水族館魚図鑑-シロガネアジ(Selene vomer) ルックダウンとも

シロガネアジはルックダウンと呼ばれることも多いアジ科ヒラマナアジ属の魚です。(この記事では和名のシロガネアジで統一していますが、水族館ではルックダウンとして展示されている場合が多いです。)

国内では見ることができませんが特徴的な見た目から大西洋に生息している種類にしては展示している水族館が多い魚です。

 

 

シロガネアジについて!

シロガネアジは30cm程度になる中型のアジの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200502013150j:plain

シロガネアジは英名をそのまま呼んだルックダウンとして展示されていることが多いですが、ルックダウンは前方姿勢で見下ろしているような姿勢をとっていることが由来となっています。

顎が出ている特徴的な形状をしており、綺麗な銀色の体色をしています。

 

f:id:itsuwalove777:20200502022146j:plain

シロガネアジは体が薄く外敵から見つかりにくいようにしています。 

上の画像は斜めから撮影していますが、この魚の薄さがわかると思います。

主に小魚や甲殻類等を食べており、身は美味で現地では食用として利用されているようです。(身が薄いので大きさの割に食べる箇所は少ないようですが)

現地では小さな群れを作って生活しているようです。

 

和名 ルックダウン
学名 Selene vomer
英名 Lookdown
スズキ目(Perciformes)
アジ科(Carangidae)
ヒラマナアジ属(Selene)
分布

西部大西洋

生息環境 砂底、汽水域

ルックダウンは西大西洋の熱帯域で普通に見られる魚で、幼魚は汽水域にも侵入するようです。

和名のシロガネアジは銀色に光る表面の色が由来になっています。(サンシャイン水族館、葛西臨海水族園はルックダウンという名前で展示しているのでルックダウンという名前の方が通りがいいかもしれません。) 

シロガネアジを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

シロガネアジを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所となっています。

サンシャイン水族館 葛西臨海水族園 アクアパーク品川
志摩マリンランド    

 

シロガネアジとサンシャイン水族館

サンシャイン水族館では大西洋〜カリブ海〜水槽にてシロガネアジを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200502013117j:plain

この水槽ではシロガネアジが群れを作って水槽内を泳ぎ回る姿を観察することができます。(サンシャイン水族館の展示名はルックダウンになっています)

水槽も大き目でゆったりと泳いでいる姿を観察することができます。

この水槽ではあまり見られない大西洋に生息する魚が展示されているのでシロガネアジ以外も是非観察してみてください。

 

シロガネアジと葛西臨海水族園

葛西臨海水族園ではブラジル沿岸水槽にてシロガネアジを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200502013133j:plain

葛西臨海水族園のブラジル沿岸水槽はそこまで大きくないので泳いでいる姿は観察し辛いですが、見失うことがないので姿を観察しやすい水槽となっています。

大きくない水槽内を数匹の群れで泳いでいるので簡単に見つけることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。