水族館魚図鑑-クロヘリイトヒキベラ(Cirrhilabrus cyanopleura)

クロヘリイトヒキベラは観賞魚としても流通している魚で、色彩に変異があるため今後は別種とされる可能性があります。

 

 

クロヘリイトヒキベラについて!

クロヘリイトヒキベラは体長10cm程度にまで成長するスズキ目ベラ科イトヒキベラ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201104161140j:plain

クロヘリイトヒキベラは上のように青系の体色をしており、頭部はやや暗色になります。

クロヘリイトヒキベラは他のベラと比べるとオスとメスの色彩の変化が小さいです。(上のように胸に橙の模様があるのはオス?)

 

f:id:itsuwalove777:20201104161035j:plain

上のオスに比べるとやや地味なのがメス?だと思います。

イトヒキベラの仲間はベラの中でも遊泳力が高く水槽内でも活発に泳ぎ回ります。

食性は肉食で動物プランクトンを捕食しています。

 

和名 クロヘリイトヒキベラ
学名 Cirrhilabrus cyanopleura
英名 Blueside wrasse
スズキ目(Perciformes)
ベラ科(Labridae)
イトヒキベラ属(Cirrhilabrus)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁、サンゴ礁

クロヘリイトヒキベラは西部太平洋に生息しており、国内では駿河湾以南で見られます。

クロヘリイトヒキベラは観賞魚として飼育されることがあります。

国内でも見られる種類ですが、東南アジアから輸入されることが多いです。

クロヘリイトヒキベラを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クロヘリイトヒキベラを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

クロヘリイトヒキベラと志摩マリンランド

志摩マリンランドではサンゴ礁の魚エリアの水槽でクロヘリイトヒキベラを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201104161111j:plain

この水槽ではベラの仲間を集めて展示しており、クロヘリイトヒキベラの他にモンツキベラ、オトメベラ、コガネキュウセン、コガシラベラ、クギベラ、ツユベラなど10種類以上のベラを展示しています。

珍しいベラの仲間や幼魚も多く展示されているので、是非観察していただきたい水槽です。

クロヘリイトヒキベラと鳥羽水族館

鳥羽水族館ではエントランスホールに設置されている水槽でクロヘリイトヒキベラを展示していました。(2020年10月時点)

f:id:itsuwalove777:20201104161140j:plain

鳥羽水族館のクロヘリイトヒキベラはオスの特徴が出ている個体が展示されています。

クロヘリイトヒキベラが展示されている水槽は大きく障害物が多いため、見るためにはタイミングが必要です。

クロヘリイトヒキベラの他にカクレクマノミやツノダシなどサンゴ礁で見られる小型種が数十種類展示されています。

クロヘリイトヒキベラを展示している施設の一覧

クロヘリイトヒキベラを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

名古屋港水族館 鳥羽水族館 志摩マリンランド
美ら海水族館    

クロヘリイトヒキベラを展示している施設は少なく、西日本に偏っています。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。