しながわ水族館 東京

しながわ水族館で展示されている淡水魚の紹介!

今回はしながわ水族館で展示されている淡水魚について紹介していきます!

しながわ水族館では熱帯雨林に生息している中~大型淡水魚の展示が充実しており、淡水魚が好きな方にもオススメの水族館です!


世界の大河から水槽の紹介!

しながわ水族館の「世界の大河から」は熱帯雨林に生息する中~大型魚を展示している展示エリアです。

1つの水槽としては東京都内でも中~大型淡水魚魚の展示が充実している水槽です。

上の水槽は「世界の大河から」にある大型の淡水魚水槽で、上の写真のように暗いです。

展示されているのはアジアアロワナ、シルバーアロワナ、コロソマ、フラミンゴシクリッド、タイガーシャベルノーズ、レッドテールキャット、アリゲーターガー、スッポンモドキ、オキシドラス、インディアンナイフフィッシュなどで多くの種類を見ることができます。

水槽が暗いので少し見にくいですが、ガラス面の近くを悠々を泳ぐ魚達を見ることができます。

タイガーシャベルとレッドテールキャットのナマズの仲間達は体も太く迫力があります!

意外と奥行きがある水槽ですが、奥の方は特に暗くて良く見えません。

暗い中でもフラミンゴシクリッドやシルバーアロワナなど淡色の体色をした種類は良く目立っていました。

暗くて良く見えませんが、目を凝らしてみると意外な種類が展示されていたりするので、是非探してみてください。

上の写真は奥の方に隠れていたインディアンナイフフィッシュという魚です。

東京湾に注ぐ川の紹介!

東京湾に注ぐ川エリアでは上流~下流までの川を展示しています。

上流エリアではサケの仲間が展示されており、上の写真のニジマスが水槽の前の方までてきて泳いでいました。

同じ水槽内ではニッコウイワナとヤマメも展示されていましたが、特にニッコウイワナは流木の下から顔を覗かしているだけで、前に出てくる事はありませんでした。

上の写真は中流水槽の一部で、ウグイ、ドジョウ、カマツカ、モツゴ、オイカワ、カワムツなど身近な河川で見られる魚達が展示されています。

身近で見ることができる魚が展示されている水槽ですが、水槽で綺麗に展示されていると普段見ているよりも魅力的に感じるのが不思議です!

下流水槽が上流~下流の中で最もオススメの水槽で、上のようにニシキゴイウ、コイ、ドイツゴイと大きなコイの仲間が目立つ水槽です。

コイの仲間の他にもカムルチー、クサガメやマスコットのようなカルガモも同じ水槽で展示されています。

カルガモは水面でプカプカと浮かんでおり可愛かったのでオススメです!


ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-しながわ水族館, 東京