水族館魚図鑑-コショウダイ(Plectorhinchus cinctus)

コショウダイは 胡椒のような斑点模様があることが和名の由来となっております。

 

 

コショウダイについて!

コショウダイは70cmまで成長する大型のイサキ科の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200505044817j:plain

 コショウダイはイサキ科コショウダイ属の魚ですが、コショウダイ属の仲間の中でも大型になる種類です。

見た目の特徴としては、体に3本の黒色の線が入っており、身体の上側に小さな黒い斑点がある事です。

稚魚の個体は体が茶色で尾鰭が透明な色をしており、枯れ葉に擬態しているようです。

コショウダイは肉食性で甲殻類や子魚などを主食としています。

 

f:id:itsuwalove777:20200505044914j:plainコショウダイは美味しい魚として市場に流通していますが、岩場に生息する多くの魚と同じように漁獲量が多くないようです。

旬は春~夏で、刺身から焼き・煮物まで幅広い調理法で食べられているようです。

 

和名 コショウダイ
学名 Plectorhinchus cinctus
英名 Crescent sweetlips
スズキ目(Perciformes)
イサキ科(Haemulidae)
コショウダイ属(Plectorhinchus)
分布

西部太平洋~インド洋

生息環境 岩礁・汽水

沿岸部の岩礁に生息しており、汽水域にも侵入することがあるようです。

国内では本州~九州で見られ、福島以北では数が減り、北海道では見られないようです。

英名の「Crescent sweetlips 」 は三日月模様のコショウダイという感じでしょうか。 一番大きな線の模様が三日月形になっていることが由来になっていると思われます。

コショウダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コショウダイを展示しているJAZA加入の施設は32ヵ所となっています。

男鹿水族館 加茂水族館 大洗水族館
鴨川シーワールド 葛西臨海水族園 しながわ水族館
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 上越水族博物館
寺泊水族博物館 三津シーパラダイス 下田海中水族館
東海大海洋博物館 魚津水族館 のとじま水族館
越前松島水族館 碧南水族館 宮津水族館
京都水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 須磨水族園 城崎マリンワールド
姫路水族館 しまね海洋館 玉野海洋博物館
桂浜水族館 宮島水族館 ペンギン水族館
大分マリーンパレス かごしま水族館  

 

コショウダイと しながわ水族館

しながわ水族館では品川と海水槽にてコショウダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200505044859j:plain

品川と海水槽では東京湾で見られる魚を多種展示している水槽で、一つの水槽で多くの身近な魚を見ることができる水槽となっています。

品川の海水槽は奥行がなく障害物も少ないので魚を観察しやすい水槽でオススメです。

しながわ水族館ではトンネル水槽でコショウダイに模様が少し似ているセンネンダイも展示している是非一緒に見てください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。