水族館甲殻類図鑑 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目

水族館甲殻類図鑑-ゴシキエビ(Panulirus versicolor)

ゴシキエビは国内で見られるイセエビの中でも派手な見た目をしている種類で、国内では主に琉球列島で見られます。

派手な見た目から水族館で飼育されることもあり、北海道の施設でも展示されています。

 

 

ゴシキエビについて!

ゴシキエビは体長30cm程度にまで成長する十脚目イセエビ科イセエビ属のエビの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20210128011859j:plain

ゴシキエビは第二触角の根本付近が派手なピンク色になっており、体側も落書きしたような白色の模様があります。

脚は白色の縦のラインが入っていますが、名前の似ているニシキエビは横の縞模様が入っています。

食性は肉食で甲殻類などを捕食しています。

 

和名 ゴシキエビ
学名 Panulirus versicolor
英名 Painted Spiny Lobster
十脚目(Decapoda)
イセエビ科(Palinuridae)
イセエビ属(Panulirus)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 岩礁、サンゴ礁 

ゴシキエビはインド洋~太平洋の熱帯域に生息しており、国内では琉球列島などで見られます。

水深の浅いサンゴ礁や岩礁で見られます。

国内では主に沖縄で漁獲されており、食用として利用されています。(東南アジアからの輸入物も流通しています。)

ゴシキエビを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ゴシキエビを展示しているJAZA加入の施設は6ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ゴシキエビと鳥羽水族館

鳥羽水族館ではコーラルリーフ・ダイビングにてゴシキエビを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210131040032j:plain

鳥羽水族館では上のようなサンゴ礁をイメージした幅広の水槽の中でゴシキエビを展示しており、上の写真では写っていませんが、右端の岩礁に隠れていました。

この水槽ではゴシキエビの他にナンヨウツバメウオ、ヒレナガハギ、ソメワケヤッコ、カンムリベラ、ヤシャベラなど20種類近い生き物が展示されています。

ゴシキエビを展示している施設の一覧

ゴシキエビを展示しているJAZA加入の施設は6ヵ所です。

登別ニクス 福島海洋科学館 三津シーパラダイス
宮島水族館 海の中道水族館 美ら海水族館

ニシキエビと比べると展示施設は少ないですが、各地で展示されています。(ニシキエビは15施設以上で展示されています。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館甲殻類図鑑, 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目