水族館魚図鑑-オキゴンベ(Cirrhitichthys aureus)

オキゴンベは黄色~薄い赤色の体色をしたゴンベ科の魚で、背鰭には糸状に数本伸びています。

 

 

オキゴンベについて!

オキゴンベは15cm程度に成長するスズキ目ゴンベ科オキゴンベ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200521203926j:plain

上の画像のような明るいオレンジや赤、黄色といった色をしている個体が多く、 地面に斜め上を向く体勢をしています。

上の画像のように模様がはっきりしている個体から ほとんど模様がない個体までいます。

やや深場に生息しているため、沖に生息しているゴンベでオキゴンベという名前になったと言われています。

 

和名 オキゴンベ
学名 Cirrhitichthys aureus
英名 Yellow hawkfish
スズキ目(Perciformes)
ゴンベ科(Cirrhitidae)
オキゴンベ属(Cirrhitichthys)
分布

インド洋~中部太平洋

生息環境 岩礁・サンゴ礁

国内では相模湾以南に生息し、インドや中国などでも見られます。

岩礁地帯に生息し、甲殻類や小さな魚を主食としています。

オキゴンベは体が大きくなく、群れを作る魚ではないので一般的には食用としては利用されません。

変わった見た目から観賞魚用として利用されることがあります。 

オキゴンベを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オキゴンベを展示しているJAZA加入の施設は19施設になります。

大洗水族館 サンシャイン水族館 しながわ水族館
八景島シーパラダイス 新潟市水族館 上越水族博物館
三津シーパラダイス 南知多ビーチランド 名古屋港水族館
鳥羽水族館 志摩マリンランド 串本海中公園
大阪海遊館 須磨水族園 玉野海洋博物館
桂浜水族館 宮島水族館 ペンギン水族館
大分マリーンパレス    

 

大洗水族館とオキゴンベ

大洗水族館では沖縄の海エリアの水槽に展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200521203901j:plain

オキゴンベが展示されている水槽では、同じゴンベ科の魚であるクダゴンベも展示されています。

同じゴンベ科でもオキゴンベは地面にいることが多く、クダゴンベは海藻にしがみついていることが多く、違いを観察することができます。

f:id:itsuwalove777:20200605055405j:plain

変わった魚が多く展示されているオススメの水槽です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。