水族館魚図鑑- ホシテンス(Iniistius pavo) 海の一角獣…?

今回紹介するのは、ベラ科仲間であるホシテンスです!

特徴はなんといっても頭部のツノです! 

JAZA加入の施設では葛西臨海水族園でのみ展示されている魚で、葛西臨海水族園まで見に行ってきたので紹介していきます!

 

 

ホシテンスについて!!

ホシテンスは、約30cmにもなるベラとしては大きめの種類になります。

f:id:itsuwalove777:20191224002556j:plain

幼魚の頃は、頭のツノが目立つため、ダイバーからも人気が高いようです!

大きくなるにつれ、ツノが目立たなくなりイラに似たようなイカツイ見た目へと変わっていきます!

一角獣みたいでカッコイイ&可愛い見た目ですね!

 

f:id:itsuwalove777:20191224002609j:plain

ホシテンスはベラ科の魚ですが、幼魚が泳いでいる姿はギンポやハゼのようです!

写真は2枚とも葛西臨海水族園で撮影したものになります!

 

和名 ホシテンス
学名 Iniistius pavo
英名 Peacock wrasse, Blue Razorfish
スズキ目
ベラ科
テンス属
分布

インド洋から太平洋まで幅広く分布

幼魚は千葉県でも見られます

生息環境 サンゴ礁の底

ホシテンスはインド洋から太平洋の温暖な海に生息しています。日本の近海では、親魚は伊豆大島等で見る事ができるようです。

アクアリウムでも飼育されることがあるようですが、ほとんど入荷がなく自分で採集するのが主みたいです…!

ホシテンスを見る事ができる水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2019年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

JAZAのホームページでホシテンスが展示されている水族館を調べてみたのですが、 出てきませんでした…

ネット上の情報をまとめると、おそらく葛西臨海水族園でのみ展示されていると思われます。(10年くらい前は美ら海水族館でも展示されていたようです。)

 

葛西臨海水族園の東京の海エリアのクマノミが展示されている、真ん中らへんの水槽に展示されています!

f:id:itsuwalove777:20191224002540j:plain

まだまだ小さな個体ですが、大きくなると展示場所を移動させられると思うので小さい個体を見たい場合は早めに葛西臨海水族園へ!!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。