水族館甲殻類図鑑 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目

水族館甲殻類図鑑-クボエビ(Puerulus angulatus)

クボエビは深海に生息するイセエビの仲間で、インド洋~太平洋に幅広く生息しています。

 

 

クボエビについて!

クボエビは体長15cm程度にまで成長する十脚目イセエビ科ヒメイセエビ属のエビの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20210128011750j:plain

クボエビは第二触角が間隔の広い縞模様になっており、英名の「banded whip lobster」の由来となっています。

体の表面には身を守るための棘を持っています。

 

和名 クボエビ
学名 Puerulus angulatus
英名 Kubo Lobster,banded whip lobster
十脚目(Decapoda)
イセエビ科(Palinuridae)
ヒメイセエビ属(Puerulus)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 深海

クボエビはインド洋~太平洋に生息しており、国内では千葉県の小湊沖、駿河湾、土佐湾、長崎県の野母崎沖で見られます。

水深100~550m付近の深海に生息しています。

日本では漁獲量は少なく、あまり利用されていません。

クボエビを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クボエビを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

クボエビと沼津深海水族館

沼津深海水族館では1Fにてクボエビを展示しています。(2020年10月時点)

f:id:itsuwalove777:20210131022826j:plain

沼津深海水族館では入り口近くの水槽でクボエビを展示しており、上のように複数個体展示されていました。

沼津深海水族館ではカラフルで派手な魚の展示は少ないですが、クボエビのような深海に生息する珍しい生き物を多く展示しています。

クボエビを展示している施設の一覧

クボエビを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

三津シーパラダイス かごしま水族館 美ら海水族館

JAZA加入の施設以外では沼津深海水族館で展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館甲殻類図鑑, 水族館甲殻類図鑑-十脚(エビ)目