水族館魚図鑑-コリドラス・シュワルツィ(Corydoras schwartzi)

コリドラス・シュワルツィはブラジルの熱帯魚輸出業者のウィリー・シュワルツィという人物が名前の由来になっているコリドラスです。

日本でも観賞魚として飼育されています。

 

 

コリドラス・シュワルツィについて!

コリドラス・シュワルツィは体長4cm程度にまで成長するナマズ目カリクティス科コリドラス属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210315015627j:plain

コリドラス・シュワルツィは体側に黒色の斑点が列になっており、胸鰭・背鰭の棘条が白色になっています。

他のほとんどコリドラスと同じように底部で生活しています。

食性は雑食で水中昆虫、甲殻類、植物等を捕食しています。

 

和名 コリドラス・シュワルツィ
学名 Corydoras schwartzi
英名 Schwartz's Cory Cat
ナマズ目(Siluriformes)
カリクティス科(Callichthyidae)
コリドラス属(Corydoras)
分布 プルス川流域(アマゾン川の支流)
生息環境 河川

コリドラス・シュワルツィはアマゾン川の支流であるプルス川流域に生息しています。

日本でも観賞魚として流通している小型のコリドラスで、飼育難易度は易しいです。

メジャーなコリドラス・パンダ、コリドラス・アエネウス、コリドラス・パレアタスなどに比べると流通量は少なめです。

古くから観賞魚として飼育されているコリドラスで、背鰭が長く伸長する「スーパー」と呼ばれるタイプも流通しています。

コリドラス・シュワルツィを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コリドラス・シュワルツィを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

コリドラス・シュワルツィと志摩マリンランド

志摩マリンランドではマンボウ館にてコリドラス・シュワルツィを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210315015650j:plain

志摩マリンランドでは上のようにコリドラスのみが展示されている水槽でコリドラス・シュワルツィを展示しています。

この水槽ではコリドラス・シュワルツィの他にコリドラス・レティキュラータス、コリドラス・ハスタートゥス、コリドラス・ステルバイが展示されていました。

コリドラス・シュワルツィを展示している施設の一覧

コリドラス・シュワルツィを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

志摩マリンランド 大阪海遊館  

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。