動物園・水族館爬虫類図鑑-イワヤマプレートトカゲ(Gerrhosaurus validus)

イワヤマプレートトカゲはアフリカ南部に分布しているカタトカゲの仲間です。

日本ではペットとして飼育される事がありますが、神経質な性格をしており、流通量が少ないです。

 

 

イワヤマプレートトカゲについて!

イワヤマプレートトカゲは全長60cm程度にまで成長する有隣目カタトカゲ科プレートトカゲ属のトカゲです。

f:id:itsuwalove777:20210212235252j:plain

イワヤマプレートトカゲは薄い灰褐色や黒褐色の体色をしており、体側には淡色の横縞模様があります。

全身を板状の鱗に覆われている事がプレートトカゲという名前の由来になっています。

食性は雑食で果実や花、昆虫などを捕食しています。

 

和名 イワヤマプレートトカゲ
学名 Gerrhosaurus validus
英名 Giant plated lizard
有隣目(Squamata)
カタトカゲ科(Gerrhosauridae)
プレートトカゲ属(Gerrhosaurus)
分布 アフリカ南部
生息環境 乾燥した岩場や草原

イワヤマプレートトカゲはアンゴラ、ザンビア、ジンブバエ南部、スワジランド、ナミビア、マラウィ、モザンビーク、南アフリカに分布しています。

乾燥した草原や岩場などに生息しています。 

神経質な性格をしており、近づくと岩の隙間などに逃げ込みます。

同じカタトカゲ科のオニプレートトカゲと異なり、ペットとしての人気は高くないようです。

イワヤマプレートトカゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

イワヤマプレートトカゲを展示しているJAZA加入の施設は登別マリンパークニクスのみとなっています。

イワヤマプレートトカゲと登別マリンパークニクス

登別マリンパークニクスでは陸族館にてイワヤマプレートトカゲを展示しています。 

f:id:itsuwalove777:20210212235335j:plain

登別マリンパークニクスでは上のような展示場でイワヤマプレートトカゲを展示しています。

登別マリンパークニクスはJAZA加入の施設のうち、唯一イワヤマプレートトカゲを展示しています。

陸族館ではイワヤマプレートトカゲの他にオオヒルヤモリ、コガネオオトカゲ、ヒガシアオジタトカゲなどのトカゲの仲間を展示しています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。