水族館魚図鑑-シコンハタタテハゼ(Nemateleotris helfrichi)

シコンハタタテハゼは名前の通り、体の前半部が紫色をしたハタタテハゼの仲間です。

日本国内では奄美大島以南で見られ、観賞魚として飼育される事もあります。

 

 

シコンハタタテハゼについて!

シコンハタタテハゼは体長5cm程度にまで成長するスズキ目クロユリハゼ科ハタタテハゼ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210302235024j:plain

シコンハタタテハゼは体の前半部は紫色、後半部が白色をしています。

頭部は黄色で、第一背鰭は長く伸長しています。

 

f:id:itsuwalove777:20210312212918j:plain

上の写真はアケボノハゼです。

同じハタタテハゼ属のアケボノハゼと似ていますが、体色で見分けることができます。

食性は肉食で動物プランクトン等を捕食しています。

 

和名 シコンハタタテハゼ
学名 Nemateleotris helfrichi
英名 Helfrichs' dartfish
スズキ目(Perciformes)
クロユリハゼ科(Ptereleotridae)
ハタタテハゼ属(Nemateleotris)
分布 西部太平洋~南部太平洋
生息環境 岩礁、サンゴ礁

シコンハタタテハゼは西部太平洋~南部太平洋に生息しており、国内では奄美大島以南で見られます。

沿岸部や内湾の岩礁やサンゴ礁で見られ、巣穴を作り、巣穴近くでホバリングしている事が多いです。

他のハタタテハゼ属の魚と同じように観賞魚として飼育される事があります。(ハタタテハゼと比べると流通量は少ないです。)

シコンハタタテハゼを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

シコンハタタテハゼを展示しているJAZA加入の施設は記載がありません。

八景島シーパラダイスで展示しているのを確認しました。(2020年11月時点)

シコンハタタテハゼと八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスでは「はじまりの海」エリアにてシコンハタタテハゼを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210302234754j:plain

八景島シーパラダイスでは上の幅広い水槽でシコンハタタテハゼを展示しており、シコンハタタテハゼは砂底になっている場所の中層付近を泳いでいました。

この水槽ではアナーズダムセル、コガネキュウセン、カンムリベラ、クロユリハゼ、アラビアンエンゼルフィッシュ、ニシキアナゴ、チンアナゴなどが展示されています。

アクアミュージアムの入り口にある水槽で、隣の水槽も合わせ、ここでしか見られない種類を多く展示しています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。