水族館魚図鑑-ミスジリュウキュウスズメダイ(Dascyllus aruanus)

ミスジリュウキュウスズメダイは琉球という名前が入っていますが、インド洋~太平洋で一般的に見られるスズメダイの仲間です。

日本では和歌山県以南のサンゴ礁等で見られます。

 

 

ミスジリュウキュウスズメダイについて!

ミスジリュウキュウスズメダイは10cm程度になるスズメダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404185447p:plain

ミスジリュウキュウスズメダイは名前の由来ともなっている3本の線が入っています。

似ている種類としては、ミスジスズメダイやヨスジリュウキュウスズメダイがいます。

ミスジスズメダイとの見分け方は、背ビレの上部が黒色で繋がっているのがミスジリュウキュウスズメダイで背ビレも縞模様になっているのがミスジスズメダイです。

ヨスジリュウキュウスズメダイは縞模様が4本あるので見分けることができます。(ヨスジリュウキュウスズメダイは尾ビレに線が入っています。)

 

f:id:itsuwalove777:20200404185635j:plain

はっきりとした白と黒の模様なので小さな身体ですが、水槽内でも存在感があります。シマウマみたいですよね

遠くにいても見つけやすいのですが、ミスジスズメダイとの判別を行うためには近くで見る必要があります…

オスは他の多くのスズメダイの仲間と同じく産卵後の卵を外敵から守ります。

 

和名 ミスジリュウキュウスズメダイ
学名 Dascyllus aruanus
英名 Whitetail dascyllus
スズキ目(Perciformes)
スズメダイ科(Pomacentridae)
ミスジリュウキュウスズメダイ属(Dascyllus)
分布

西部太平洋

生息環境  

ミスジリュウキュウスズメダイはスズキ目ベラ亜目スズメダイ科スズメダイ亜科ミスジリュウキュウスズメダイ属の魚です。

混泳させやすいスズメダイであるデバスズメダイと比べると気性が荒いですが、スズメダイの仲間としては大人しい方のようです。

綺麗な白と黒の模様から観賞魚としても人気の高い種類です。

群れは作るようですが、同じ住処の近くに一定距離で集まっているという感じでデバスズメダイのように上層部一緒に泳いでいる姿は見たことがありません。(幼魚は群れを作り、他のスズメダイとも群れるようです)

 

ミスジリュウキュウスズメダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ミスジリュウキュウスズメダイはJAZA加入の施設のうち約40施設で展示されています。

都内の水族館では サンシャイン水族館、葛西臨海水族園、しながわ水族館、アクアパーク品川、すみだ水族館等で展示されています。

 

ミスジリュウキュウスズメダイと すみだ水族館

すみだ水族館では、サンゴ礁水槽にて展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200404185116j:plain

この水槽では多くのミスジリュウキュウスズメダイが展示されています。

しかし、デバスズメダイなど群れになって泳ぐタイプのスズメダイとは違い他の個体とは一定の距離をとっているのが観察できます。

この水槽は水槽の大きさに対して魚の数が少ないのでゆったりとした環境で泳ぎまわるミスジリュウキュウスズメダイを見ることができます。

 

ミスジリュウキュウスズメダイと しながわ水族館

しながわ水族館では海の宝石箱にて展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200405013022j:plain

大きな魚もいますが、遠くから見ても縞模様のミスジリュウキュウスズメダイは目立つので簡単に見つけることができます。

右上で群れているデバスズメダイと単独行動するミスジリュウキュウスズメダイを見ることができます。

他にもサンゴ礁で見ることができる様々な魚を見ることができるオススメの水槽です。

ミスジリュウキュウスズメダイと大洗水族館

大洗水族館では沖縄の海水槽にて展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404185548j:plain

奥行がある水槽で、ミスジリュウキュウスズメダイが小さいので見にくいですが姿を確認するのは簡単だと思います! 

手前は大型のナンヨウツバメウオなどが泳いでいるので、大型の魚の通り道になっていない場所を探すと良いです!

この水槽にはヨスジリュウキュウスズメダイもいたので、是非探してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。