水族館魚図鑑-ヒメアイゴ(Siganus virgatus)

ヒメアイゴはアイゴの仲間でも展示している水族館の多い種類で綺麗な見た目をしています。

ヒフキアイゴに似ていますが吩が突き出ないことで見分けることができます。

 

 

ヒメアイゴについて!

ヒメアイゴは体長20cm程度にまで成長するスズキ目アイゴ科アイゴ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200917215205j:plain

ヒメアイゴは腹側が白色で背側が黄色になり、目の下と鰓蓋の後方に斜めの黒線が入ります。

頭部には青色のラインが数本入っており、角度によっては上のように非常に綺麗な目をしています。

同じアイゴ科のヒフキアイゴに模様やカラーバリエーションが似ていますが吩が突き出ないことで見分けることができます。

f:id:itsuwalove777:20201117015726j:plain

ヒメアイゴの体色には個体差があり、黄色っぽい個体が多いですが、上のように白っぽい個体や褐色の個体もいます。

食性は草食性の強い雑食で藻類を主食としています。

 

和名 ヒメアイゴ
学名 Siganus virgatus
英名 Barhead spinefoot
スズキ目(Perciformes)
アイゴ科(Siganidae)
アイゴ属(Siganus)
分布

東部インド洋~西部太平洋

生息環境 岩礁、サンゴ礁

ヒメアイゴは東部インド洋〜西部太平洋に生息しており、国内では紀伊半島以南で見られます。

水深の浅いサンゴ礁・岩礁で見られます。

自然界では姿の似ているヒフキアイゴと一緒に群れていることもあるようです。

ヒメアイゴは食用、観賞魚として流通しており、アイゴの中でも人気の高い種類です。

食用としては主に沖縄で利用されています。

ヒメアイゴを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ヒメアイゴを展示しているJAZA加入の施設は17ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ヒメアイゴとサンピアザ水族館

サンピアザ水族館では1Fの円形水槽の中でヒメアイゴを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201117015822j:plain

この水槽は円形の水槽で若魚・幼魚を展示しており、ヒメアイゴの他にヒフキアイゴ、ツノダシ、ナンヨウハギなどを展示しています。

多くの水族館で見られるメジャーな種類を展示している水槽ですが、多くの水族館で展示されている魚の小さな姿を見ることができます。

ヒメアイゴとヨコハマおもしろ水族館

ヨコハマおもしろ水族館ではおもしろ水族館エリアにてヒメアイゴを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200917215205j:plain

ヒメアイゴを展示している水槽では他にキイロハギやナンヨウハギといったニザダイ科の魚が一緒に展示されています。

この水槽のテーマは魚の餌の好き嫌いについてで、様々な野菜を与えて魚の反応を観察した水槽になっています。

他の水族館にはない面白い水槽になっているのでヨコハマおもしろ水族館を訪れた際は是非観察してみてください。

ヒメアイゴを展示している水族館の一覧

ヒメアイゴを展示しているJAZA加入の施設は17ヵ所です。

登別ニクス 福島海洋科学館 鴨川シーワールド
サンシャイン水族館 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
越前松島水族館 碧南水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 鳥羽水族館 大阪海遊館
須磨水族園 しまね海洋館 宮島水族館
かごしま水族館 美ら海水族館  

ヒメアイゴはアイゴの仲間の中では展示施設が多い種類で10箇所以上の施設で見られます。

観賞魚としても流通しているためか展示している地域も北から南まで多くの地域で見られます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。