水族館魚図鑑-ブルームテールラス(Cheilinus lunulatus)

ブルームテールラスは地中海、オマーン湾に生息しているナポレオンフィッシュと同じモチノウオ属の魚です。

地中海に生息しているため、国内で見られる水族館は葛西臨海水族園のみとなっています。 

 

 

ブルームテールラスについて!

ブルームテールラスは50cm程度にまで成長するスズキ目ベラ科モチノウオ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200904110439j:plain

ブルームテールラスは紫っぽい体色に胸鰭が黄色になります。

食性は肉食で甲殻類や貝類などを捕食します。

オスとメスで外見的な違いがあり、メスは暗色の横帯で縞模様が表れるようです。(上の個体は多分、オス…?)

 

和名 ブルームテールラス
学名 Cheilinus lunulatus
英名 Broomtail wrasse
スズキ目(Perciformes)
ベラ科(Labridae)
モチノウオ属(Cheilinus)
分布

紅海、オマーン湾

生息環境 サンゴ礁

ブルームテールラスは紅海、オマーン湾のサンゴ礁、藻場等で見られます。

ベラ科の中でも大型種が多いモチノウオ属の魚で、ベラの仲間の中では大型に成長します。

英名の「Broomtail wrasse」とは ホウキのような尻尾のベラという意味で、尻尾の形がホウキのように見えることが由来となっています。

ブルームテールラスを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年8月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ブルームテールラスを展示しているJAZA加入の施設は葛西臨海水族園のみです。

紅海に生息している魚のため、他の水族館で展示されることはほぼないと思われます。

ブルームテールラスと葛西臨海水族園 

葛西臨海水族園では紅海水槽にてブルームテールラスを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200904110450j:plain

葛西臨海水族園の紅海水槽は名前の通り紅海に生息する魚を展示しており、他の水族館では見られないような魚を多く展示しています。(水槽は薄いブルーライトで照らされています。)

この水槽で最も大きな魚で、活発に泳ぐため良く目立ちます。

あまり大きな水槽ではありませんが、展示されている魚は珍しい魚ばかりなので是非観察してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。