水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-ブダイ科

水族館魚図鑑-イロブダイ(Cetoscarus ocellatus)

イロブダイは成魚と幼魚、成魚の性別により見た目が大きく異なるブダイの仲間です。

ブダイの中でも味が良い魚とされており、食用としても利用されています。

 

 

イロブダイについて!

イロブダイは体長80cm程度にまで成長するスズキ目ブダイ科イロブダイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210305193320j:plain

イロブダイの成魚は性別によって見た目が異なり、メスは上の写真のように地味な見た目をしています。

オスはメスよりも鮮やかな見た目をしており、青緑色の体色に頭部・腹部、尾鰭などに橙色の線や斑点があります。

 

f:id:itsuwalove777:20210305193228j:plain

上の写真はイロブダイの幼魚です。

幼魚は白色の体色に頭部に太い橙色の横帯、尾鰭の後端が橙色になり、背鰭に黒色の斑点があります。

食性は草食で死んだサンゴ等に付着した藻類等を捕食しています。

 

和名 イロブダイ
学名 Cetoscarus ocellatus
英名 Bicolour parrotfish
スズキ目(Perciformes)
ブダイ科(Scaridae)
イロブダイ属(Cetoscarus)
分布 インド洋~太平洋
生息環境 サンゴ礁、岩礁

イロブダイはインド洋~太平洋西部に生息しており、国内では和歌山県以南で見られます。

水深の浅いサンゴ礁や岩礁に生息しています。

刺し網などで漁獲されており、大型の個体の方が味が良いようです。

ブダイの中でも味の評価が高く、刺身や煮付け、揚げ物などで利用されます。

幼魚は綺麗な見た目をしており、観賞魚として飼育される事があります。

イロブダイを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

イロブダイを展示しているJAZA加入の施設は10ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

イロブダイと鴨川シーワールド

鴨川シーワールドではトロピカルアイランドにてイロブダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210314032527j:plain

鴨川シーワールドでは砂浜とサンゴ礁を再現した水槽の中でイロブダイを展示しており、上のようにメスの個体が展示されていました。

この水槽ではイロブダイの他にアオウミガメ、トラフザメ、ヒブダイ、オビテンスモドキ、ナンヨウツバメウオ、メガネモチノウオ、ミツボシクロスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ワヌケヤッコ、オニボラなど30種類近い魚が展示されています。

イロブダイとマリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道では奄美のサンゴ礁エリアにてイロブダイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210305193457j:plain

マリンワールド海の中道では上のような水槽でイロブダイを展示しており、障害物が多い水槽なので隠れている事も多いです。 展示されている個体はメスのみでした。

この水槽ではイロブダイの他にギチベラ、サラサハタ、スミツキベラ、ムレハタタテダイ、チョウハン、トゲチョウチョウウオ、ニセフウライチョウチョウウオなどが展示されています。

イロブダイを展示している施設の一覧

イロブダイを展示しているJAZA加入の施設は10ヵ所です。

鴨川シーワールド サンシャイン水族館 しながわ水族館
アクアパーク品川 八景島シーパラダイス 名古屋港水族館
須磨水族園 しまね海洋館 海の中道水族館
美ら海水族館    

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-ブダイ科