水族館魚図鑑-クマノミ(Amphiprion clarkii)

クマノミはカクレクマノミの橙と白の明るい色彩と比べると、暗色が多いクマノミの仲間です。

本種は名前の通り、THE・クマノミという種類ですが、クマノミというとカクレクマノミをイメージする方が多いようです。

観賞魚として人気の高い種類で、クマノミ全体を指すのと区別するためにナミクマノミ(並のクマノミ)と呼ばれることもあります。

 

 

クマノミについて!

クマノミは15cm程度にまで成長するスズキ目スズメダイ科クマノミ属の魚です。

メスの方がオスよりも大きく、オスは10cm程度まで成長します。(クマノミはメス→オスへと性転換するため、一般的にメスのほうが大きくなります)

他のクマノミ属と比べると体高があり、ずんぐりとした印象を受けます。

クマノミ属で最も良く飼育されているカクレクマノミが10cmに満たないので、比べると大きさが際立ちます。

f:id:itsuwalove777:20200724202217j:plain

クマノミはオレンジ色に白の横線が2本入っています。

クマノミは背側が黒くなっており、これは成長するほと範囲が広がっていきます。(成長した個体の中には体の部分は全部黒く鰭が橙色の個体もいます)

 

f:id:itsuwalove777:20200801201309j:plain

クマノミは尾鰭の色で性別を見分けることができ、黄色や透明がオス、白色がメスです。

上の写真のように白色の尾鰭はメスの個体です。

食性は雑食性で岩などに付着した藻類や動物プランクトンなどを捕食します。

クマノミの仲間は英語で「anemonefish」や「clownfish」と呼ばれており、anemonefishはイソギンチャク(anemone)と一緒にいる魚というのが由来になっています。

 

和名 クマノミ
学名 Amphiprion clarkii
英名 Clark's anemonefish
スズキ目(Perciformes)
スズメダイ科(Pomacentridae)
クマノミ属(Amphiprion)
分布

インド洋~太平洋

生息環境  

クマノミはインド洋〜太平洋に広く生息しており、国内では、千葉県以南の太平洋側、琉球列島、小笠原諸島等で見られます。

クマノミはイソギンチャクと共生することで知られていますが、共生するイソギンチャクの種類はクマノミの種類により異なります。

その中でも、クマノミは多くのイソギンチャクと共生する種類です。

イソギンチャクの周りを縄張りとして縄張りに入る魚を追い出すなど攻撃的な性格ですが、これは共生関係にあるイソギンチャクを食べる魚を追い払う必要があるからかもしれません。

体が小さいので食用としては利用されませんが、観賞魚として人気の高い魚です。

飼育の際にはイソギンチャクは必須ではなく、イソギンチャクが無くても飼育することができます。

 

クマノミを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クマノミはJAZA加入の施設のうち30ヵ所以上の施設で展示されています。

クマノミ属の中では多くの施設で展示されている種類で、カクレクマノミに次ぐ展示施設数です。

展示施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

クマノミと葛西臨海水族園

葛西臨海水族園では伊豆七島水槽にてクマノミを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200724234146j:plain

大きなクマノミが水槽真ん中の岩場にあるイソギンチャクと共生しています。

何度かクマノミが産卵したことがある水槽で時期によっては卵を見られたり、産卵している姿を見ることができるかもしれません。

クマノミの他にキンセンイシモチやトゲチョウチョウウオなど小型種が展示されています。

上の写真を撮影した時も産卵中ですという掲示がされていましたが、どこが卵か分かりませんでした…

 

クマノミと しながわ水族館

しながわ水族館では海の宝石箱にてクマノミを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200801201309j:plain

海の宝石箱水槽は大きな水槽で、その水槽でサンゴ礁に生息するカラフルな魚と一緒にクマノミが展示されているため探すのが少し難しいかもしれません。

海の宝石箱ではクマノミが展示されており、別の場所にある共生水槽ではカクレクマノミが展示されている水槽があります。

そちらの水槽の方ではカクレクマノミが多く展示されており、イソギンチャクとクマノミ、共生ハゼとテッポウエビの自然界の共生を観察することができます。

クマノミを展示している水族館一覧

クマノミはJAZA加入の施設のうち30ヵ所以上の施設で展示されています。

福島海洋科学館 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
葛西臨海水族園 しながわ水族館 アクアパーク品川
すみだ水族館 新潟市水族館 寺泊水族博物館
三津シーパラダイス 下田海中水族館 東海大海洋博物館
のとじま水族館 南知多ビーチランド 碧南水族館
京都水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
伊勢シーパラダイス 串本海中公園 大阪海遊館
須磨水族園 城崎マリンワールド 姫路水族館
桂浜水族館 足摺海洋館 宮島水族館
海の中道水族館 ペンギン水族館 大分マリーンパレス
かごしま水族館 美ら海水族館  

クマノミは子供から大人まで人気のある魚なので、各地で展示されています。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。