水族館魚図鑑-メガロドラス(Megalodoras uranoscopus)

メガロドラスは独特な見た目をしたナマズの仲間で、日本でも観賞魚として飼育されることがあります。

 

 

メガロドラスについて!

メガロドラスは体長60cm程度にまで成長するナマズ目Doradidae科Megalodoras属の魚です。

Megalodorasは世界中に2種が確認されています。

f:id:itsuwalove777:20210315021015j:plain

メガロドラスの成魚は上の写真のように体側に鎧のような模様があり、体の中央部付近に棘が列になって並んでいます。

体側の模様は生息環境により変化するため、個体差があるようです。

 

f:id:itsuwalove777:20210315021029j:plain

頭部もユニークな形状をしており、凸凹しています。

食性は肉食で甲殻類や小型の魚類等を捕食しています。

 

和名 メガロドラス
学名 Megalodoras uranoscopus
英名 giant talking catfish
ナマズ目(Siluriformes)
Doradidae科(Doradidae)
Megalodoras属(Megalodoras)
分布 アマゾン川流域、ボリビア、コロンビアなど
生息環境 河川

メガロドラスはアマゾン川流域(ブラジル、ボリビア、コロンビア等)に生息しています。

小さな群れを作る事があり、昼行性です。

現地では食用として利用されており、水産資源として重要な種類です。

日本にも観賞魚として輸入される事があり(流通するのは幼魚がほとんど)、温和な性格をしているため口に入らないサイズの魚との混泳も望めます。

メガロドラスを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

メガロドラスを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

メガロドラスと千歳水族館

千歳水族館では世界の淡水魚エリアにてメガロドラスを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210315020534j:plain

千歳水族館では上のように大型のナマズ、ガーを展示した水槽でメガロドラスを展示しており、一緒に展示されているレッドテールキャットやタイガーシャベルノーズに比べるとじっとしている事が多かったです。

この水槽ではメガロドラスの他にレッドテールキャット、タイガーシャベルノーズ、アリゲーターガーを展示しています。

メガロドラスを展示している施設の一覧

メガロドラスを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

千歳水族館 なかがわ水遊園 さいたま水族館
サンシャイン水族館    

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。