水族館魚図鑑-クマサカフグ(Lagocephalus lagocephalus)

クマサカフグはサバフグの仲間で、暗色の体色と細長い体型が特徴です。

クマサカフグという名前の由来は平安時代の盗賊「熊坂長範」で、泥棒のように泥にまみれたような体色をしているからという説があります。

 

 

クマサカフグについて!

クマサカフグは体長40cm程度にまで成長するフグ目フグ科サバフグ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201102151011j:plain

クマサカフグは上半分は暗色で下半分は白色になっており下半分には小さな棘があります。

胸鰭の上部が暗色で下側が淡色というクマサカフグの特徴に合致していますが、多くの個体では他の鰭が黒っぽくなるのですが上の個体は透明です。(飼育個体だから??)

他に飼育している施設ないので良く分かりません。

食性は他のフグと同じように肉食だと考えられています。

 

和名 クマサカフグ
学名 Lagocephalus lagocephalus
英名 Oceanic puffer
フグ目(Tetraodontiformes)
フグ科(Tetraodontidae)
サバフグ属(Lagocephalus)
分布

西部太平洋

生息環境 沖合

クマサカフグはインド洋~西部太平洋に生息しており、国内では相模湾以南、伊豆七島など暖かい海域で見られます。

遊泳力が高いフグで沖合の表層で多く見られ、沖合の定置網等で漁獲されるようです。

毒性が不明で一般的には食用として利用されていません

クマサカフグを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クマサカフグを展示しているJAZA加入の施設は記載がないため不明です。

東海大海洋博物館で展示されているのを確認しました。(2020年10月時点)

サバフグを展示しているJAZA加入の施設は他にないと思います。(JAZAには一切記載がありません。)

常時、フグ目を100種類展示している海響館(山口県)ではタイミングが良いとみられるかもしれません。

クマサカフグと東海大海洋博物館

東海大海洋博物館では駿河湾の生きものエリアにてクマサカフグを展示しています。(2020年10月時点)

f:id:itsuwalove777:20201102150957j:plain

クマサカフグを展示している水槽ではクマサカフグの他にカンパチ、シイラ、トビエイ、ウチワザメ、ドチザメ、ギマ、オオニベなどを展示しています。

沖合で見られるような魚が多く展示されており、オススメの水槽となっています。

クマサカフグを見ることができる水族館は他にないので訪れた際は是非観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。