動物図鑑 動物図鑑-食肉目

動物図鑑-コツメカワウソ(Aonyx cinerea)

コツメカワウソは東南アジアを中心に分布しているカワウソの仲間で、カワウソの中でも最小種と言われています。

日本では多くの水族館&動物園で飼育されている人気の高い動物です。

コツメカワウソについて!

コツメカワウソは体長41~64cm程度にまで成長するネコ目イタチ科ツメナシカワウソ属の動物です。

コツメカワウソは灰褐色や黒褐色の体色をしており、顔部の下側は白や灰褐色をしています。

26~35cm程度の太く長い尾をしています。

前脚で漕ぎながら、体と尾をうねらせる事で推進力を得て泳いでいます。

飼育下では最大で約4ft/sで泳ぐ姿が観察されています。

コツメカワウソは名前の通り、小さな爪がありますが、非常に小さいです。

水かきは指趾のの最後の関節まであります。

食性は肉食で魚類、甲殻類、爬虫類、両生類等を捕食しています。(甲殻類が主食となっているようです。)

指は器用に動かすことができ、石を動かして下に隠れている甲殻類を獲る事もあります。

和名コツメカワウソ
学名Aonyx cinerea
英名Asian short-clawed otter
ネコ目(Carnivora)
イタチ科(Mustelidae)
ツメナシカワウソ属(Aonyx)
分布ベトナム、インド、ミャンマー

 

インドネシア、マレーシア

生息環境河川、沼地

コツメカワウソはベトナム、ミャンマー、インドネシア、マレーシア、インド南部など東南アジアを中心に分布しています。

湿地、河川、海岸、マングローブ、水田などに生息しており、最大で15頭程度の群れを形成します。

妊娠期間は約2ヵ月程度で、1度に1~7頭を出産します。(最短で8ヵ月程度は間を開けますが、年に2回繁殖する事もあります。)

マレーシアでは訓練された個体が漁業に利用される事があります。

生息環境の開発、毛皮目的の狩猟、餌の減少などによって生息数は減少しています。

IUCNのレッドリストでは絶滅危惧II類に指定されています。

コツメカワウソを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

コツメカワウソを展示しているJAZA加入の施設は45ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

コツメカワウソと小樽水族館

小樽水族館では本館のコツメカワウソゾーンにてコツメカワウソを展示しています。

小樽水族館では2頭?のコツメカワウソを飼育しています。

展示場はメイン水槽とサブ水槽に分かれており、地面と上部にメイン水槽とサブ水槽を繋ぐトンネルがあります。

タイミングが良いとトンネルを移動する姿を見ることができますが、眠っている事も多いです。

コツメカワウソとアクアパーク品川

アクアパーク品川ではワイルドストリートにてコツメカワウソを展示しています。

アクアパーク品川では2頭?のコツメカワウソを飼育しています。

上のようにハンモックが設置されている寝床と、水が張られているプールに分かれています。

このエリアではコツメカワウソの他にミナミアメリカオットセイ、ゴマフアザラシ、オウサマペンギン、ジェンツーペンギンなどが展示されています。

コツメカワウソと京急油壺マリンパーク

京急油壺マリンパークでは「かわうその森」にてコツメカワウソを展示しています。

京急油壺マリンパークでは多くのコツメカワウソを飼育しており、上の展示場の他にもコツメカワウソを飼育している展示場がありました。

上のように3つの水槽を移動できるような作りになっており、活発に水槽間を移動している姿を見ることができました。 

私が訪れた際には2頭が展示されており、1頭が違う水槽に移動すると、もう1頭も付いていくなど中の良さそうな姿を見ることができました。

2021年9月末で閉館が決まっている水族館ですが、コツメカワウソの繁殖に何度も成功している施設です。

コツメカワウソと伊勢シーパラダイス

伊勢シーパラダイスではトロピカル広場にてコツメカワウソを展示しています。

伊勢シーパラダイスでは3頭?のコツメカワウソを飼育しています。 

展示場は2つに分かれており、1つは上のように仲良く2頭が展示されていました。(もう1ヵ所は泳ぐ姿を見る事ができる水深の深い水槽で展示されています。)

伊勢シーパラダイスでは日本3ヵ所でしか展示されていないツメナシカワウソを展示している事でも有名です。

コツメカワウソを展示している施設の一覧

コツメカワウソを展示しているJAZA加入の施設は45ヵ所です。

円山動物園小樽水族館サンピアザ水族館
大森山動物園那須どうぶつ王国かみね動物園
埼玉こども動物公園東武動物公園狭山智光山動物園
上野動物園多摩動物公園千葉市動物公園
市川市動植物園市原ぞうの国サンシャイン水族館
アクアパーク品川よみうりランド八景島シーパラダイス
シャボテン動物公園浜松動物園豊橋動物園
東山動物園新潟市水族館のとじま水族館
アドベンチャーワールド王子動物園神戸どうぶつ王国
姫路セントラルパーク鳥羽水族館伊勢シーパラダイス
大阪海遊館NIFREL池田動物園
とくしま動物園とべ動物園のいち動物公園
徳山動物園ときわ動物園桂浜水族館
おさかな館宮島水族館福岡市動物園
長崎バイオパーク平川動物公園大分マリーンパレス

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-動物図鑑, 動物図鑑-食肉目