サンシャイン水族館のマンボウの出会いと海の忍者について!

今回紹介するサンシャイン水族館のエリアは、マンボウの海と忍者です!

私が訪れたときにはマンボウはいませんでしたが…!大きなヒョウモンオトメエイが展示されていました!

マンボウは水族館で何度も見たことがあったので、ヒョウモンオトメエイの方が驚きが大きく感動しました!

 

 

マンボウとの出会い

マンボウの出会いエリアは現在、マンボウは展示されていません

f:id:itsuwalove777:20200114021041j:plain

マンボウが展示できるような大きな水槽で現在展示されているのは、ヒョウモンオトメエイの大型個体です!

 

f:id:itsuwalove777:20200117013838j:plain

上の画像の赤枠で囲んだ部分が今回紹介するマンボウの出会いエリアとイカが展示されている海の忍者エリアです!

サンシャイン水族館の人気展示物だったマンボウですが、2018年に展示していた個体が亡くなってからは展示されていないようです。

それまでは、サンシャイン水族館=マンボウと連想されるほど人気だったそうです…

関東圏では鴨川シーワールドなどに展示されているようです!興味がある方は是非行ってみてください!

 

f:id:itsuwalove777:20200114021151j:plain

 

このヒョウモンオトメエイはサンシャインラグーン水槽に展示されている小さなヒョウモンオトメエイ達の親になります。

写真では全く伝わりませんが、本当に大きくてびっくりするので是非見て頂きたいです!

良く動いてくれるので、色んな角度から写真が撮れますよ!

海の忍者エリアについて!

海の忍者ことイカが展示されているエリアになります!

f:id:itsuwalove777:20200114021202j:plain
f:id:itsuwalove777:20200114021214j:plain

1番大きな水槽で展示されているのは美味しそうなアオリイカ!!

まだまだ小さい個体ですが、年数が経過すると立派になるのでしょうか??

大きく太ったアオリイカも見てみたいです!

 

f:id:itsuwalove777:20200114021139j:plain
f:id:itsuwalove777:20200114021053j:plain

アオリイカの他にもカミナリイカやコブシメが展示されていました。

右側のイカがカミナリイカ、左側のイカがコブシメです。

カミナリイカの由来は雷が鳴る季節に多く漁獲されることで、コブシメは沖縄での呼び方「クブシミ」が由来になっているようです。

コブシメは大型のイカで、最大で1mを超えて体重も10kgを超える個体もいるようです。

個人的にはカミナリイカやコブシメなどのコウイカ類のムクッとした体つきのイカが可愛くて好きです!

コウイカ類がヒレをヒラヒラとして泳いでいる姿は宇宙外生命体のようです!

是非観察してみてください!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。