水族館魚図鑑-タキベラ(Bodianus perditio)

タキベラはベラ科の中でも大型に成長する種類で、体にある淡色の斑紋が特徴です。

成魚は食用として利用されており、幼魚は観賞魚として飼育される事があります。

 

 

タキベラについて!

タキベラは体長80cm程度にまで成長するスズキ目ベラ科タキベラ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210228041344j:plain

タキベラの成魚は赤色の体色をしており、体の中央付近の背部に淡色の斑点があり、尾鰭の後端が黄色になります。(大型個体を除く)

幼魚は黄色の体色をしており、体の中央付近に白色の斑紋、その後方に黒色の斑紋があります。

この斑点が英名「Golden-spot hogfish 」の由来になっていますが、大型個体では薄く明瞭ではなくなります。

食性は肉食で甲殻類や小型魚類を捕食しています。

 

和名 タキベラ
学名 Bodianus perditio
英名 Golden-spot hogfish
スズキ目(Perciformes)
ベラ科(Labridae)
タキベラ属(Bodianus)
分布 インド洋~太平洋西部
生息環境 岩礁

タキベラはインド洋~太平洋西部に生息しており、国内では相模湾以南、小笠原諸島で見られます。 

刺し網などで漁獲されており、食用として利用されています。 

体側にある斑点が滝水が落ちるように見えた事が和名の由来となっています。

タキベラを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

タキベラを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

タキベラと鴨川シーワールド 

鴨川シーワールドではトロピカルアイランドにてタキベラを展示しています。 f:id:itsuwalove777:20210306014709j:plain

鴨川シーワールドではサンゴ礁をイメージした大きな水槽の中でタキベラを展示しており、タキベラの他にサンゴ礁で見られるカラフルな魚を多く見られる水槽です。

この水槽ではタキベラの他にタマカイ、キンギョハナダイ、タテジマキンチャクダイ、ヒブダイ、クロモンガラ、ナンヨウハギ、ホンソメワケベラなどが展示されています。

展示パネルに記載されていない種類も多く展示されている水槽で、タキベラも展示パネルには記載されていませんでした。

タキベラを展示している施設の一覧

タキベラを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

鴨川シーワールド すみだ水族館 美ら海水族館

タキベラを展示している水族館は少なく、展示している施設の地域も関東と沖縄のみとなっています。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。