動物園・水族館爬虫類図鑑-オニプレートトカゲ(Broadleysaurus major)

オニプレートトカゲはペットとして人気の高い種類で、アフリカ中央部~東部に分布しています。

 

 

オニプレートトカゲについて!

オニプレートトカゲは全長45cm程度にまで成長する有隣目カタトカゲ科Broadleysaurus属のトカゲになります。

f:id:itsuwalove777:20210212235352j:plain

上の個体はニシオニプレートトカゲです。 

オニプレートトカゲは灰褐色の体色をしており、目立つ鱗を持っています。

暑さや外敵から逃れる際にシロアリの蟻塚や地面の穴に隠れる事があります。

食性は肉雑食で果実や花、昆虫類、爬虫類、小型の哺乳類などを捕食しています。

 

和名 オニプレートトカゲ
学名 Broadleysaurus major
英名 Rough-scaled plated lizard
有隣目(Squamata)
カタトカゲ科(Gerrhosauridae)
Broadleysaurus属(Broadleysaurus)
分布 アフリカの中央~東部
生息環境 砂漠、サバンナ

オニプレートトカゲはアフリカ中央~東部に分布しています。

2亜種に分けられており、ニシオニプレートトカゲとヒガシオニプレートトカゲです。(ニシオニプレートトカゲをヒガシオニプレートトカゲのシノニムだとする説もあります。)

オニプレートトカゲはカタトカゲ科の中でも大人しく大型にならないため、ペットとしての人気の高い種類で、日本でもペットとして飼育される事があります。

オニプレートトカゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オニプレートトカゲを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

オニプレートトカゲと東山動物園

東山動物園では自然動物館にてオニプレートトカゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210212235406j:plain

東山動物園はJAZA加入の施設のうち、唯一オニプレートトカゲを展示している施設です。(展示されている個体はニシオニプレートトカゲとなっています。)

自然動物館では爬虫類・両生類の展示が充実しており、 グリーンイグアナ、ケイマンイワイグアナ、コガネオオトカゲ、サバンナオオトカゲ、ミズオオトカゲなどの大型種も見ることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。