爬虫類図鑑 爬虫類図鑑-トカゲ

動物園・水族館爬虫類図鑑-アオホソオオトカゲ(Varanus macraei)

アオホソオオトカゲはインドネシアのバタンタ島に分布しているオオトカゲです。

「コバルトツリーモニター」と呼ばれる事があります。

 

 

アオホソオオトカゲについて!

アオホソオオトカゲは全長1.2m程度にまで成長する有隣目オオトカゲ科オオトカゲ属のトカゲです。

f:id:itsuwalove777:20210212234915j:plain

アオホソオオトカゲは青みがかった褐色の体色をしており、背側には迷彩模様や青白い斑点があります。

樹上性の種類で、細長い指と鋭い爪を持ち木の上での生活に適応しています。

非常に長い尾を持ち、体長の約2/3が尾を占めています。

 

f:id:itsuwalove777:20210212234822j:plain

オオトカゲの仲間としては細長い体型をしており、吻端は特に細いです。

食性は肉食で昆虫、鳥類、哺乳類等を捕食しています。

 

和名 アオホソオオトカゲ
学名 Varanus macraei
英名 Cobalt Tree monitor
有隣目(Squamata)
オオトカゲ科(Varanidae)
オオトカゲ属(Varanus)
分布 インドネシアのバタンタ島
生息環境 熱帯雨林

アオホソオオトカゲはインドネシアのバタンタ島にのみ分布しています。

熱帯雨林の樹上に生息しており、外敵に襲われた際は枝の中を俊敏に動き逃れるようです。

分布域が限られている事から絶滅が危惧されており、絶滅危惧IB類に指定されています。

日本では円山動物園で人工繁殖に成功しています。

アオホソオオトカゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アオホソオオトカゲを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

アオホソオオトカゲと円山動物園

円山動物園ではは虫類・両生類館にてアオホソオオトカゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210212234940j:plain

円山動物園では上のように木の枝をレイアウトされた水槽でアオホソオオトカゲを展示しています。

円山動物園では平成24年に人工繁殖に成功し、JAZAから繁殖賞を受賞しています。

アオホソオオトカゲの他にミズオオトカゲ、サイイグアナ、ニホンカナヘビ、チュウゴクワニトカゲ、アメリカドクトカゲなどのトカゲ亜目を展示しています。

アオホソオオトカゲとアクアパーク品川

アクアパーク品川ではアクアジャングルエリアにてアオホソオオトカゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210212234902j:plain

アクアパーク品川では上のように水と木でレイアウトされた水槽でアオホソオオトカゲを展示しており、テッポウウオやカワアナゴ?が同じ水槽で展示されていました。

アオホソオオトカゲの他にチュウゴクワニトカゲ、グリーンイグアナ、グリーンバシリスク、パンサーカメレオンなどのトカゲ亜目が展示されています。

アクアパーク品川ではは虫類・両生類の展示種類数は多くありませんが、珍しい種類も展示されています。

アオホソオオトカゲを展示している施設の一覧

アオホソオオトカゲを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

円山動物園 アクアパーク品川 天王寺動物園

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-爬虫類図鑑, 爬虫類図鑑-トカゲ