動物園・水族館爬虫類図鑑-アンボイナホカケトカゲ(Hydrosaurus amboinensis)

アンボイナホカケトカゲはアンボイナ島やニューギニア島に分布しているホカケトカゲの仲間で、尾にクレストと呼ばれる帆のようなヒレ状の突起があります。

日本ではペットとして飼育される事がありますが、活発的な種類で落ち着いた環境と大型のケージが必要です。

 

 

 

アンボイナホカケトカゲについて!

アンボイナホカケトカゲは全長1m以上に成長する有隣目アガマ科ホカケトカゲ属のトカゲです。

f:id:itsuwalove777:20210416021349j:plain

アンボイナホカケトカゲは緑褐色や黒褐色の体色をしており、 迷彩模様が表れる個体もいます。

成体には尾に帆のような突起があり、これが和名の由来になっています。

この帆のような突起をクレストと呼んでおり、オスの方が大きく発達します。

 

f:id:itsuwalove777:20210416021406j:plain

水場近くの森林に生息しており、後肢には水かきがあり、泳ぎも得意です。

外敵に襲われた際は水中に逃げる事があり、短距離であれば水上を走る事もできます。(属名の「Hydrosaurus」は水のトカゲという意味です。)

食性は植物食傾向の強い雑食で、葉、果実、昆虫、爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を捕食しています。

 

和名 アンボイナホカケトカゲ
学名 Hydrosaurus amboinensis
英名 Malayan sailfin lizard
有隣目(Squamata)
アガマ科(Agamidae)
ホカケトカゲ属(Hydrosaurus)
分布 ニューギニア島、アンボイナ島
生息環境 森林 

アンボイナホカケトカゲはニューギニア島、アンボイナ島に分布しています。

水場近くの森林に生息しており、樹上で見られる事が多いです。

日本ではペットとして飼育される事があり、輸入されています。

活発的な種類で、驚くと高速で移動して壁にぶつかるため、大型のケージで飼育する必要があります。

アンボイナホカケトカゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アンボイナホカケトカゲを展示しているJAZA加入の施設は鳥羽水族館のみとなっています。

アンボイナホカケトカゲと鳥羽水族館

鳥羽水族館では奇跡の森エリアにてアンボイナホカケトカゲを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416021422j:plain

鳥羽水族館では複数の個体が展示されており、上のように迷彩模様の個体や緑褐色の個体が展示されていました。

JAZA加入の施設のうち、唯一アンボイナホカケトカゲを展示している施設です。

このエリアではアンボイナホカケトカゲの他にフトアゴヒゲトカゲ、グリーンイグアナなどが展示されています。(トカゲの他にカメやカエル、ヘビなどの爬虫類・両生類が展示されています。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。