水族館魚図鑑-オトメベラ(Thalassoma lunare)

オトメベラは尾鰭の黄色が特徴的な魚で三日月のように見えることから英名で「Moon wrasse 」と呼ばれています。

 

 

オトメベラについて!

オトメベラは20cm程度にまで成長するスズキ目ベラ科ニシキベラ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200823015826j:plain

オトメベラは成魚は青緑色、青色、暗色など個体により個体差があり、2又に分かれた尾鰭の間に黄色の模様があります。

頭部には赤色で模様が入っており、胸鰭は青色の縁に中心部が赤色になっています。

 

f:id:itsuwalove777:20200810015220j:plain

上のように黒っぽい個体もいます。(目測で10cmないくらいです)

似ている種類として同じニシキベラ属のヤマブキベラがいますが、ヤマブキベラの胸鰭は黄色になるので見分ける事ができます。

他のベラの仲間と同じように夜になると砂に潜って眠ります。

食性は肉食で甲殻類やプランクトンを捕食しています。

 

和名 オトメベラ
学名 Thalassoma lunare
英名 Moon wrasse
スズキ目(Perciformes)
ベラ科(Labridae)
ニシキベラ属(Thalassoma)
分布

インド洋~中部太平洋

生息環境 サンゴ礁、岩礁

オトメベラはインド洋~中部太平洋まで幅広く生息しており、国内では伊豆半島以南に生息しています。

水深20mよりも浅い水深の岩礁地帯やサンゴ礁で見られる他に河口域でも侵入することがあります。

他のベラの仲間と同じように、性転換を行いメス⇒オスへと転換します。

3cm程度の幼魚の個体は背側がオレンジで、腹部が青色、尾鰭は白色になり成魚とは全く異なる見た目をしています。

綺麗な見た目をしているため、観賞魚として飼育されることもありますが、飼育はやや難しいようです。

稀に食用として利用されることもあり他のベラと同じように天ぷらなどで食べられます。

オトメベラを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

オトメベラを展示しているJAZA加入の施設は17ヵ所となっています。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

オトメベラとマリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道では奄美のサンゴ礁エリアのチョウチョウウオが多く展示されているカラフルな水槽でオトメベラを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200823015904j:plain

この水槽では10種類近いチョウチョウウオやナンヨウハギ、モンガラカワハギなどカラフルな魚が多く展示されており、館内で最もカラフルな水槽となっています。

この水槽で展示されているオトメベラは青緑っぽい色をしており綺麗な見た目をしています。

オトメベラと板橋区熱帯環境館

JAZA加入の施設ではありませんが、板橋区熱帯環境植物館にてオトメベラを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200810015401j:plain

板橋区熱帯植物館で展示されている個体は、やや黒っぽい色をしていますが体が暗色のため尾鰭の黄色が目立って綺麗です。

活発的に泳いでいたため写真を撮るのが大変でした。

板橋区熱帯環境館ではオトメベラの他に多くのベラが展示されており、珍しい種類も展示されているのでベラ好きな方にもオススメの施設です!

オトメベラを展示している水族館の一覧

オトメベラを展示しているJAZA加入の施設は17ヵ所となっています。

鴨川シーワールド 八景島シーパラダイス 新潟市水族館
三津シーパラダイス 東海大海洋博物館 のとじま水族館
名古屋港水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 須磨水族園
しまね海洋館 桂浜水族館 足摺海洋館
海の中道水族館 かごしま水族館  

オトメベラは南方の魚のためか、北側にある施設ではあまり展示されていません。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。