千葉県 鴨川シーワールド

鴨川シーワールドのロッキーワールドの紹介! 海獣の展示エリア

今回紹介する鴨川シーワールドの展示エリアはロッキーワールドで、イルカ、アシカ、アザラシ、トド、セイウチなどの海獣が展示されているエリアです。

野外に展示場が設置されており、陸上部と水面を上から覗く展示方式となっていますが、それぞれの展示場のプールはロッキーワールド館内から見ることができます。

ロッキーワールドについて

ロッキーワールドはアザラシ、アシカ、セイウチ、トド、イルカといった海獣を展示しているエリアで、地上部と水中を観察する事ができるような作りになっています。

ロッキーワールドエリアは上の写真のように展示場を上から覗く事ができるような作りになっています。

水中を泳いでいる姿はもちろんの事、陸上に上がって寝転がっている姿を見る事ができる事もあります。

上の写真はアシカ・アザラシの展示場ですが、セイウチ、トドの展示場も似たようなレイアウトになっています。

展示場のプールは水中をガラス越しに見ることができる作りになってます。

上の写真のようにロッキーワールドの館内から見る事ができます。

上の写真はアザラシ・アシカ水槽の水中部で、水も綺麗でガラスも透明度が高いので非常に綺麗に見えました。

水中部はアシカ・アザラシの水槽が最も綺麗で観察しやすい作りになっていました。

上の写真はフンボルトペンギンの展示場で、ロッキーワールドの端の方で展示されています。

フンボルトペンギンの展示個体数は少なく、端の方にあるので見逃される事も多いかもしれません。(オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギンはロッキーワールドの館内に展示されています。)

ロッキーワールドのアシカ・アザラシ

ロッキーワールドのアシカ・アザラシの展示場ではゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、カリフォルニアアシカの3種類が展示されていました。

上の写真は展示場の一部で、陸上部とプールに分かれています。

アザラシは陸上部に居る事も多いですが、アシカが陸上に上がっている姿を見ることはできませんでした。

アザラシとアシカは見た目が全く異なり、アシカはスリムで泳ぎ方もアシカは前脚を、アザラシは後脚を使って泳ぎます。

見た目はスリムなアシカの方が速く泳げそうですが、アザラシの方が速く泳ぐことができると言われています。

アザラシもアシカも水中で呼吸する事ができないので、上の写真のように定期的に水面に呼吸するために浮上します。

ロッキーワールド館内からは上の写真のように窓から展示場の水中部を見ることができます。

水は澄んでおり、自然の光が差し込んでとても綺麗に見えます。

展示されているアシカ・アザラシの個体数も多く、ガラスの前を多くのアシカ・アザラシを泳いでいく姿を見ることができます。

館内の水中部を見ることができる展示の中ではアシカ・アザラシの展示が最も綺麗に見えてオススメです。

ロッキーワールドのセイウチ

ロッキーワールドでは5頭のセイウチを飼育しており、1994年には日本で初めてセイウチの繁殖に成功した施設となっています。

野外からは上の写真のように呼吸のために水面に顔を出しているセイウチや、タイミングが良ければ陸上に上がっている姿を見ることができます。

展示されているセイウチはまだ大きな牙を持つ個体はいませんが、小さな牙が生えている個体はいます。

水中部は上の写真のようにプールで泳ぐセイウチを見ることができます。

上の写真の個体の牙は小さいですが、成長すると更に大きくなっていきます

アシカ・アザラシの水槽と比べると水量が多い&牙からの保護のためか、透明度がやや低いですが、迫力のあるセイウチを近くで見ることができるオススメの展示です!

ロッキーワールドのトド

ロッキーワールドに展示されているトドは3頭?で、アシカ・アザラシと同じように陸上部とプールに分かれた展示場で展示されています。

水深が深いためか底の方はあまり見えませんが、水面に顔を出す姿は観察する事ができます。

トドとアシカは良く似ていますが、細部を見ると違いが分かると思うので是非比較してみてください。

ロッキーワールドの館内からはプールの水中部を見ることができます。

上の窓は見える範囲は狭いですが、近くで見る事ができるようになっています。

ロッキーワールドのイルカ達

最後に紹介するのはロッキーワールドで展示されているイルカ達で、イルカショーのプールとは別の場所で展示されています。

ロッキーワールドでは上のような丸形のプールでイルカを展示しており、カマイルカとバンドウイルカが同じプールの中で展示されていました。

いたずらするように水を噴き上げることがでるので注意してください。

上の写真のように顔を出してコチラを観察するようにする姿も見ることができました。

頭にある呼吸孔が開いたり閉じたりする様子を観察することができます。

他の展示と同じように水中部分を観察することができます。

水深はそこそこ深く、水量が多いためか上の写真のように水はやや曇って見えます。

鴨川シーワールドではイルカショーが開催されており、カマイルカとバンドウイルカが参加したプログラムを見ることができるので、時間を合わせて見てください。


鴨川シーワールドのロッキーワールドでは多くの海獣を展示しており、パフォーマンスも多く実施されているため、海獣が好きな方にはオススメの水族館となっています。

今回は紹介していませんが、特にシャチのパフォーマンスは有名で、イルカのショーよりも迫力満点です!


ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-千葉県, 鴨川シーワールド