水族館魚図鑑-オヤビッチャ(Abudefduf vaigiensis)

オヤビッチャは本州では最も一般的に見られるスズメダイのうちの1種です。(千葉県以南に生息しています)

一部地域では食用として利用されています。

 

 

オヤビッチャについて!

オヤビッチャは約20cmにまで成長する中型のスズメダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404181912j:plain

オヤビッチャは背中の黄色と5本の縞模様が特徴の魚です。

似ている種類が多く、特にロクセンスズメダイという種類とは似ています。

ロクセンスズメダイは尾ビレにもライン(横ライン)が入っているので尾ビレを見ると見分けることができます。(オヤビッチャは黒色か白透明のどちらかになります)

 

f:id:itsuwalove777:20200404182339j:plain

婚姻色はベースの色が薄い青色になります。

上の個体もオヤビッチャだと思われますが、ここまで青くなるのは初めてだったので写真を撮ってみました。(2020年3月 大洗水族館)

普通の個体は婚姻色が出ても体全体が青っぽくなるくらいで、背中の黄色も残ります。

産卵後はオスが卵を守ることで知られています。

 

和名 オヤビッチャ
学名 Abudefduf vaigiensis
英名 Indo-Pacific sergeant
スズキ目(Perciformes)
スズメダイ科(Pomacentridae)
オヤビッチャ属(Abudefduf)
分布

インド洋~西太平洋

生息環境  サンゴ礁、岩礁

オヤビッチャはインド洋~西部太平洋まで幅広く生息しており、本州では主に暖かい時期に見ることができるようです。

観賞魚として流通することもありますが、気性が荒いので一緒に泳がせる魚に注意が必要なようです。(水族館でも他の魚を追いかけるシーンも見ることができる場合があります)

オヤビッチャは雑食ですが、動物食が強めで甲殻類や軟体動物等を主に食べているようです。

美味しいとされている魚で、一部地域では食用とされていますがシガテラ毒を持っていた個体の報告もあるようです。

オヤビッチャを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オヤビッチャはJAZA加入の水族館で多く展示されています。(40カ所)

都内ではサンシャイン水族館、葛西臨海水族園、しながわ水族館、アクアパーク品川、すみだ水族館の5ヵ所で展示されています。

オヤビッチャと大洗水族館

大洗水族館では、沖縄の海水槽にてオヤビッチャを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404182130j:plain

この水槽では多くのオヤビッチャを展示しており、テーブル状のサンゴの下を縄張りとしていることが多いです。

この水槽ではオヤビッチャの気性の荒さを観察できる水槽で、他の魚が近寄ってくると追いかけて追い払うような姿を見ることもできます!

見つからない場合はテーブル状のサンゴのテーブルの下を覗いてみてください! 

オヤビッチャと しながわ水族館

しながわ水族館では東京湾の干潟と荒磯水槽にてオヤビッチャを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404225414j:plain

この水槽では、東京湾の藻場と磯を再現しています。

水槽内には複数匹のオヤビッチャを展示していますが、他の魚が大きいためか隠れ家が少ないためかオヤビッチャの気性の荒さは観察できませんでした。 

しながわ水族館では、この東京湾の干潟と荒磯水槽が一番観察しやすいですが海の宝石箱にも大型のオヤビッチャが展示されているので是非そちらも見てみてください!(大きくなるとシャープなイメージを受けるような形になります。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。