしたタカサゴの仲間を見ることができるかもしれません。(餌を食べる時などは赤くなることが多いです。)

ナポレオンフィッシュと呼ばれるメガネモチノウオですが、成魚の頭部にあるコブがナポレオンのペレー帽に似ている事が名前の由来となっています。


続いて紹介するのは南の海に生息する派手な見た目をした中型魚を展示している水槽です。

この水槽では

メガネモチノウオ、サラサハタ、ユカタハタ、ナンヨウハギ、ヘラヤガラ、ミヤコテングハギ、アカマツカサ、

が展示されていました。

左側の写真はユカタハタというハタの仲間で、薄い紅色の体色に青色の綺麗な斑点のあるハタです。 知名度は高くないですが、とても綺麗なハタなので是非探してみてください。 右側の写真はヘラヤガラという魚で、細長い身体と細長い吻を持つ変わった魚です。 ヘラヤガラは高級食材として扱われており、高級料亭などで扱われます。


紹介していない水槽もいくつかあり、どれも魅力的な生物が展示されています。 派手な見た目やユニークな体型をした魚が多く、見ても楽しめる展示エリアとなっています。

淡水魚水槽(ピラルク水槽)

おたる水族館では大きなピラルクを多数展示しているピラルク水槽も設置されています。 海の魚ではありませんが、世界最大の淡水魚と言われる事もあるピラルクを間近で見る事ができるオススメの展示となっています。

上のようなグリーンウォーター?な水槽の中で複数のピラルクを飼育しており、ピラルクの他にオキシドラス、コロソマ、マダラロリカリアが展示されています。

水槽の側面には物差しのように大きさがメモリで印字されており、魚の大きさを知ることができます。

どの種類も南米のアマゾン川で見られる種類で、観賞魚と飼育される事もあります。

水槽のメインの展示種類であるピラルクは展示されている個体数も多く、ガラス傍をゆっくりと泳いでいる事も多いため、観察しやすいです。

ピラルクは1億年前から姿がほとんど変わっていない古代魚と呼ばれる魚で、最大で5m以上にも成長するという説もあります。 鰓呼吸だけはなく、肺呼吸も行う事ができ、酸素の含有量が低くなった水域でも生存する事ができます。(水槽内でも空気中の酸素を吸い込む姿を見ることができる場合があります。)

体が大きいだけではなく、大きな鱗を持っており、成魚は体の後半部が綺麗な赤色になるので、是非ゆっくりと観察してみてください。

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-おたる水族館, 北海道