水族館魚図鑑-アカマツカサ(Myripristis berndti)

アツマツカサウオは名前からは赤色のマツカサウオだと考える方が多いと思います。

アカマツカサはキンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属で、マツカサウオはキンメダイ目マツカサウオ科マツカサウオ属で科から違うのでマツカサウオとは色以外にも見た目は異なる部分が多いです。

 

 

アカマツカサについて!

アカマツカサは25cm程度にまで成長するキンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200521211937j:plain

全身赤色ですが、鰓蓋に黒色の部分があります。

同じアカマツカサ属にヨゴレマツカサ、ナミマツカサという似ている種類がいます。

アカマツカサは下顎が他の種類と比べて突き出ていることから見分けることができます。

 

和名 アカマツカサ
学名 Myripristis berndti
英名 Blotcheye soldierfish
キンメダイ目(Beryciformes)
イットウダイ科(Holocentridae)
アカマツカサ属(Myripristis)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 岩礁

国内では小笠原諸島や琉球諸島以南の岩礁・サンゴ礁にて見られます。

肉食性で主に甲殻類や子魚を主食としています。

群れを作っているため、まとまった数が獲れることから食用としても利用している地域もあるようです。(鱗が非常に硬いので調理には難があるようです)

アカマツカサを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アカマツカサはJAZA加入の施設のうち37ヵ所て展示されています。

小樽水族館 サンピアザ水族館 登別ニクス
なかがわ水遊園 大洗水族館 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 葛西臨海水族園 しながわ水族館
アクアパーク品川 すみだ水族館 八景島シーパラダイス
新潟市水族館 上越水族博物館 三津シーパラダイス
下田海中水族館 東海大海洋博物館 のとじま水族館
越前松島水族館 碧南水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
伊勢シーパラダイス 串本海中公園 大阪海遊館
須磨水族園 しまね海洋館 玉野海洋博物館
桂浜水族館 足摺海洋館 宮島水族館
海の中道水族館 大分マリーンパレス かごしま水族館
美ら海水族館    

 

アカマツカサと しながわ水族館

 しながわ水族館ではトンネル水槽にてアカマツカサを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200521211937j:plain

トンネル水槽は全長22mもある大型の水槽であまり活発ではないアカマツカサくらいの大きさの魚を探すのは難しいかもしれません。

上の画像は運よくガラスのすぐ側に居たので観察することができました。

トンネル水槽では大型の魚が多く展示されている迫力あるオススメの水槽です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。