水族館魚図鑑-ニセゴイシウツボ(Gymnothorax isingteena)

ニセゴイシウツボは2mを超える大きさにもなる大型のウツボで、大型の個体は丸太のように太くなります。

白色の体色に黒点が全身に散りばめられています。

 

 

ニセゴイシウツボについて!

ニセゴイシウツボは2m以上に成長するウナギ目ウツボ科の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200613121244j:plain

ニセゴイシウツボは若干灰色がかった体色で、体中に不規則に黒点が散りばめられています。

ニセゴイシウツボの名前は囲碁の碁石のような模様をしているのが由来になっています。

何故、「ニセ」が付くのかというのは昔はニセゴイシウツボの幼魚(黒点が大きい)とニセゴイシウツボの成魚(上の画像のように黒点が小さい)が別種だと考えられており、成魚の方をニセゴイシウツボと呼んでいました。

この2種類は同種だということが分かり、ニセゴイシウツボの方が先に記載されていたため、ニセゴイシウツボが標準和名として登録されています。

このような理由から「ニセ」という名前になっていますが、現在はゴイシウツボという標準和名の魚は存在しません。

ちなみに、ゴイシウミヘビという魚類の方のウミヘビもいます!(模様はニセゴイシウツボの幼魚に似ています。)

 

f:id:itsuwalove777:20200613121330j:plain

ウツボの仲間は岩の隙間から顔を出しているイメージが強いかもしれませんが、水族館では泳いでいる姿もよく見かけます。

たまたまなのか、ニセゴイシウツボはウツボの中でも泳いでいる姿を見かける頻度が高いです。

 

f:id:itsuwalove777:20200618222923j:plain

体の裏側は頭部の部分は黒点がありますが、それ以外の部分は真っ白になっています。

大型のウツボで魚類や甲殻類やタコなどの軟体動物など様々な動物を食べる肉食です。

 

和名 ニセゴイシウツボ
学名 Gymnothorax isingteena
英名 Spotted moray eel
ウナギ目(Anguilliformes)
ウツボ科(Muraenidae)
ウツボ属(Gymnothorax)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁・サンゴ礁

国内では伊豆半島や愛媛県の愛南、屋久島、琉球列島等で見ることができます。

国外では朝鮮半島南岸、台湾、中国沿岸などで見ることができます。

主に沖縄県で食用として利用されており、煮つけや揚げ物として食べられているようです。(沖縄県ではニセゴイシウツボに限らず、ウツボを食用としています。)

ニセゴイシウツボは地域によってはシガテラ毒を持つとも言われています。

食用として利用される他は美しい見た目から観賞魚として利用されることもあります。

英名は「Spotted moray eel 」と呼ばれており、斑点のあるウツボと見た目そのままです。

ニセゴイシウツボを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ニセゴイシウツボを展示しているJAZA加入の施設は31ヵ所となっています。

小樽水族館 サンピアザ水族館 登別ニクス
福島海洋科学館 大洗水族館 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 葛西臨海水族園 しながわ水族館
すみだ水族館 新潟市水族館 寺泊水族博物館
東海大海洋博物館 南知多ビーチランド 碧南水族館
名古屋港水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 須磨水族園
城崎マリンワールド しまね海洋館 玉野海洋博物館
桂浜水族館 足摺海洋館 宮島水族館
海の中道水族館 ペンギン水族館 大分マリーンパレス
かごしま水族館

ウツボの仲間としては、ウツボに次いで2番目に多くの施設で展示されている種類になります。

ニセゴイシウツボと大洗水族館

大洗水族館では沖縄の海水槽にてニセゴイシウツボを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200613121428j:plain

 

ニセゴイシウツボが展示されている沖縄の海水槽は沖縄のサンゴ礁にいるカラフルな魚が展示されている水槽です。

ヤマブキスズメダイやマンジュウイシモチが近くで泳いでおり、ギャップが面白い水槽です。

水槽内が明るく、ガラスが綺麗なのか写真が撮りやすい水槽です。

 

ニセゴイシウツボと しながわ水族館

しながわ水族館ではトンネル水槽にてニセゴイシウツボを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200613120902j:plain

しながわ水族館では都内で最もウツボの展示が充実している水槽で、ニセゴイシウツボの他にグリーンモレイやインディアンモレイ、ブラックエッジモレイなどここでしか見られないor他にほとんど展示している水族館がない種類が展示されています。

トンネル水槽内に多くのウツボが展示されており、どの個体も大型で太く迫力がある個体ばかりです!

ウツボが好きな方には関東で最もオススメしたい水槽です!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。