水族館甲殻類図鑑 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目

水族館甲殻類図鑑-カイカムリ(Lauridromia dehaani)

サンゴ礁に生息しており、貝殻や海藻などを背中に背負う事が名前の由来となっています。

現存するカニの仲間の中でも原始的な種類だと言われています。

 

 

カイカムリについて!

カイカムリは甲幅10cm程度にまで成長する十脚目カイカムリ科カイカムリ属のカニの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20210128012505j:plain

カイカムリはずんぐりとした体型をしたカニの仲間で、甲羅の幅と縦の長さがほとんど同じです。 

他のカニのような横歩きはできず、前後に移動します。

甲羅に海藻や二枚貝の殻などをくっ付ける事が名前の由来となっており、外敵から身を隠すための行動だと言われています。

 

和名 カイカムリ
学名 Lauridromia dehaani
英名  
十脚目(Decapoda)
カイカムリ科(Dromiidae)
カイカムリ属(Lauridromia)
分布

インド洋~西部太平洋

生息環境 砂底、泥底

カイカムリはインド洋~太平洋に生息しています。

水深50~150mの砂泥底の環境で見ることができます。

カイカムリを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

カイカムリを展示しているJAZA加入の施設は14ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

カイカムリと小樽水族館

小樽水族館では海のパノラマ回遊水槽の対面側でカイカムリを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210128012411j:plain

小樽水族館ではアサヒガニと同じ水槽で展示されています。

大きめな水槽で展示されていることもあり、上のように後ろを向いた姿しか見られない事もあります。

カイカムリと鳥羽水族館

鳥羽水族館では「へんな生きもの研究所」にてカイカムリを展示していました。

f:id:itsuwalove777:20210128012505j:plain

鳥羽水族館では上のように明るい水槽の中でカイカムリを展示しており、近くで観察することができます。

へんな生きもの研究所では見た目や生態が変わった生き物を展示しており、基本的には1匹ずつ展示されているため、非常に観察しやすい展示となっています。

カイカムリを展示している施設の一覧

カイカムリを展示しているJAZA加入の施設は14ヵ所です。

サンピアザ水族館 鴨川シーワールド 八景島シーパラダイス
三津シーパラダイス のとじま水族館 南知多ビーチランド
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
NIFREL 須磨水族園 姫路水族館
足摺海洋館 大分マリーンパレス  

展示している施設の多くが西日本にあります。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館甲殻類図鑑, 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目