水族館魚図鑑-バターハムレット(Hypoplectrus unicolor)

バターハムレットは白色の体色に尾柄部に黒色の斑点があるハタ科の魚で、日本でも観賞魚として流通することがあります。

ハムレットの仲間は1匹でオスとメス両方の機能を持つ事で知られています。

 

 

バターハムレットについて!

バターハムレットは体長12cm程度にまで成長するスズキ目ハタ科Hypoplectrus属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210311125839j:plain

バターハムレットは白色の体色に小柄部に黒色の斑点があるのが特徴です。(目の前方に黒色の斑点がある個体もいます。)

目は頭部に対して大きく、目の周辺には明るい青色の線があります。

食性は肉食で小型甲殻類や小型の魚類等を捕食しています。

 

和名 バターハムレット
学名 Hypoplectrus unicolor
英名 butter hamlet
スズキ目(Perciformes)
ハタ科(Serranidae)
Hypoplectrus属(Hypoplectrus)
分布

西部大西洋

生息環境 岩礁

バターハムレットはフロリダ州沿岸、バハマ、カリブ海などの太平洋西部に生息しています。

沿岸部や汽水域で見られます。

観賞魚や水族館で飼育されることがあります。(日本でも流通することがあります。)

バターハムレットを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

バターハムレットはJAZA加入の施設では葛西臨海水族園のみで展示されています。

バターハムレットと葛西臨海水族園

葛西臨海水族園ではカリブ海水槽にてバターハムレットを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200904122133j:plain

葛西臨海水族園は国内で唯一、バターハムレットを展示している水族館です。

この水槽ではバターハムレットの他にスペードフィッシュ、グレイエンゼルフィッシュ、フレンチエンゼルフィッシュ、クイーンエンゼルフィッシュ、ロックビューティーなどが展示されています。

この水槽では約20種類の魚が展示されており、この水槽でしか見られない魚多くいるので、葛西臨海水族園を訪れた際は是非観察してみてください!(世界の海エリアの中では大型の水槽です。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。