水族館魚図鑑-コルテスエンゼルフィッシュ(Pomacanthus zonipectus)

コルテスエンゼルフィッシュは幼魚期に綺麗な見た目をしているキンチャクダイ科の魚で、観賞魚として飼育されることがあります。

国内の水族館ではアクアパーク品川(幼魚)のみで展示されているようです。

 

 

コルテスエンゼルフィッシュについて!

コルテスエンゼルフィッシュは体長45cm程度にまで成長するスズキ目キンチャクダイ科サザナミヤッコ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210228031323j:plain

上の写真は幼魚で、他の多くのサザナミヤッコ属の幼魚よりも暗い体色で黄色の線があります。(上の個体は観賞魚用の養殖個体?野生個体は通常、体が部分の黄色のラインが湾曲を含む横帯をしています。)

成魚になると頭部は橙・黄色、体の中央部が灰褐色、体の後半部は黒色とユニークな見た目になります。

食性は雑食で藻類、甲殻類等を捕食しています。

 

和名 コルテスエンゼルフィッシュ
学名 Pomacanthus zonipectus
英名 Cortez angelfish
スズキ目(Perciformes)
キンチャクダイ科(Pomacanthidae)
サザナミヤッコ属(Pomacanthus)
分布 カリフォルニア湾~ペルー
生息環境 サンゴ礁

コルテスエンゼルフィッシュはカリフォルニア湾、メキシコ~ペルーの太平洋東部に生息しています。

水深の浅いサンゴ礁に生息しています。

日本国内で観賞魚として流通することはほとんどなく、海外では日本円換算で数十万円という高値で取引されています。

コルテスエンゼルフィッシュを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コルテスエンゼルフィッシュを展示しているJAZA加入の施設は記載されていません。

アクアパーク品川で展示されているのを確認しました。(2020年9月時点)

コルテスエンゼルフィッシュとアクアパーク品川

アクアパーク品川ではコーラルカフェバーにてコルテスエンゼルフィッシュを展示しています。(2020年8月時点)

f:id:itsuwalove777:20210228031334j:plain

コーラルカフェバーには複数の水槽が設置されていますが、その中の1つでコルテスエンゼルフィッシュを展示していました。

この水槽ではコルテスエンゼルフィッシュの他にイナズマヤッコ、ホンソメワケベラ、エイブルズエンゼルフィッシュ、ヤエヤマギンポなどが展示されていました。

このエリアは大きな水槽の中で小さな魚が数匹だけ展示されていますが、展示されているのは珍しい魚が多いです。(アクアパーク品川は基本的に展示パネルがありません。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。