水族館魚図鑑-ヨスジフエダイ(Lutjanus kasmira)

ヨスジフエダイは名前の通り、四本の線が入っているのが特徴の魚です。

大きな群れを作る魚なので、多くの水族館で展示されています。(1匹1匹は大きくないですが、群れを作るので大きな水槽で展示されることが多いです。)

 

 

ヨスジフエダイについて!

ヨスジフエダイは30cm程度になるフエダイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200404173436j:plain

上の画像のように黄色をベースに青白の4本ラインが入っているのが特徴です。

見た目が似ている種類としては、ロクセンフエダイという種類がいます。

ロクセンフエダイは名前の通り、6本のラインが入っている種類で線の数で見分けることができます。(六線という名前ですが、1本見にくいので5本に見えるかもしれません。)

大きな群れを作ることも多く、フエダイ科の魚の中でも個体数が多い種類です。

 

f:id:itsuwalove777:20200404042318j:plain

正面から見るとこんな感じです。

水槽が暗いので分かりにくいですが、顔は紫っぽく各ヒレは黄色となっています。

綺麗な見た目をしていますが、魚食性が強く魚をメインに食べていますが、甲殻類、軟体動物等幅広く捕食しています。

 

和名 ヨスジフエダイ
学名 Lutjanus kasmira
英名 Bluestripe snapper
スズキ目(Perciformes)
フエダイ科(Lutjanidae)
フエダイ属(Lutjanus)
分布

インド洋~西太平洋

生息環境  サンゴ礁、内湾等

ヨスジフエダイはフエダイの中でも広範囲に生息している種類で、アフリカのエジプト沿岸からオーストラリアまで幅広く見られる種類です。

基本的には60mよりも浅いサンゴ礁などで見られますが、一部地域では200mを超える深い水深から見つかることもあります。

国内では、琉球列島や小笠原諸島、本島では神奈川県、富山湾以南に生息しているようです。

ハワイ周辺には本来分布していませんでしたが、釣りや漁業の対象とするために1950年代に移入されて現在では個体数も増えており、現在では他の魚の住処を脅かすとのことで個体数を減らす活動が行われています。(ヨスジフエダイの単価が安く、当初の漁業の対象とする目的は達せられなかったようです)

ヨスジフエダイは他の多くのフエダイと同じく味が良く、沖縄等では食用として一般的に流通している魚です。

綺麗な魚で、観賞魚用として流通することもあるようです。

ヨスジフエダイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヨスジフエダイはJAZA加入の施設のうち、33ヵ所で展示されています。

サンピアザ水族館 登別ニクス 男鹿水族館
福島海洋科学館 足立区生物園 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 しながわ水族館 アクアパーク品川
すみだ水族館 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
寺泊水族博物館 下田海中水族館 東海大海洋博物館
のとじま水族館 越前松島水族館 南知多ビーチランド
碧南水族館 宮津水族館 鳥羽水族館
志摩マリンランド 伊勢シーパラダイス 串本海中公園
大阪海遊館 NIFREL 須磨水族園
玉野海洋博物館 宮島水族館 海の中道水族館
大分マリーンパレス かごしま水族館 美ら海水族館

ヨスジフエダイはフエダイの仲間の中でも展示施設が多い種類で、群れで展示されていることが多いです。

ヨスジフエダイと しながわ水族館

しながわ水族館では、トンネル水槽と海の楽園にてヨスジフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042334j:plain

ヨスジフエダイはトンネル水槽内で最も展示数が多い種類だそうで、1匹1匹は小さいですが、群れで泳いでいるので存在感があります。

群れで泳ぐと水槽内で黄色が良く目立つ魚です! 

 

f:id:itsuwalove777:20200404174157j:plain

出口の近くにある海の楽園水槽にも展示されています。

こちらの水槽はトンネル水槽に比べると小さく、明るいため観察しやすい水槽となっています。

トンネル水槽に展示されているヨスジフエダイよりも小型な個体が多いです。

 

ヨスジフエダイとサンシャイン水族館

サンシャイン水槽では、サンシャインラグーン水槽にてヨスジフエダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200404042700j:plain

サンシャインラグーン水槽は照明が明るく魚が綺麗に見える都内でもオススメの水槽です!(展示種類もサンゴ礁に住むカラフルな種類が多いです。)

この水槽では、数は多くはないですが小さな群れを作って泳ぐヨスジフエダイを観察することができます

ヨスジフエダイ以外にも魅力的な魚が多く展示されている水槽なので、サンシャイン水族館を訪れた際はゆっくりと観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。