水族館魚図鑑-ヨコスジクロゲンゲ(Lycodes hubbsi)

ヨコスジクロゲンゲは千葉県以北の太平洋側、オホーツク海等に生息しているゲンゲの仲間です。

国内では福島海洋科学館と新江ノ島水族館で展示されています。(2020年11月時点)

 

 

ヨコスジクロゲンゲについて!

ヨコスジクロゲンゲは体長15cm程度にまで成長するスズキ目ゲンゴ科マユカジ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210301145607j:plain

ヨコスジクロゲンゲは灰褐色や茶褐色の体色に白色の横帯が6本あります。 

細長い体型をしており、頭部以外は鱗で覆われています。

 

和名 ヨコスジクロゲンゲ
学名 Lycodes hubbsi
英名  
スズキ目(Perciformes)
ゲンゲ科(Zoarcidae)
マユガジ属(Lycodes)
分布 銚子以北の太平洋側、千鳥列島
生息環境 深海

ヨコスジクロゲンゲは千葉県以北の太平洋側、オホーツク海、千鳥列島に生息しています。

水深200~500mの砂泥底に生息しています。

底引き網で漁獲されることもありますが、食用として利用されることはほとんどありません。

ヨコスジクロゲンゲを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヨコスジクロゲンゲを展示しているJAZA加入の施設は福島海洋科学館のみとなっています。

JAZA加入の施設ではありませんが、新江ノ島水族館でも展示されていました。(2020年11月時点)

ヨコスジクロゲンゲと新江ノ島水族館

ヨコスジクロゲンゲは深海Ⅰ ~JAMSTECとの共同研究~エリアにてヨコスジクロゲンゲを展示しています。(2020年11月時点)

f:id:itsuwalove777:20210228031743j:plain

新江ノ島水族館では上のような水槽でヨコスジクロゲンゲを展示しており、地面でじっとして動いていませんでした。

同じ水槽でヤマトコブシカジカなども展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。