水族館魚図鑑-レモンチョウチョウウオ(Chaetodon semeio)

レモンチョウチョウウオはレモンのような体色をしていることが由来と言われています。(多くのチョウチョウウオが同じような色をしている気がしますが…)

他のチョウチョウウオと同じように観賞魚として飼育されることがありますが、人気は高くないようです。(水族館でもあまり見られません。)

 

 

 

レモンチョウチョウウオについて!

レモンチョウチョウウオは体長25cm程度にまで成長するスズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201030212601j:plain

レモンチョウチョウウオは黄色の体色で、目元と背鰭・尻鰭の後端に黒色の部分があります。

目の上の部分はグレーになり、背鰭の後端は糸状になり伸びています。

英語では「Dotted butterflyfish 」と呼ばれており、点線のあるチョウチョウウオという意味になります。(体側に見られる縦方向の点線模様が由来だと思われます。)

食性は雑食性といわれています。

 

和名 レモンチョウチョウウオ
学名 Chaetodon semeio
英名 Dotted butterflyfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
チョウチョウウオ属(Chaetodon)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 サンゴ礁

レモンチョウチョウウオはインド洋〜太平洋に生息しており、国内では和歌山県以南〜琉球列島で見られます。

国内でも見られますが生息数は少ないです。

他のチョウチョウウオの仲間と同じく観賞魚として流通します。

レモンチョウチョウウオを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

レモンチョウチョウウオを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

レモンチョウチョウウオと名古屋港水族館

名古屋港水族館では南館のサンゴ礁大水槽にてレモンチョウチョウウオを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201026041104j:plain

レモンチョウチョウウオが展示されているサンゴ礁大水槽は南館最大の水槽で150種類以上の魚を展示しています。

水槽内で展示されているレモンチョウチョウウオの数は少なく、テーブルサンゴの下に隠れていることも多いようです。

サンゴ礁大水槽の1Fのトンネル部分ではなく、2Fのウミガメ回遊水槽の対面にあるガラス面から観察することができました

レモンチョウチョウウオを展示している施設の一覧

レモンチョウチョウウオを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

名古屋港水族館 しまね海洋館 美ら海水族館

レモンチョウチョウウオは国内でも見られるチョウチョウウオ科の種類としては展示施設が少ない魚です。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。