水族館甲殻類図鑑 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目

水族館魚図鑑-コブセミエビ(Scyllarides haani)

コブセミエビはセミエビと比べてコブが顕著な事が名前の由来となっており、セミエビよりも大型に成長します。

食用として利用されていますが、漁獲量は少なく、非常に高値で取引されています。

 

 

コブセミエビについて!

コブセミエビは体長30cm以上に成長する十脚目セミエビ科セミエビ属のエビの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20210128014651j:plain

コブセミエビは褐色系の体色をしており、個体差が大きいです。 

正面から見ると上の写真のようになっており、頭部近くの背部にもコブがあります。

 

f:id:itsuwalove777:20210128014721j:plain

セミエビよりもコブが顕著な事が名前の由来で、特に第4腹節のコブが大きく顕著です。 

日中は岩の隙間や洞に隠れ、夜になると活動します。

 

和名 コブセミエビ
学名 Scyllarides haani
英名 Slipper lobster
十脚目(Decapoda)
セミエビ科(Scyllaridae)
セミエビ属(Scyllarides)
分布 インド洋~太平洋西部
生息環境 岩礁

コブセミエビはインド洋~太平洋西部に生息しており、国内では相模湾~九州、琉球列島などで見られます。

刺し網漁で漁獲され、非常に高価で取引されています。

セミエビよりも大型になりますが、セミエビと比べると漁獲量は少ないです。

コブセミエビを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コブセミエビを展示しているJAZA加入の施設は12ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

コブセミエビと名古屋港水族館

名古屋港水族館では日本の海エリアにてコブセミエビを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210128015111j:plain

名古屋港水族館では上のように明るい水槽でコブセミエビを展示しており、他の水族館と比べても活発に動き回る姿を見ることができました。(水槽もクリアで非常にオススメの展示です。)

この水槽ではセミエビ科のエビが複数種展示されており、セミエビとゾウリエビを展示しています。

コブセミエビと志摩マリンランド

志摩マリンランドではにてコブセミエビを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210128014707j:plain

この水槽では複数のコブセミエビを展示しており、セミエビと一緒に展示されているため見た目の比較をすることもできます。

この水槽ではコブセミエビの他にセミエビ、ゾウリエビ、ホシゴンベが展示されています。

コブセミエビを展示している施設の一覧

コブセミエビを展示しているJAZA加入の施設は12ヵ所です。

鴨川シーワールド 新潟市水族館 碧南水族館
名古屋港水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 足摺海洋館
海の中道水族館 かごしま水族館 美ら海水族館

コブセミエビを展示している施設の地域は偏っており、展示している施設のほとんどが西日本にあります。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館甲殻類図鑑, 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目