動物図鑑 動物図鑑-霊長目

動物図鑑-チンパンジー(Pan troglodytes)

チンパンジーはアフリカ大陸中西部に分布している霊長類で、高い知能を持つ事で知られています。

チンパンジーについて!

チンパンジーはオスの体長は85cm程度、メスの体長が78cm程度にまで成長する霊長目ヒト科チンパンジー属の動物です。

チンパンジーは黒色の体毛に覆われており、地肌は肌色をしています。

特にオスの個体が成長するにつれて額が禿げ上がり、顔が黒っぽくなります。

地上を移動する際には四足歩行で、昼行性で、夜になると樹上で休むことが多いです。

霊長類の中でも知能の高い動物で、自然にある様々な道具を使う姿が観察されています。(石、木の枝、木の葉など)

食性は雑食で果実を主食として、種子、花、葉、昆虫、小~中型の哺乳類なども捕食しています。

他の種類のサルを群れで襲って捕食する事もあります。

和名チンパンジー
学名Pan troglodytes
英名Chimpanzee
霊長目(Primates)
ヒト科(Hominidae)
チンパンジー属(Pan)
分布アフリカ大陸中部
生息環境熱帯雨林、サバンナ

チンパンジーはガボン、カメルーン、ギニア、コンゴ共和国、ナイジェリアなどのアフリカ大陸中西部に分布しています。 

熱帯雨林、サバンナなどに生息しており、樹上性の強い種類です。 20~100頭前後の群れを形成します。

妊娠期間は207~259日で、生後8~11年で性成熟します。飼育下では70年近くまで生きた記録もあります。

「子殺し」という習性で知られており、他のオスの血を引く子供を殺して優位性を保つためと考えられていますが、実際に殺した子供の血縁関係については不明な点が多く、正しくこの習性の意味が分かっていません。

森林伐採による生息環境の開発、食用・ペット目的の狩猟などによって生息数は減少しています。

IUCNのレッドリストでは絶滅危惧IB類に指定されています。(亜種のニシチンパンジーは絶滅危惧IA類に指定されています。)

チンパンジーを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

チンパンジーを展示しているJAZA加入の施設は40ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

チンパンジーと旭山動物園

旭山動物園ではチンパンジーの森。ちんぱんじー館にてチンパンジーを展示しています。

旭山動物園では12頭?のチンパンジーを飼育しており、2つのグループに分けて飼育されています。 

冬期には屋内飼育に切り替わりますが、それ以外の季節には野外で展示されているチンパンジーを観察することができます。

上のようにガラス張りになっている「スカイウェイ」ではチンパンジーをガラス越しで観察することができ、運が良いと真下から見る事もできます。(チンパンジーが飛び乗ってくると大きな音がしてビックリします…)

チンパンジーと東山動物園

東山動物園では北園にてチンパンジーを展示しています。

東山動物園では8頭?のチンパンジーを飼育しており、2021年にも新しい赤ちゃんが誕生しています。

2020年10月に訪れた際には上のように2017年10月生まれの子供達が展示されていました。

東山動物園のチンパンジーは屋内と屋外の展示場に分かれており、私が訪れた際には屋内に居ました。

チンパンジーを展示している施設の一覧

チンパンジー(亜種不明)を展示しているJAZA加入の施設は30ヵ所です。

円山動物園旭山動物園おびひろ動物園
大森山動物園八木山動物公園多摩動物公園
千葉市動物公園市原ぞうの国遊亀公園動物園
いしかわ動物園茶臼山動物園伊豆アニマルキングダム
シャボテン動物公園日本平動物園浜松動物園
豊橋動物園アドベンチャーワールド天王寺動物園
王子動物園姫路セントラルパーク池田動物園
とくしま動物園とべ動物園高知アニマルランド
のいち動物公園安佐動物公園徳山動物園
福岡市動物園フェニックス動物園沖縄こどもの国

チュウオウチンパンジーを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

多摩動物公園フェニックス動物園

ヒガシチンパンジーを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

のいち動物公園フェニックス動物園

ニシチンパンジーを展示しているJAZA加入の施設は16ヵ所です。

円山動物園釧路市動物園大森山動物園
宇都宮動物園かみね動物園多摩動物公園
野毛山動物園よこはま動物園豊橋動物園
東山動物園京都動物園のいち動物公園
到津の森公園熊本市動植物園フェニックス動物園
平川動物公園

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-動物図鑑, 動物図鑑-霊長目