水族館魚図鑑-イシダイ(Oplegnathus fasciatus)

イシダイは釣りの対象魚としても人気が高く、岩場に住む魚の中では知名度の高い魚だと思います。

高級魚としても知られていますが、大型の個体は地域によってシガテラ毒を持っている可能性があるので注意が必要です。(40cm前後くらいが一番美味しいようです)

 

 

イシダイについて!

イシダイは70cmに成長することもあるイシダイ科の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200505044312j:plain

イシダイはシマダイと呼ばれることもある、白と黒のストライプ柄が特徴的な魚です。

大きく成長したオスの個体は縞模様が消え、ネズミ色に口元だけ黒くなるのでクチグロと呼ばれています。

丈夫なくちばし状の口を持っており、貝類の殻ごとバリバリと砕いて食べてしまいます。(胃の中を見ると実際に食べているのはエビやカニといった生物が多いようです)

 

f:id:itsuwalove777:20200505044439j:plain

幼魚は波止場や海水浴場等の身近な環境でも群れでいる姿を見ることができます。

イシダイは釣りの対象魚としても人気で、釣りの餌にウニやサザエを使うこと、生息数が少なく難易度が高いこともありお金のかかる釣りとして知られています。

主に本州~九州で見られ、琉球諸島ではほとんど見られないようです。

しかし、琉球諸島ではイシダイではなく同じイシダイ科のイシガキダイが多く見られます。

自然界ではイシダイとイシガキダイの交雑種も確認されており、「イシガキイシダイ」や「キンダイ」(人工的に交雑に成功した近大から)などと呼ばれています。

交雑種に繁殖能力はなく、学名もありません。

 

和名 イシダイ
学名 Oplegnathus fasciatus
英名 Striped beakfish
スズキ目(Perciformes)
イシダイ科(Oplegnathidae)
イシダイ属(Oplegnathus)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁

イシダイは高級魚としても知られており、一般には流通せず料理店等に流通することが多いです。

旬は寒い時期~初夏まで(諸説あり)と言われており、刺身や煮つけ、汁物まで幅広い料理法で食べられています。(大型個体はシガテラ毒の危険があり)

英名の「Striped beakfish 」は縞模様のあるくちばしのある魚という意味になります。

和名のイシダイは岩場に生息している事からという説と岩も砕くような丈夫な歯を持っているためという説があるようです。

イシダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

イシダイはJAZA加入の施設のうち34ヵ所で展示されています。

サンピアザ水族館 男鹿水族館 加茂水族館
福島海洋科学館 大洗水族館 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 しながわ水族館 八景島シーパラダイス
新潟市水族館 上越水族博物館 寺泊水族博物館
下田海中水族館 東海大海洋博物館 魚津水族館
のとじま水族館 越前松島水族館 南知多ビーチランド
宮津水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 須磨水族園
姫路水族館 しまね海洋館 玉野海洋博物館
桂浜水族館 足摺海洋館 宮島水族館
海の中道水族館 ペンギン水族館 大分マリーンパレス
かごしま水族館    

国内の幅広い地域で見られ、白と黒のストライプ柄が派手で目立つので多くの水族館で展示されている魚です。

多くの水族館では小型の個体や縞模様のあるメスが展示されている場合が多い気がします。

 

イシダイと しながわ水族館

しながわ水族館では品川と海水槽にてイシダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200505044426j:plain

この水槽に展示されているイシダイは綺麗な白と黒のストライプ柄をした個体です。

この水槽は1つの水槽で多くの種類が展示されており、水もクリアで幅広・奥行があまりない作りになっているので観察しやすい水槽になっています。

この水槽では東京湾で見られ食卓に並ぶような魚が多く展示されているので、日ごろ食べている魚を観察することができるオススメの水槽です。

イシダイと大洗水族館

大洗水族館では入り口はいってすぐの大洗の岩場を再現した水槽にてイシダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200505044505j:plain

 

水槽自体も野外に設置されており、自然に近い形で展示されている岩場の魚を観察することができる水槽になっています。

イシダイは複数匹展示されていますが、群れを作る事なく単独で行動している姿を観察することができます。(ストライプ柄が目立つので簡単に見つけることができます)

イシダイの他にも数種類のフグやイセエビ、ダイナンウミヘビなど数十種類が展示されている展示種類が多い水槽なので全種類探してみても面白いと思います!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。