水族館魚図鑑-コモンサカタザメ(Rhinobatos hynnicephalus)

コモンサカタザメは名前を聞くとサメの仲間であると思う方も多いかもしれませんが、ガンギエイ目の種類でエイの仲間です。

コモンは漢字で書くと「小紋」となり、身体にある小さな斑紋が由来となっています。

 

 

コモンサカタザメについて!

コモンサカタザメは最大70cmにまで成長するガンギエイの仲間です。

f:id:itsuwalove777:20200323031708j:plain

サカタザメと比較すると身体の色は明るめで、身体中に斑点があるのが特徴です。

サカタザメの仲間は他のエイの仲間と比べると胸ビレが広がらず、サメのような形をしています。

サメとエイを見分けるのは鰓孔の位置で見分けることができ、サカタザメの仲間は裏にあるのでエイの仲間であると判別できます。

 

f:id:itsuwalove777:20200323031658j:plain

身体の色は個体によって異なります。

形状を見てわかるように海底で甲殻類や小魚を食べて生活しています。

混獲されることもあり、フカヒレの代替品やお肉も食べられているようです。

 

和名 コモンサカタザメ
学名 Rhinobatos hynnicephalus
英名 Ringstreaked guitarfish
ガンギエイ目(Rajiformes)
サカタザメ科(Rhinobatidae)
サカタザメ属(Rhinobatos)
分布

南日本の太平洋側 東シナ海

生息環境  砂底

水深140m以浅の砂底に生息しています。

サカタザメと比較すると小型です。肉食で小型の魚類や甲殻類を主食としています。

f:id:itsuwalove777:20200401230933j:plain

英名のRingstreaked guitarfishは輪っか状の縞模様を持つサカタザメという意味になります。(英語ではサカタザメをギターのような魚という意味でguitarfishと呼んでいます)

輪っか模様にならない個体もいます。

コモンサカタザメを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コモンサカタザメはJAZA加入の施設のうち4ヶ所で展示されています。

加茂水族館 大洗水族館 新潟市水族館
上越水族博物館    

 

コモンサカタザメと大洗水族館

大洗水族館では、サメの海というエリアに展示されています。

f:id:itsuwalove777:20200323031719j:plain

この水槽では多くのサメが展示されていますが、こっそりサカタザメの仲間も展示されています。

コモンサカタザメの他にサカタザメやジャイアントショベルレイというサカタザメ科の種類を見ることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。