水族館魚図鑑-モンガラカワハギ(Balistoides conspicillum)

今回紹介するモンガラカワハギはイカツイ見た目で、モンガラカワハギの仲間で最も知名度のある種類です。

漢字で書くと紋殻皮剥となります!

シガテラ毒を持つ個体もいるため、食用としては利用されていません。

 

 

モンガラカワハギについて!

モンガラカワハギは最大30cmにまで成長するモンガラカワハギの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20190215154958j:plain

黒と白がメインの毒々しい見た目をしており、一度見ると忘れない見た目をしています。

目元にモザイクが入っているかのような模様が特徴的ですが、白いラインが入っているのは目の下の部分です。

毒々しい見た目ですが、自ら毒の成分を生成することはなく、小魚などのエサを食べる事で身体に毒が蓄積されていくことでシガテラ毒という毒を持っている場合があります。

写真のモンガラカワハギは黒い背びれ(第一背びれ)が立っていますが、この背びれは収納可能で普段は収納して泳いでいます。

敵に襲われた際は岩場に隠れ、背びれと胸鰭を立てて引きずり出されないようにします。(カサゴの仲間なども同じような行動をすることで知られています)

 

f:id:itsuwalove777:20190215154933j:plain

一度見たら忘れないような見た目をしているため、知名度も高い方だと思います。

先ほどの写真では出ていた黒い背びれ(第一背びれ)が出ていないのが分かると思います。

変わった模様をしているので、観賞魚としても流通しますが気性が荒く同種・他種関係なく攻撃するようです。

歯が鋭く、噛まれると大怪我をする場合もあるので注意が必要です。

 

和名 モンガラカワハギ
学名 Balistoides conspicillum
英名 Clown triggerfish
フグ目(Tetraodontiformes)
モンガラカワハギ科(Balistidae)
モンガラカワハギ属(Balistoides)
分布

インド洋~太平洋の熱帯、亜熱帯

生息環境  岩礁、サンゴ礁

モンガラカワハギはモンガラカワハギ属の中でも最も有名な種類だと思います。

昼行性で、食性は雑食性であり甲殻類、貝類、藻類などを食べます。 

水深の深い場所でも見られることがあるようで、水深75m付近でも見ることができるようです。

英名の「Clown triggerfish」は ピエロのようなモンガラカワハギという意味になります! 確かにピエロのような見た目をしていますよね!

モンガラカワハギを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

モンガラカワハギはJAZA加入の施設のうち、18カ所で展示されています。

鴨川シーワールド しながわ水族館 アクアパーク品川
新潟市水族館 寺泊水族館 碧南水族館
名古屋港水族館 宮津水族館 鳥羽水族館
志摩マリンランド 伊勢シーパラダイス 串本海中公園
大阪海遊館 NIFREL 城崎マリンワールド
しまね海洋館 海の中道水族館 大分マリーンパレス

国内でも見ることができ、知名度も高い種類なので多くの水族館で見ることができるようです。

モンガラカワハギと しながわ水族館

しながわ水族館では、海の宝石箱水槽に展示されています。

f:id:itsuwalove777:20190215152051j:plain

カラフルなサンゴ礁の種類が展示されている水槽に一緒に展示されています。

気性が荒いと言われていますが、他の魚を追いかけまわしたりすることはありませんでした。

水族館で展示しているような個体は温厚な個体を選んで展示しているのでしょうか…?

この水槽では同じモンガラカワハギ属のムラサメモンガラも一緒に展示されているので是非観察してみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。