爬虫類図鑑 爬虫類図鑑-トカゲ

動物園・水族館爬虫類図鑑-サバンナオオトカゲ(Varanus exanthematicus)

サバンナオオトカゲはアフリカ大陸に分布しているオオトカゲの仲間で、オオトカゲの中でも小型の種類です。

愛好家の間では「サバンナモニター」と呼ばれる事が多いです。

 

サバンナオオトカゲについて!

サバンナオオトカゲは全長100cm程度にまで成長する有隣目オオトカゲ科オオトカゲ属のトカゲです。

アフリカに分布しているオオトカゲの仲間の中では最小種です。

f:id:itsuwalove777:20210212235046j:plain

サバンナオオトカゲは灰褐色などの体色(個体により差があり)をしており、淡色の斑点が入る個体もいます。

尾は太短く、暗色の縞模様が入っています。

食性は肉食で昆虫、陸棲の貝類などを捕食しています。

 

和名 サバンナオオトカゲ
学名 Varanus exanthematicus
英名 Savannah monitor
有隣目(Squamata)
オオトカゲ科(Varanidae)
オオトカゲ属(Varanus)
分布 アフリカ大陸西部~東部
生息環境 サバンナ

サバンナオオトカゲはアフリカ大陸西部~東部に広く分布しています。(北部や南部では見られません。)

和名の通り、サバンナに生息しています。

シロアリの蟻塚などを使用して産卵を行います。

日本ではペットして飼育される事があり、主に野生個体の卵を孵化させたものが流通しています。 

サバンナオオトカゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

サバンナオオトカゲを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

サバンナオオトカゲと東山動物園

東山動物園では自然動物館にてサバンナオオトカゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210212235033j:plain

東山動物園では上のように大きな岩が設置してあるケースでサバンナオオトカゲを展示しており、上のように大きな個体を見ることができます。

サバンナオオトカゲの他にコガネオオトカゲ、ミズオオトカゲ、グリーンイグアナ、ケイマンイワイグアナ、インドシナウォータードラゴン、フトアゴヒゲトカゲ、エボシカメレオン、パンサーカメレオンなどのトカゲ亜目を展示しています。

自然動物館では2Fで爬虫類・両生類を展示しており、展示種類は多く非常に充実しています。

サバンナオオトカゲを展示している施設の一覧

サバンナオオトカゲを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

かみね動物園 東山動物園  

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-爬虫類図鑑, 爬虫類図鑑-トカゲ