水族館魚図鑑-イエローヘッドジョーフィッシュ(Opistognathus aurifrons)

イエローヘッドジョーフィッシュは名前の通り、頭部が黄色になるアゴアマダイの仲間で、観賞魚として人気の高い魚です。

普段は巣穴の中から顔を出していますが、穴の近くでホバリングしている事もあります。

 

 

イエローヘッドジョーフィッシュについて!

イエローヘッドジョーフィッシュは体長10cm程度にまで成長するスズキ目顎アマダイ科アゴアマダイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201026012349j:plain

イエロージョーフィッシュは白色の体色に頭部が黄色になり、胸鰭が大きく発達しています。

 

f:id:itsuwalove777:20201128191626j:plain

上の写真は同じアゴアマダイ属のゴールドスペックジョーフィッシュです。

上の写真のように、イエロージョーフィッシュも穴の中で隠れている事が多く、穴の周りに石や貝を持ってきて巣穴を隠すようにするようです。

1枚目のように巣穴の近くでホバリングしている事もあります。

巣穴に近づくと大きな口を開けて威嚇することがあります。

食性は肉食で甲殻類等を捕食しています。

 

和名 イエローヘッドジョーフィッシュ
学名 Opistognathus aurifrons
英名 Yellowhead jawfish
スズキ目(Perciformes)
アゴアマダイ科(Opistognathidae)
アゴアマダイ属(Opistognathus)
分布

西部太平洋

生息環境 砂底

イエローヘッドジョーフィッシュはカリブ海に生息しています。

砂底の穴の中に住んでおり、穴から顔を出している事も多いです。

綺麗な見た目と変わった動きから観賞魚として人気の高い魚です。

気が強そうな顔をしていますが、温厚な魚で大人しい魚と一緒に飼育できます。

イエローヘッドジョーフィッシュを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年9月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

イエローヘッドジョーフィッシュを展示しているJAZA加入の施設は6ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

イエローヘッドジョーフィッシュと伊勢シーパラダイス

伊勢シーパラダイスではウオアシスにてイエロージョーフィッシュを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201026012330j:plain

イエローヘッドジョーフィッシュを展示している水槽はウオアシスの中でも最も大きな水槽で、大きなテーブル上に水槽が設置されています。

イエローヘッドジョーフィッシュの他にナンヨウハギ、キイロハギ、デバスズメダイ、イトヒキテンジクダイ、フレームエンゼルフィッシュ等を展示しています。

イエローヘッドジョーフィッシュを展示している施設の一覧

イエローヘッドジョーフィッシュを展示しているJAZA加入の施設は6ヵ所です。

サンシャイン水族館 すみだ水族館 上越水族博物館
南知多ビーチランド NIFREL 須磨水族園

イエロージョーフィッシュ以外のアゴアマダイ属はゴールドスペックジョーフィッシュが3施設で展示されています。 

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。