動物園・水族館爬虫類図鑑-ケイマンイワイグアナ(Cyclura nubila caymanensis)

ケイマンイワイグアナはリトルケイマン島、ブラック・ケイマン島にのみ分布している絶滅が危惧されているイワイグアナの仲間です。

日本では東山動物園で展示されています。

 

 

ケイマンイワイグアナについて!

ケイマンイワイグアナは全長50cm程度にまで成長する有隣目イグアナ科イワイグアナ属のトカゲです。

f:id:itsuwalove777:20210212234528j:plain

ケイマンイワイグアナは茶褐色や灰褐色の体色をしており、若い個体では薄い縞模様がある場合があります。

体側には淡色の斑点があり、前脚は黒色をしています。

背中~尾にかけてクレストと呼ばれる鬣状の鱗が並んでおり、幼体ではクレストが発達していません。

食性は草食で果実や花、葉を捕食しています。

 

和名 ケイマンイワイグアナ
学名 Cyclura nubila caymanensis
英名 Cuban ground iguana
有隣目(Squamata)
イグアナ科(Iguanidae)
イワイグアナ属(Cyclura)
分布

リトルケイマン島(イギリス)

ケイマン・ブラック島(イギリス)

生息環境 海岸の岩場など

ケイマンイグアナはキューバ近くにあるリトルケイマン島(イギリス)とケイマン・ブラック島(イギリス)に分布しています。

上の地図はリトルケイマン島の位置です。(隣にケイマン・ブラック島があります。)

ケイマンイワイグアナはオオイグアナの亜種の1種で、他にグランドケイマンイワイグアナ、キューバイワイグワナがいます。

春から繁殖活動を行いますが、岩場では巣穴を作る事ができないため、砂浜に移動して巣穴を作って産卵します。

分布域が2島に限られており、生息環境の破壊により生息数が減少しているため絶滅が危惧されています。(IUCNのレッドリストでは絶滅危惧IA類に指定されています。)

開発による生息環境の破壊、持ち込まれた犬や猫などに捕食された事によりケイマン・ブラック島では100頭以下、リトルケイマン島で1,500頭程度が生息していると考えられています。

ケイマンイワイグアナを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ケイマンイワイグアナを展示しているJAZA加入の施設は東山動物のみとなっています。

ケイマンイワイグアナと東山動物園

東山動物園では自然動物館にてケイマンイワイグアナを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210212234512j:plain

東山動物園では上のように岩でレイアウトされたケースでケイマンイワイグアナを展示しており、大きなケース内で展示されているケイマンイワイグアナを見る事ができます。

自然動物館ではケイマンイワイグアナの他にグリーンイグアナ、インドシナウォータードラゴン、フトアゴヒゲトカゲ、コガネオオトカゲ、サバンナオオトカゲなど多くのトカゲ亜目を展示しています。

東山動物園では動物園の中でも爬虫類の展示が非常に充実した施設で、珍しい種類も多く展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。